忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726] [725] [724] [723
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「10種族デッキバトルの中にも入っているドリームメイト。そして、その中核をなす《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》と《眠りの森のメイ様》!どちらもデッキに入れたいカードだな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、博士。《ケンジ・パンダネルラ将軍》だけで良くない?)」
ネギ博士「何を言うんだ、わん太ちゃん!どっちも大事!今日はこの2体を比較してみようか!」
 

◆2つの共通点◆
ネギ博士「この2体の共通点をおさらいしておこう。それは、山札の上をめくってタダでドリームメイトを出せる事。それと、最速で3ターン目に能力を使えるという事だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:共通点が2つあるんだね。3ターン目に能力を使うにはどうしたらいいの?)」
ネギ博士「こうするのさ」

・メイ様の場合
2ターン目に《フェアリー・ギフト》を唱える。

コストを3減らした状態で1コストで《メイ様》を召喚。

次のターン(3ターン目)のはじめにアンタップするかわりに能力を使う。

・ケンジ・パンダネルラ将軍の場合
2ターン目にドリームメイトを召喚。

3ターン目に《フェアリー・ギフト》を唱える。コストを3減らし、2コストで《ケンジ・パンダネルラ将軍》に進化。

《ケンジ・パンダネルラ将軍》で攻撃して能力を使う。

ネギ博士「ね?どっちも3ターン目には能力を発揮できるのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なるほど~)」

◆《メイ様》の長所と短所◆
ネギ博士「それじゃ、それぞれの長所と短所を見ていこう。まずは《メイ様》から。《メイ様》の長所は進化ドリームメイトも出せることかな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:たしかに、《ケンジ・パンダネルラ将軍》だと進化は出せないから山札をめくって《ハックル・キリンソーヤ》だった時は悲しかったね)」
ネギ博士「しかし、《メイ様》なら進化もOK!《ケンジ・パンダネルラ将軍》も《キリンソーヤ》もタダで出し放題だ!
もう一つの長所はターンのはじめにドリームメイトを出せるってこと
わん太ちゃん「わんわん(訳:それって重要なの?)」
ネギ博士「重要だよ。ドリームメイトの中には《ケンジ・パンダネルラ将軍》で出すより《メイ様》で出した方が相性がいいものがある。たとえば《蛇手の親分ゴエモンキー!》とか」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ゴエモンキー》って出したターンにマナからクリーチャーを召喚できるようにするクリーチャーだよね。ドリメビートだとマナがあまりたまらないから使えないんじゃないの?)」
ネギ博士「そうでもないさ。もし、《メイ様》の効果でターンのはじめに《ゴエモンキー》を出したらどうなる?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:マナはタップされていないから、マナから召喚できるね!)」
ネギ博士「そうだろう。《メイ様》の能力が使えるタイミングは《ケンジ・パンダネルラ将軍》とは違うから、違う戦い方もできるんだ。
これ以外にも《メイ様》と相性のいいクリーチャーはいる。ドリメでは定番の《バンジョー》もターンのはじめに出すとどうなるか?そのターンに本当に必要なクリーチャーをサーチできるのだ!相手シールドが0だったら《キリンソーヤ》や《リンパオ》を呼べ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ケンジ・パンダネルラ将軍》で《バンジョー》を出した時は次のターンで使うクリーチャーを呼ばなくちゃならなかったからね。だから、相手のターンになってから手札破壊で捨てられちゃう事もあったし)」
ネギ博士「《バンジョー》で呼んだカードの隙がなくなるのだ。実にいい!
さて、次は短所である。誰が見ても判るように、タップされたまま出るから破壊されやすいというだな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうだよ。サイキックの《ブラック・ガンヴィート》とかいるんだから困るよ!)」
ネギ博士「サイキックの《ブラック・ガンヴィート》に破壊されやすいのは《ケンジ・パンダネルラ将軍》も同じようなものだけどね。たしかに破壊されやすいけれど、それをカバーするのがドリメ使いというものだ。隣に《ペンペン中尉》を置いておけば《勝利のガイアール・カイザー》が殴って来ても勝てるし、破壊されてもマナになるから損失は少ない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:みんなで助け合うんだね。でも、博士。《ミカド・ホール》で《ペンペン中尉》を破壊されてその後で《勝利のガイアール・カイザー》を出せれて攻撃されたら?)」
ネギ博士「相手を恨め。その対戦が終わったらどこかの神社に藁人形を持って行って恨みを込めて釘を打ちなさい」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:やることが闇文明っぽいよ!)」

◆《ケンジ・パンダネルラ将軍》の長所と短所◆
ネギ博士「みんな大好き《ケンジ・パンダネルラ将軍》である。やはり、最大の長所はパワー6000のW・ブレイカーであることだ。ドリメはブレイク数が1のものが多い。だから、W・ブレイカーは貴重なのである」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリメビートに入るW・ブレイカーと言えば、《ホップステップ・バッタン》か《ケンジ・パンダネルラ将軍》だもんね。他に長所はある?)」
ネギ博士「他にはないね。短所は進化ドリームメイトが出せないということ。それと進化だから消費するカードの数が多いということだね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ぼくは《ケンジ・パンダネルラ将軍》の方が使いやすいと思っていたけれど、どちらにも長所と短所があるんだね)」
ネギ博士「長所も短所も理解した上で両方使ってみればいいさ。主にメイ様のことばかり書いたがどうだったかな?みんなもこの2体を使ってタダでドリームメイトを出しまくろう!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]