忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。デッキケースはマジックテープ式。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・まなみさん
無口な脳内助手の少女。
30cc4937.png










ネギ博士「十月下旬の更新がしっかりしていたから一週間以上、間が空くとは思わなかったか?愚かな!」
まなみさん「……真面目に書く」
ネギ博士「へい。ネタがなかったんです。勘弁して下さい。できれば『普通の家に住む「なおみ」という名の娘さんが親の反対を押し切ってエステに行ったところナオミ・キャンベルになって帰ってきた』くらいのインパクトがあるネタを入手してから書きたかった」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:その具体的なインパクトは何なの!?意味が判らないよ!)」
ネギ博士「判る人には判るネタだ。古いとは思うけれど、使ってみた」

◆サーガデュエルに出てみたい◆
ネギ博士「そんなわけで、先日、友人Y氏と共に近所のカメクラに行き、久しぶりのリアルデュエルを楽しんだわけだ。そこで、23日にサーガデュエルが行われるというので、出てみようかなとかたくらんでいるのである」
まなみさん「……そこでボコボコにされた様子を……その日のネタにするのである」
ネギ博士「ボコボコにされるのを確定にすんなよ!……たとえ、事実であっても!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そこはしっかり否定してよ!)」
ネギ博士「そんなわけでどうすれば勝てるかを色々ディスカッションしたり、自分の頭で考えたりしたのである。今回は、サーガデュエルで使えそうだと思っているカードを並べてみた。べ、別にあんたのために考えを並べるわけじゃないんだからね!じ、自分のためなんだからねっ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:もうつっこむのも疲れたよ……)」
まなみさん「……あきらめちゃ駄目」

◆どっちで戦う?◆
ネギ博士「サムライ・レジェンドとゴッド・キングダムのどっちで戦うかが最初の問題だ。つーか、デッキの内容がほとんど判っていない状況で判断しようとするなんて愚かとしか言いようがないとも思えるが、先にあたりをつけておきたいのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士はドラゴンが好きだから、サムライ・レジェンドで出るんでしょ?)」
まなみさん「……酒好きだから……ハクツルで」
ネギ博士「白鶴飲んだ事がないんだと何度も言っているではないか。サムライとゴッドで比べた時、やっぱりゼンアクの方が使いやすそうだな、とか思ったから今回は、ゴッド・キングダムで出ようと思っている」
まなみさん「……信念を捻じ曲げた。……醜い」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士の馬鹿!)」
ネギ博士「ゴッド・キングダムを選んだだけで何でそんなに言われなあかんねん。そりゃ、私だってサムライは好きだが、サムライとゼンアクで比べた場合、どっちの方が手になじみそうかと聞かれたらゼンアクなんだよ!四色デッキは使っていて脳みそが死にそうになるが、今の私なら問題ない!だけど、五色は勘弁な」

◆どうやって神を倒すのか?◆
ネギ博士「今からでも、対策に使えそうなカードは考えておきたい。ゴッド使う人多いんだろうな~とか思っている。で、それぞれのデッキでできそうなゴッド対策を考えてみた」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ゴッド対策できるんだったら、サムライで出ようよ)」
ネギ博士「いやだい!ゴッドで出るんだい!直前で気が変わるかもしれんけど。
サムライでゴッド対策として考えたのは轟剣レイジング・ザックスだ!」
まなみさん「……何?」
ネギ博士「私も友人Y氏に指摘されるまで存在を忘れていたが、出た当初は流行っていたヘヴィ・メタルを倒すのに使えるんじゃないかと噂されていたナイスなクロスギアだ。2マナと軽いし、サーガデュエルだったら、およそ半分の確立でゴッドデッキになるのだから、入れておいて損はないと言えるだろう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃあ、博士をやっつけたい人はレイジング・ザックス入れたサムライデッキを用意すればいいんだね)」
ネギ博士「私をピンポイントで狙い撃とうとするんじゃない。これと同じようにゴッド・キングダムでもゴッド対策に使える呪文はある。魔弾ゴッド・ジェノサイダーだ。うまく使えばリンクしたゼンアクを一回で場から消す事ができるから凶悪だと言えるだろう」
まなみさん「……これで、相手を虐殺。……くすくす」
ネギ博士「ゴッド対策として、これらのカードは見ておいてもいいと思う。こういうデュエルでは活躍しそうだね」

◆さらに対策を考える◆
ネギ博士「これ以外にも色々と考える事はあったんだよ。他にも使えそうなカードはないかな、と。そんなわけでほんの少しでも使えるんじゃないかと思ったカードを並べてみる」

・キング・アルカディアス
ネギ博士「ゴッドデッキと見せかけて、こっちにシフト。ゴッド・キングダムだったら多色クリーチャーも多そうだし。サムライの方は単色が多そうだから効くと思う。……効いてくれ!」

・ガル・ヴォルフ
まなみさん「……手札もシールドも捨てる」
ネギ博士「サムライ側への対策に。種族がサムライで固まっているだろうから、ヒットする確率も高そう」

・ヤミノカムスター
ネギ博士「個人的にお気に入り。ゴッド側はどう考えても話題の大地と永遠の神門があるわけだから、それは手札からたたき落とすのに使いたい。ジェニーより1ターンも早く使えるし。サムライ側の手札にレイジング・ザックスがあっても落とせるし」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クリーチャーしかいなかったらどうするの?)」
ネギ博士「その時は涙を飲んで種族を覚え、ガル・ヴォルフにつなぐよ」

・キャバルト
ネギ博士「大地と永遠の神門対策。映画の画面では、自然と闇の呪文に見えたからキャバルトで落とせる。サムライ側に火の呪文があっても落とせるはずだ!」
まなみさん「……残念。相手の手札に……闇の呪文も火の呪文もなかった」
ネギ博士「悲しい事言うなよ」

・予言者スフィア
ネギ博士「ゼンアクってブロッカーだよな。じゃあ、タップしてすり抜けようかとか」
フィア「呼んだか」
ネギ博士「これは、ゴッド・キングダムにどれだけブロッカーが入るのか考えてから決めよう」

・ブルファリオン
ネギ博士「自然のサムライには攻撃されず、ゼンアクにもブロックもアタックもされず、マナにおけば三色使えるというナイスガイ!除去呪文?そんなものは気にするな」

◆おわりに◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:どんな風に改造すれば勝てるのか考えるのって楽しいね!ぼく、わくわくしてきちゃった!)」
ネギ博士「うん、私もそうだけど、やっぱりデッキの内容が判らない内から色々考えるのは無理があったなぁ、とか思うよ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ええーっ!しっかりしてよ!)」
ネギ博士「こんな風に、今から色々考えてみるのも楽しいかもしれないね。サーガデュエルが今から、楽しみだよ!」
まなみさん「……と、見せかけて出られると思っていた日に仕事が入った」
ネギ博士「やめろ!本当にありそうだからやめてくれー!」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]