忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[175] [173] [169] [167] [165] [160] [159] [158] [156] [154] [153
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバー。

ネギ博士「やっとクロスカップのオープニングを書き終えた。思ったより時間がかかったかもしれん。書くスピードが落ちているのかも」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クロスカップのスレッドはここだよ!)」

◆オープニングを書くに当たって◆
ネギ博士「最近、小説を書く前には簡単なプロットを作ってそれを壊してまた作って壊して書くという方法を取っているんだが、今回は一応コラボという事で先にどういう風に書こうと思っているのかメモを書いてそれをあかがねさんにチェックしてもらう事にした。以下、ここに記すのはそれを提出した後、修正したものである」

メモ
山手線内での移動(大会に向けた内装の変化。テレビモニターでの広告や駅での広告)。九條かほるの外見の描写。現在の仕事に関する説明。秋葉原の裏通り(人の目につかない場所。極秘裏に作られた地下街でもOK)にあるどこかの端末から黒幕にアクセス。情報を得る。そこにいる使者から改造を終えた『ヤマト』を受け取る。
都内某所。集められた保持者の睨みあい。勇騎と豪人の推測。勇騎「この先に待っているのが真実とは限らない」
 
『東京』サイドの時間軸は『DUEL OR DIE』終了後。
 
デュエルで二度負けると失格となる(大会参加者への説明)。→豪人「一度負けただけで命を取られるって事はなさそうだ。『おそらく』だけどね」

わん太ちゃん「わんわん(訳:あんまり変更してないんだね)」
ネギ博士「コードD書く時みたいに「こうした方が絶対おもしろいから!」とか言って好き勝手変えるわけにもいかんだろう、今回は。コードDが『東京』に比べると(現在は)かなり軽いストーリーなので、シリアスな書き方を忘れかけていたのは内緒。自重しなかったら、もっとギャグに走っていたかもしれん。自重してよかった。
他にも、クロスカップをやるために東京という都市がどのように変わったのかを判り易くするために、電車内の広告とかで世界観を出せるようにはしたつもりである。なお、あのファイアー・バードの着ぐるみは『トット・トッキッキ』というクリーチャーで……」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士!ローカルネタはダメだよ!)」
ネギ博士「冗談だ。あれはコッコ・ルピアの着ぐるみだと思うけれど、人によって想像する着ぐるみに向いたファイアー・バードが違うかもしれんので詳しくは語らない。もしかしたら『トット・トッキッキ』なんじゃないかな?」

◆PKキャラ◆
ネギ博士「というわけで、今回のために用意された新キャラクター九條かほる。詳しい事はその内語るとしよう。どのタイミングで詳しい設定を話していいのかタイミングを計るのが難しいし。個人的な感想を言うと、今回のオープニングを書く前は「こいつ、他の人のPKキャラに比べたら結構普通じゃないかな」とか思っていたんだけれど書き終わったら「やべぇ!こいつのスペックがやべぇ!」と思った。やっぱり、保持者だけあってスペックがとんでもなかった。ただし、デュエルが強いかは判らないのである。なんというかディケイドのゲスト怪人の設定を作っているような気分になったよ。そう思うのは私だけか?
サブタイトルの「その保持者、優秀」も彼女を表している言葉。最初、送ったメモでは「その彼女、優秀」ってなっていたけれど、「そじょ」で「の」が二回続くのが嫌だったのと「その彼女」っていうのが文章としておかしいから変更。ちなみに、このサブタイトル、黒執事のサブタイトルをパロってみようと思ってつけた」
わん太ちゃん「わんわん(訳:PKキャラ、弱いの?)」
ネギ博士「どうだろう?それなりに強いデッキは用意できたから弱くはないと思う。いきなり負けないように気をつけたいものだ」

◆『TOKYO決闘記』の登場人物◆
ネギ博士「実は、今回のオープニングでは『東京』本編でもやっていないすごい事をやっている。なんと、保持者が全員集合したのだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:本当にそれやってないの?二十三話とか二十四話とかでやってない?)」
ネギ博士「あの場には、青海ゆかりはいたけれど、アルケーがいなかった。だから、保持者全員勢ぞろいは今回が初めてだ!欲を言えば、ナンジャタウンの内装について詳しく書きたかったなぁ、と……。つーか、他に集合するのに適した場所はなかったのかとか思う」

◆おわりに◆
ネギ博士「暴走しないつもりだったけれど、適度に暴れてきた感じ。他の人が書くオープニングも楽しみである」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]