忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「エピソード2は種族推しのシリーズ!みんなもドリームメイトとか、ヒューマノイドとか、ドリームメイトとか、レッド・コマンド・ドラゴンとかドリームメイトとか好きな種族を使ってデッキを組んでみよう!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士!露骨にドリームメイトばかりひいきしすぎだよ!)」
ネギ博士「よぉーし!今日は私がドリームメイトについて熱く語っちゃうぞー!この記事を読めば、君もドリームメイト博士だ!」



◆ドリームメイトっていつからいるの?◆
ネギ博士「ドリームメイトの初登場は今から6年前の2006年!不死鳥編第1弾(19弾)からだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:不死鳥編は2つの文明にまたがって活動する新しい5種族とそれをサポートする種族を中心にしたラインナップのカードが多かったね。ドリームメイトも同じで、火文明と自然文明にいるんだ)」
ネギ博士「まるで、絵本から抜け出したような愛らしい出で立ちは多くのプレイヤーに衝撃を与えたぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:不死鳥編の中心の種族のはずなんだけれど、不死鳥編だけだとドリメのデッキは作りにくかったよね)」
ネギ博士「うむ。新しい5種族の内、グランド・デビル、アーク・セラフィム、ティラノ・ドレイク、グレート・メカオーはハーフデッキが出たのに、ドリメだけ出なかったのだ!ちくせう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ちなみに、ハーフデッキっていうのは、通常のデッキの半分の20枚でできているデッキで残りの20枚は好きなカードを足して自分で作るデッキだよ)」
ネギ博士「不死鳥編第1弾(19弾)のカードだけでもデッキが作れるグランド・デビルとか、ハーフデッキを2つ買って《ミスト・リエス》とかでドロー手段を確保すればデッキになるアーク・セラフィムとか、相手クリーチャーを排除しつつ攻めるという戦い方が確立されていたティラノ・ドレイクとか他の種族は優遇されていたのに、ドリメだけは他の種族に比べてひどい仕打ちを強いられていたんだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、メカオーは?)」
ネギ博士「メカオーも作るのが難しかったよね。《スパルタンJ》が出るまで「これだ!」っていう切り札がなかった印象がある。
とにかく、不死鳥編のカードだけではデッキを組もうにも種類も切り札も足りないという状況だったのだ!今でもドリーメイトデッキで使えそうな強いカードも出ていたけれど、当時のカードプールでは、それでもデッキを組むのが難しかった。唯一ドローに使えそうな《バンジョー》も当時はアホみたいに高いコーラとカードケースの抱き合わせセットで1枚手に入るだけというひどい状況だったからね。その後、コロコロドリームパック2で手に入るようになったから良かったけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:不死鳥編では数が多くなかったドリメだけど、極神編に入ると種類が増えたよね)」
ネギ博士「本当に良かったよ。《ラルビン》とか《ジャンガルジャン》とか《コアラ大佐》とか《カブトワン》とかね。2007年度を終えて軽い奴から切り札級の奴まで集まってようやくドリームメイトデッキを名乗っても恥ずかしくないような形になって来た。そして、2008年春に最強の進化ドリームメイトが姿を見せたのだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:構築済みデッキ『ワイルド・キングダム』の《ケンジ・パンダネルラ将軍》だね。このクリーチャーが出てから、ドリームメイトデッキは「クリーチャーの数を増やしながら攻撃する」っていう戦い方ができた気がするよ)」
ネギ博士「長かった。本当に長かった。咲くのに時間がかかったから、簡単には散らない。どれがドリームメイトだ!今でもドリメビートは現役で戦えるぞ!」

◆ビークル・ビーってどんなの?◆
ネギ博士「ビークル・ビーについても紹介しておこう。不死鳥編の5種族にはそれぞれサポートの種族がいた。ドリームメイトにもビークル・ビーというサポート種族がいたのだ。ビークル・ビーとドリームメイトは一緒にデッキに入れる事で協力し合い、強大な力を発揮するのだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:数が少なかったから、ドリームメイトもビークル・ビーも入れないとデッキが作れなかったよね。ビークル・ビーは相手のブロッカーを破壊したり、クリーチャーのコストを下げたりしてドリームメイトがうまく動くのをサポートしていたよ!)」

◆ドリームメイトデッキってどんな戦い方ができるの?◆
ネギ博士「上の長~い説明でも紹介したが、ドリームメイトデッキの基本的な戦い方は「序盤から攻撃をしながら数を増やしまくって場を制圧する」というものだ。《ケンジ・パンダネルラ将軍》が攻撃した時に山札の上にある進化じゃないドリームメイト(もしくはサポート種族のビークル・ビー)をタダで場に出せるという能力を持っているから、それを活かす形になりやすい。この形は今でもあまり変わっていない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ゴールデン・エイジで重いドリームメイトが増えたから今までとは違う戦い方もできそうだね)」
ネギ博士「そうだね。ドリームメイトが増えれば増えるほど《ケンジ・パンダネルラ将軍》の能力を使いやすくなるからね。
強力なドリームメイトデッキだが、弱点も存在する。それは「相手のクリーチャーを倒しにくい」という事だ。相手クリーチャーを除去する手段が、基本的にバトルして勝つ事くらいしかないからクリーチャーをたくさん並べるデッキは苦手かも」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ナチュラル・トラップ》とかを入れて何とかしないといけないね)」

◆どんなドリームメイトがいいの?◆
ネギ博士「ここからが本番である。今まで発売されたカードの中から、おすすめのドリームメイト(とドリメに合いそうな呪文)を紹介するぞ!」

・進化ではないドリームメイト
囚われのパコネコ
ネギ博士「他のドリメのパワーを1000上げる!さらに攻撃してバトルした時は、バトルを変わってもらえるのだ!しかも、ビークル・ビーがいれば選ばれない!序盤からとどめの時まで活躍できるぞ!」

森の特攻隊長ペンペン中尉
わん太ちゃん「わんわん(訳:《パコネコ》と同じように他のドリメのパワーを1000増やすクリーチャーだよ。それだけじゃなくて、他のドリメが破壊される時にマナにできるんだ!パワーが低いドリメとの相性はバッチリだね!)」

大冒犬ヤッタルワン
ネギ博士「軽いだけじゃなく、マナブーストまでできるニクイ奴。4コストのドリメにつなげたい!」

ツッコミパンダ・ディス
わん太ちゃん「わんわん(訳:多色だから、2コストなのにパワー4000。序盤でパワーが欲しい時や火文明のカードが足りない時に入れてみよう!)」

森の指揮官コアラ大佐
ネギ博士「力を発揮したい時は光と火を入れる必要がある。うまく使えれば、W・ブレイカーのスピードアタッカーとして出せるぞ!他のドリメにW・ブレイカーを与える事もできるので、センスと判断力が試される1枚だ」

早食王のリンパオ
わん太ちゃん「わんわん(訳:火文明のドリメ。3コストのスピードアタッカーなんだ。《ケンジ・パンダネルラ将軍》で出して一気にシールドをブレイクしたり、とどめを刺したりしようね)」

自由な旅人ベア子姫
ネギ博士「3コストのドリメは入れにくい。そんな中で登場した超使いやすい1枚。シールド・トリガーもついているし、軽いクリーチャーなら除去もできる!速攻が流行っていたら入れてみよう」

猛烈元気バンジョー
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリメの基本的な手札補充。《ヤッタルワン》を出して《バンジョー》を出して次のターンで《ケンジ・パンダネルラ将軍》に進化するといいよ!)」

お騒がせチューザ
ネギ博士「タップされていたら、呪文を封じる事ができる!シールド・トリガーで出る《ドンドン吸い込むナウ》も《スローリー・チェーン》も《DNA・スパーク》も効かない!相手ターンの超次元呪文も封じる事ができるぞ!」

楯神の賢者レオルド
わん太ちゃん「わんわん(訳:重いけれど、うまく使えれば相手のシールド・トリガーつきのシールドを破壊できるよ。シールドの中身を見られるだけでもいいね)」

クラッシャー・ベア子姫
ネギ博士「ドリメ版の《タイガー・グレンオー》。速攻が流行っている時は迷わず入れたい!」

幻獣提督ウー・ワンダフォー
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札破壊に反応して出るドリメ。《バンジョー》でこれを手札に呼んで手札破壊をしようとする相手に警告するのもいいね)」

・進化のドリームメイト
独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍
ネギ博士「ドリメデッキの普遍的な切り札。これを出したら、相手の反撃を恐れずに攻撃しまくれ!」

大作家シバ
わん太ちゃん「わんわん(訳:他の進化ドリームメイトよりも軽い4コストのW・ブレイカー。軽くて出しやすいし、破壊されても進化元をバトルゾーンに出せるから場のクリーチャーが減らないよ!出た時の効果がある進化元なら、また効果を使えるね)」

大作家ホメロス
ネギ博士「パワー9000のW・ブレイカー!特殊能力はないが、軽くて強いぞ!パワー不足だと感じた時はこれを使ってみよう!」

・ビークル・ビー
炎霊甲蟲ジャンガルジャン
わん太ちゃん「わんわん(訳:闇と自然のクリーチャーのコストを1下げてくれるビークル・ビー。ドリメは自然のクリーチャーが多いから、相性もいいね)」

ガントラ・マキシバス
ネギ博士「攻撃時に山札の上のカード1枚をマナにしてくれるビークル・ビーだ!マナを増やせば、手札をマナにしなくても戦える。後は引いたカードを出しまくって勝て!」

サージェント・クワガタン
わん太ちゃん「わんわん(訳:ブロッカー破壊のビークル・ビー。最大で3体もブロッカーを破壊できるんだ!でも、再録されていないから入手が難しいかも)」

ホップステップ・バッタン
ネギ博士「最強のビークル・ビー。デメリットはあるけれど、4コストで7000のW・ブレイカーは強すぎ!毎ターン、ドリメやビークル・ビーを出せるようにしておこうぜ!」

・おすすめの呪文
フェアリー・ギフト
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリームメイトの重要なカードは4コストと5コストに多いよ。だから、これと組み合わせて2ターン目や3ターン目に出しちゃおう!ただでさえ減りやすい手札がさらに減りやすくなるからそこは注意が必要)」

パワフル・ビーム
ネギ博士「《サージェント・クワガタン》が手に入らない人におすすめのブロッカー破壊呪文だ!ドリメは自然が多いからW・ブレイカー化の恩恵も受けやすい!」

父なる大地
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリメは重いクリーチャーの除去が苦手だから、確定除去のカードでアシストするといいよ。《父なる大地》なら軽いから使いやすいよね。でも、相手クリーチャーの数は減らないから注意)」

魂の呼び声
ネギ博士「《ケンジ・パンダネルラ将軍》とも《メイ様》とも相性がいい呪文だ!欲しい奴を持って来い!」

ナチュラル・トラップ
わん太ちゃん「わんわん(訳:《父なる大地》と同じで確定除去に使おう。アシストは大事だよ)」

◆おわりに◆
ネギ博士「ゴールデン・エイジのドリームメイトも使ってみると面白い。デッキビルダーDXでもドリメが再録されるみたいなので、楽しみだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ブロッカー破壊もできて、シールド・トリガー封じもできて、手札破壊対策もできるのがドリメのいいところだよね。ドリメ使う人が増えるかな?)」
ネギ博士「増えて欲しいものだ。進化ドリームメイトも新しいのが出ないかな~」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]