忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[12/24 みみくん]
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログを書いている人。バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんのような話し方の練習をしている。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。今年は戌年だが、そんな事は関係なく平常運転。

・前回(ゼロから学ぶモルネクデッキ)のあらすじ
ロマノフのケーキ屋さんやモルネクのケーキ屋さんでひどい目にあったネギ博士はかぼちゃうちゃうのケーキ屋さんに辿り着くのだった。

ネギ博士「いやー、1月は寒いなー。また、かぼちゃうちゃうのケーキ屋さんに行きたいなー。ん?バイクの音がするぞ」
レッドゾーン「オラオラ!どけどけ!」
ネギ博士「レッドゾーンがケーキ持って道路を走ってる!やべぇ!レッドゾーンのケーキ屋さんだ!」
レッドゾーン「おせちもいいけど、ケーキもね!売れ残りのケーキをタダでプレゼントだ!」
ヒョイ!ベチャ!
ネギ博士「うわ!ケーキが顔に当たった!」
レッドゾーン「いい事すると気分がいいぜ!よし!他の売れ残りのケーキも通行人にタダでプレゼントだ!行くぜー!」
ネギ博士「……」

ネギ博士「という事があると困るので、殿堂予想をしてみようと思う」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな事は絶対に起こらないよ!)」
ネギ博士「ちなみに、上のネタは元々去年の年末に使う予定だったのだ。クリスマスケーキの売れ残りを通行人に投げつけるレッドゾーンのケーキ屋さんっていうネタでね。でも1月になったから「おせちもいいけど、ケーキもね!」ってセリフにしてみたよ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ケーキ屋さんはいいから本題に入ってよ!)」


拍手[0回]

PR
登場人物
・マクベイン江戸川
人の話を聞かない謎の男。
242cac03.jpg

マクベイン「やあみんな!みんな大好き、マクベイン江戸川だよ!今日は僕がネギ博士の代わりにこのブログの記事の今年のまとめをするよ!このブログには色々しょうもない事が書いてるけれど、これだけ読んでおけばOKだよ!」

◆春ごろ◆
マクベイン「これはDMGP4の出場前後の記事だね。DMGP4は2次エントリーがダメで出られないと思っていたみたいだよ!この頃の博士は『モルネクだけを殺す機械』をコンセプトにしたデッキを組んでいたみたいだね!」

マクベイン「これはDMGP4の前に書いた記事だね。大会で使うデッキの選び方以外にも役に立つリンクが載っているよ!」

◆夏ごろ◆
マクベイン「夏は夏バテしてたのか、役に立つ記事はこれくらいだよ!」

◆秋ごろ◆
マクベイン「秋はDMGP5でやる気スイッチが入ったのか、そこそこ為になる記事があったよ!」

◆冬ごろ◆
マクベイン「冬は今年のトレンドだったモルネクデッキの話だよ!ケーキ屋さんシリーズはまだネタがあるみたいだよ!」

◆おわりに◆
マクベイン「今年も色々な事があったね!でも、僕の出番が少なかったんだ!来年は僕が出ている記事だけ読んでね!良いお年をー!!」

拍手[0回]

 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。日本初のモルトウイスキーを作った男の話が好きな男。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ロマノフのケーキ屋さんの次に別のケーキ屋さんに向かったネギ博士。
そこは糖質制限を掲げるモルネクのケーキ屋さんだった!
モルネクのケーキ屋さんはケーキではなく、プロテインをネギ博士に無理矢理飲ませるのだった!
果たしてネギ博士はケーキを買う事ができるのか!?

ネギ博士「うわーん!もうクリーチャーのケーキ屋さんは嫌だーっ!こぐまのケーキ屋さんみたいなかわいいのがいいよー!ん?あのケーキ屋さん、なんだろう?ひらがなで『けえきやさん』って書いてあるぞ!」
ケーキ屋さん「いらっしゃいませー」
ネギ博士「あっ!かぼちゃうちゃうのケーキ屋さんだ!かぼちゃうちゃう、かわいいよー!!」
かぼちゃうちゃう「じまんのケーキをどうぞ」
ネギ博士「あ!かぼちゃうちゃうの顔のケーキだ!これ、ください!あ、でも待てよ。これ、食べたらなくちゃうじゃないか!食べたいけど、かわいすぎてたべられない!どうしたらいいんだ!」

ネギ博士「という訳で、どうあがいてもクリーチャーのケーキ屋さんに行くと大変な目に合うという事が判ったよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そもそも、クリーチャーのケーキ屋さんがないよ)」
ネギ博士「こぐまのケーキ屋さんがあるんだから、かぼちゃうちゃうのケーキ屋さんがあってもいいじゃないか!あと、それとは関係ないけれど、今回はモルネクのデッキに関する話だよ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:話の切り替えが強引すぎるよ!)」

拍手[1回]

 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。冬はこたつで冬眠したいと思っている。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。外で駆け回るのもこたつのそばも好き。

前回(久しぶりのロマノフデッキ)のあらすじ
ショートケーキとチョコレートケーキで長考したネギ博士は両方買う事を思いついてケーキ屋さんに向かう。無事、ケーキ屋さんにたどり着いたネギ博士。しかし、そこはロマノフのケーキ屋さんだった!ネギ博士はロマノフを倒し、ケーキを買う事ができるのか!?

ネギ博士「ひどい目にあった。あのケーキ屋さんで買うのはやめて、別のケーキ屋さんにしよう。あ!あそこにあるぞ!すいませーん!チョコレートケーキとショートケーキくださーい!」
モルトNEXT「いらっしゃいませ」
ネギ博士「げーっ!モルネクのケーキ屋さんだ!」
モルトNEXT「今は糖質制限の時代!ケーキをやめてこのプロテインを飲め!さあ!飲め!」
ネギ博士「うわーん!あんまりおいしくないよー!」

ネギ博士「という事があった時のために、モルネクのデッキに入っている怖いカードをおさらいしておこうと思うんだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな事絶対に起こらないよ!でも、モルネクのデッキの怖いカードのおさらいはいいよね)」
ネギ博士「うむ。だけど、デッキによって怖いカードは変わるかもしれないから、今回は『レッドゾーンを使う側から見たモルネクのデッキの怖いカード5枚』を紹介するぞ!」

拍手[0回]

 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。
・ちび太ちゃん
ミニチュアピンシャーのわんこ。まだこども。

ネギ博士「今回は長考をテーマにした話だよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:TCGに限らず対戦型のゲームにとって難しいテーマだよね)」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:負けるのが嫌だからいっぱい考えたいでち!)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、制限時間があるから、考えられる時間にも限りがあるよ)」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:それは困ったでち!)」
ネギ博士「勝つ為にできる限り考えたい。でも、制限時間があるから使える時間には限りがある。だから、今回は『余計な長考をしない為にやるべき3つの事』について話そう」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:結局、長考するのかしないのかわからないでち!)」
ネギ博士「やる時はやる。だけど、やらない時はやらない。長考するべきタイミングの為に、大事な時間はとっておこう。この記事を読めば、大事な時間を作る為にやるべき事が判るぞ!」


拍手[0回]

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]