忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[153] [152] [149] [148] [147] [146] [144] [142] [141] [139] [137
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバー。

ネギ博士「PKキャラのデッキが組めないので焦っていたが、何とか形は見えてきたぜ!あと、PKキャラをわんこにすると「プレイヤーキラー」じゃなくて「ぷりちーでかわいい」になってしまうので、ちゃんと人間にしました」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:人間にするのが当然だよ!)」
ネギ博士「いや~、わんこの他にもきぐるみのくまさんとかも考えていたんだぜ?」

◆PKキャラとPKキャラデッキ◆
ネギ博士「内面的なものは大体決まったあとは外見」
わん太ちゃん「わんわん(訳:デッキもある程度できたんでしょ?どんなのになったの?)」
ネギ博士「そうだね。『TOKYO決闘記』本編の五人が彼らの個性を出したスタンダードなキャラクターデッキだとしたら、PKキャラのデッキは新しいラスボスデッキみたいな感じ。『TOKYO決闘記』は今、第三部まで書いていてこの第三部で終わる予定の作品だけれど、第四部のボスがいたらきっとこんなデッキを使っているんだろうなぁ……みたいな。抽象的で悪いが具体的に言ってしまうと思いっきりネタバレしてしまいそうなので秘密。個人的に「うわぁ、私、こんなデッキ組めたんだ……」とか思ってびっくり。それくらい私らしくないデッキだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:へぇ~、ところでそれ強いの?)」
ネギ博士「クロスカップ用のキャラクターデッキ相手に回したら、ほとんどのデッキにはかなり勝てるデッキに仕上がった。勇騎のデッキにはそうでもない。その後、「これは強いぜ!まさにプレイヤーキラーだ!」とか思って調子に乗って福袋デッキF&Jの片方(今、公開している方)と戦ったら、一回も勝てなかった……。やっぱり超早いビートダウンには弱いようだ。ここはうまく修正したいポイントである」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]