忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
TOKYO決闘記・真

拍手[0回]

PR
TOKYO決闘記・真

拍手[0回]

・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「そんな訳で今日は対戦マナーのお話です」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナーをよくする事は基本だよね。みんな知っている事じゃないの?)」
ネギ博士「みんな知っているかもしれない事を敢えて紹介するのがこのブログの特徴なんだよ。早速マナーについて語って行くぞ!」

拍手[0回]

・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「リニューアル後の新1弾『ジョーカーズ参上!!』が発売されて2カ月が経った。ところで、どういうカードが採用数が多いのか知りたくない?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:知りたいけれど、調べる方法ってあるの?)」
ネギ博士「あるぞ!こういう時はDM vaultさんを使う!そこで使われている数が多い順にカードを並べてみた。『ジョーカーズ参上!!』(と一緒に発売された構築済みデッキ)でどんなカードの採用数が多いのか考えながらつづきを見るべし!」

拍手[0回]

・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「小説の書き方の裏話は、過去に結構語った気がするけれど、デュエルシーンのシナリオについてはあまり語ってなかったよね。今回はそんな話だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:小説のデュエルシーンのシナリオに関する話なんだね)」
ネギ博士「その通り!毒にも薬にもならない自信はあるぞ!気が向いたら見て行ってね!」

◆ネギ博士の対戦シナリオの作り方◆
ネギ博士「先に言っておくが、私は『徹底的に練った最高のシナリオ』を作ろうとする意識はなく『質より量』という意識でやっている。時間をかけて丁寧にひとつ作るよりも、早くたくさん作ってみようという考え方だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:質より量なんだね)」
ネギ博士「質をよくしたければ、たくさん作って、何度も反省して何度も新しい事を始めようとするのがいいからね。大体、次のやり方でやっているぞ!」

1:メインで見せたい逆転を考える。
昔(十年くらい前)友人にカードゲームのマンガ(もしくはアニメ)で最も面白いのはどこか聞いたら「逆転勝利する瞬間」だって言ってたのでまず、一番面白いシーンを考える。
大体、こんな感じ。
この切り札(もしくはコンボ)で逆転させたい!→じゃ、こういうカードや戦略で逆転不可能に見える展開を作ろう!
そんな流れでとどめの瞬間から逆算して2ターンくらいを考える。

2:その逆転を可能にするデッキを作る
強いかどうかはともかく、とりあえず作っておく。
序盤、中盤、終盤を考えてカードを入れる。
そのレシピを記録する。

3:デッキを見ながら序盤、中盤、終盤のシナリオを作る。
デッキと逆転勝利というゴールを意識してどういう風にカードを使って対戦を進めて行くのかメモをする。
最初から最後まで作る時もあれば、途中飛ばす事もある。
だらだらして面白くない箇所がないか確認してここでカットする。
途中、こんな台詞を入れたいとか、こういう描写を入れたいというメモもちょっとだけ書く。
不自然に思えるところがあってもいいので、とりあえず完成させる。

4:シナリオを作り直す
3の段階で不自然に思った箇所や改善したい箇所を探して直す。
この時、2の段階まで戻ってデッキを作り直す事もある。

5:完成したシナリオを元に書き始める。
作るのに充分な量のシナリオのメモができたら書き始める。

わん太ちゃん「わんわん(訳:とりあえず作るっていうのが多いね)」
ネギ博士「自分で設定した締め切りを破らない為の妥協だよ。締め切り破ってでも質をよくしようとすると、完成しないままずるずると時間が過ぎるからね」

◆おわりに◆
ネギ博士「毎回、こんな感じで対戦のシナリオを作るんだ。そして、そのシナリオを元に小説に文章という形で落としこんでいくぞ。みんなもこれを読んでトライしよう!」

拍手[0回]

   次のページ
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]