忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[167] [165] [160] [159] [158] [156] [154] [153] [152] [149] [148
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバー。

ネギ博士「タイトルはともかく、内容はいつもと同じゆる~く行くよ~。ゆる~くって言ってもデュエル・マスターズのプロについて考えるんだけどね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、ゆるくって言ってもこんな重いテーマでいいの?」
ネギ博士「いいのいいの」

◆デュエル・マスターズのプロを定義する◆
ネギ博士「まず、プロについて定義しないといけない。プロって言うからには、デュエル・マスターズに関する仕事をしていて生計を立てられるくらいのお金をもらっている人に違いないのだ。つまり、デッキ開発室の方々とか、カードを作っているスタッフとか、さらに広い目で見るならばカードを売っている店員さんもプロに違いない!はっはっは!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:まなみさーん、博士がふざけてるからやっつけてー)」
ネギ博士「ちょっと待てー!まなみさんも嬉しそうな顔をして超竜バジュラが持ってるようなハンマーを振りまわすんじゃない!え?バジュラズテラのハンマーだって?と、とにかくそれを振り回してこっちに来るのはやめなされ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士はああやってボケているけれど、デュエル・マスターズのプロっていうのはきっとデュエル・マスターズのプロのプレイヤーについて言いたいんだと思うよ。多くの人がそういうのを考えるんじゃない?)」

◆プロにして欲しい事を考える:その1◆
ネギ博士「あのハンマーの攻撃を食らった時は死ぬかと思った。メテオバーンで進化元の一本杉を墓地に送っていなかったら死んでいたかもしれない。
どうでもいい事は措いといて、デュエル・マスターズのプロプレイヤーについての話。プロのプレイヤーが現れたら、やって欲しい事がいくつかある。対価を受け取るんだから、それにふさわしい事をね。まず、私が考えるのはこれ」

・プレイヤーのマナーの向上を訴える

わん太ちゃん「わんわん(訳:マナーをよくしましょうって事?)」
ネギ博士「そういう事。プロのプレイヤーが丁寧にマナーのよいプレイをするところを見せるだけで初心者プレイヤーは自然に真似するんじゃない?「強い人がマナーを守っている。じゃあ、強くなるために真似しよう」みたいな感じで。ここは、デュエルツアーとかで「プロの●●さんとデュエルしよう!」みたいなイベントで実際に対戦してマナーを見せるとかもありかもしれない」

◆プロにして欲しい事を考える:その2◆
・良質なコラムを掲載

ネギ博士「ゲームジャパンのデュエル・マスターズの記事ってすごくいいと思うんだ。ゲーム・ぎゃざの時は2ページくらいで読み応えがあったのは、大会で入賞した記事が載っている時くらいだったと思う。他はコンボとか、あと、転生編の終わりごろには新しいカードでデッキを作る紹介みたいなのがあったけれど、ゲームジャパンになってからはデュエル・マスターズの記事自体が載らなくなったよね。改めてデュエル・マスターズの記事が載り始めて本当によかった。質がいいのは最初の号だけじゃないし、ネットにつないでいない人が情報収集するのには最適な一冊だと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:話が脱線していない?)」
ネギ博士「大丈夫。これから話がつながってくるから。こういう雑誌とか公式ホームページとかにプロならではの良質で深いコラムを掲載して欲しいなぁとか思うわけよ。例えば、発売前の新カードを一枚見せて俺だったらこう使う、とか。ブログがあるからいらないじゃんとか言われたら全く反論しようがないけれど、プロの意見と言う事で多くの人がしっかり受け止めるだろうから載せてもいいと思うんだよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それだったら「プロの●●さんが言っていたから」って言って思考停止する人が出てこない?)」
ネギ博士「複数のプロが書けばいいんじゃない?座談会みたいな感じでやるのもいいかも」

◆プロにして欲しい事を考える:その3◆
・プロが考えたデッキを商品化

ネギ博士「こういうのを一番やって欲しい。予算の問題とか、どれくらい商品が売れなきゃ困るとかそういう問題があるから、あまりフリーダムなデッキは出せないかもしれないけれど、「プロがプロデュースした!」っていう箔がつけばそれだけで色々な人が買いたくなるんじゃないすかね?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:プロが作ったデッキだったら、間違いなく実戦的で強いデッキになりそうだね!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「むか~し、『元祖・ネギの舞台裏』を立ち上げた直後に「デュエル・マスターズがプロ賞金制を採用したらやめる」って書いた事がある。今でもその気持ちは変わらないけれど、こういうプロが誕生するんだったら出て欲しいなぁとか思うよ。この記事に書いてあるのを全部してもらおうとしたら、それなりの人格者にやってもらう事になるけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:デュエルが強くて人格者でなければならないって事?)」
ネギ博士「それが必要最低条件になる。個人的にその3は特にやって欲しいなぁ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]