忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。デッキケースはマジックテープ式。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「コロコロの最新号を買ってきた。読んだ。今回のタイトルが最新号を読んだ時の私の感想だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:あれだけじゃよく判らないよ!)」
ネギ博士「いや、読んだら判る。ネタバレが嫌なので詳しくは語らない。驚きすぎて殿堂カードだとか34弾の情報だとかが思わずどうでもよくなってしまうくらいだったよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:驚くのはいいけれど、ブログの記事にできるようなのは探したの?)」
ネギ博士「ちゃんとネタは探したとも。今日はスーパーデッキサーガのザ・サムライ・レジェンドについて語ろうと思う」


 ◆ザ・サムライ・レジェンドについて考えまくる◆
ネギ博士「さて、勝舞のスーパーデッキ、ザ・サムライ・レジェンドだが……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士はザ・ゴッド・キングダムで出るつもりなんだから、今更こっちがいいなんて言わないよね)」
ネギ博士「いや、その……仮想デッキを回してみてこっちも結構いいなぁと思ったよ。こっちで出てみようかなぁ……。紫電が暴れると楽しいし」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:優柔不断なのは駄目だよ!)」
ネギ博士「ひー!そう言わんといてー!と、とにかく、集まった情報を元に作った仮想デッキだが、カードを使って判った事がある。ザ・サムライ・レジェンドとザ・ゴッド・キングダムの仮想デッキで戦わせた時の主観に基づいた感想だが、参考までにどうぞ」

・《電磁翔天ピピッピ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:限定カードの一つだね)」
ネギ博士「色々な情報から4枚入っていると推測した。パワー3000なので、ザ・ゴッド・キングダムの序盤で出てくるクリーチャーで殴り倒すのは難しい。放っておきたくないクリーチャーだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:攻撃した時に山札をめくって進化クリーチャーなら手札に加えられる効果が強そうだよね!)」
ネギ博士「うん、私も実際に回すまでは強そうだと思ってわくわくしていた。ただ、実際に使ってみると一回もヒットしなかったんだ。悲しい事に。ヒット率を上げるためにはもっと進化クリーチャーを増やさないといけないのかもしれないね」

・《ライラ・ラッタ》
ネギ博士「《ピピッピ》と同じようにパワー3000のファイアー・バード。基本的に《ピピッピ》と同じで2コストなのに3000もパワーがあるのが凶悪。手札に《デュアルショック・ドラゴン》が控えていると思うと迂闊に殴れないんだよね」

・《エメラル》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:殿堂クリーチャーが入るなんてすごいや!レジェンド7と合わせて水単色速攻に使えそうだね!)」
ネギ博士「うん、使えると思う。ただ、このデッキではシールド・トリガーを仕込むのは難しい。《デュアルショック・ドラゴン》のストライクバックを能動的に発動するのに使えるかな?」

・《熱刀デュアル・スティンガー》
ネギ博士「ザ・ゴッド・キングダムキラーとも言えるクロスギア。防御メインのザ・ゴッド・キングダムに対して押しまくれる一枚だな」

・《インビジブル・スーツ》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ブロックされなくするクロスギア!《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と組み合わせてもいいけれど、他のと組み合わせても強力だよね!)」
ネギ博士「ブロッカー頼みの構築にしているデッキにはかなり刺さるな」

・《クゥリャン》
ネギ博士「ドロー。そして、進化元。序盤から殴るのには、充分過ぎる性能だな。何枚入っているかな?」

・《弾丸透魂スケルハンター》
ネギ博士「ザ・ゴッド・キングダムキラーとも言えるクリーチャー。ブロックも攻撃もされないので、対処が本当に面倒くさい。これが二体以上並んで攻撃してきたら泣くしかない。さらに《竜装シデン・レジェンド》をクロスして攻撃してきたらもう地獄でしかない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これに対抗するためには、《ローズ・キャッスル》とか《ノーブル・エンフォーサー》とかが必要だね)」

・《火之鳥ボレアス》
わん太ちゃん「わんわん(訳:ファイアー・バードの進化クリーチャーだね)」
ネギ博士「これもザ・ゴッド・キングダムに対して刺さる一枚だ。出た時にブロッカーを破壊できる能力がこれほど強力だとは……。判ってはいたが、強い。サーガデュエルでは無視できない一枚になりそう」

・《竜装シデン・レジェンド》
ネギ博士「このデッキの花形とも言えるクロスギア。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》へのノーコストクロスもいいけれど、普通のクリーチャーに普通にクロスしても超強い。アタックトリガーでブレイクだから、相手のシールドが一枚の時は、これをクロスしたクリーチャーが攻撃するだけで勝ててしまう」

・《ボルット・紫郎・バルット》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:クロスギアをサーチしてくれて、《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》をスピードアタッカーにしてくれるファイアー・バードだね!)」
ネギ博士「出た時に効果を発揮して、場にいるだけでも効果を発揮するってずるい」

・《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
ネギ博士「《ボルガウル・ジャック》だけでなく、《ハクツル・ザーク》も引っ張れるのがステキ。進化ドラゴンを増やしてみるのもいいかもしれない」

・《エンペラー・マルコ》
ネギ博士「何枚入るか判らないけれど、ドローできるのはやっぱり強い。ただ、このデッキではあんまり重要ではないかも」

・《騎神凰翔ハクツル・ザーク》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:このデッキの限定デッキ進化クリーチャーだね!《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》を呼んでしかも、スピードアタッカーにしちゃうなんてすごいや!)」
ネギ博士「デッキ進化の成功率は結構いい。クリーチャーの数が多いから成功しやすいんだね。一人回しした時は、一回も失敗せずに進化できたよ。攻撃して隙を作らないように気をつけたいね」

・《フレイムバーン・ドラゴン》
わん太ちゃん「わんわん(訳:ザ・サムライ・レジェンド同士の対決で役に立つかも。出したら、次のターンで《ボルガウルジャック》に進化したいね!)」

・《アクア・サーファー》
ネギ博士「ザ・ゴッド・キングダムでもこっちでも《アクア・サーファー》。もう大人気だね。《ゼン・アク》が攻撃してきた時に、シールド・トリガーでこれ出して片方戻してとどめ、みたいな逆転もできるのがいい」

・《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:このデッキの切り札だよ!)」
ネギ博士「《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》を中心に組まれているだけあって、ものすごくスムーズにこいつを出せるようになっている。コロコロの記事にも書いてあったのと同じ動きだけど、《ボルット・紫郎・バルット》でクロスギアサーチ→《ジャック・ライドウ》で《ハクツル・ザーク》サーチ→《ハクツル・ザーク》で《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》をサーチ→《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》がスピードアタッカーで相手をフルボッコ。場合によっては《シデン・レジェンド》を侍流ジェネレートしてクロスしてフィニッシュ、とかできるんだよね。本当に綺麗に決まるからいい」

・《超竜騎神ボルガウルジャック》
ネギ博士「実は、《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》よりこいつが好きだったりする。《インビジブル・スーツ》クロスすれば、《究極神アク》以外はアタックトリガーで除去できるし、《シデン・レジェンド》をクロスしていれば全てのクリーチャー(ただし、リンクしていないものに限る)を除去できる。《ジャック・ライドウ》で《ハクツル・ザーク》を選んだ方がスムーズに決まるけれど、こっちも悪くない」

・《地獄スクラッパー》
ネギ博士「ザ・ゴッド・キングダムを相手にするんだったらいらないかな、と思ったけれど、そうでもなかった。《ゼン・アク》が攻撃した時に、他の小型クリーチャーでとどめを刺そうと企んでいたとしよう。そういう小型クリーチャーを一掃するのに使える。他のカードを入れたくなるかもしれないけれど、ちょっと待って」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ザ・サムライ・レジェンドの小型クリーチャーの除去にも使えるね)」

◆追加カードを考える◆
ネギ博士「一人回しする前は、「小型クリーチャーを増やして速攻だ!《エンペラー・ティナ》とか《アストラル・ラッシュ》とかサイバー系の進化クリーチャーを突っ込んどけば楽勝だぜ!」とか思っていたけれど、《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》をメインにしたこのシステムを崩すのは非常に勿体ない。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》に至るまでのこのスムーズな流れは芸術的だものね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、実戦ではスムーズに行くとは限らないよ。殿堂の適用は12月19日からなんだから《ソウル・アドバンテージ》で邪魔する人もいそうじゃない?)」
ネギ博士「それ、私がやろうと思っていたよ。デッキに入るカードがアーマード・ドラゴンかファイアー・バードだから、《ザークピッチ》を入れておくといいかもしれない。ちょっと重いのが難点だけれど、攻撃力も充分だし、手札補充にもなるからね。あとは、付録のデッキレシピでも書いてあったけれど、《コッコ・ルピア》がいい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《コッコ・ルピア》を出しておけば5ターン目に《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》が出せるね!《ボルット・紫郎・バルット》を4ターン目に出せば5ターン目で《シデン・レジェンド》をクロスした《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》が大暴れするかも!)」
ネギ博士「付録のデッキは結構強いと思った。ドローが少ないかな~とも思ったけれど、《スピア・ルピア》も入っているから、欲しいドラゴンも呼べるし。ドローよりサーチで戦うってやり方が合うのかもね」

◆おわりに◆
ネギ博士「やっぱり、《ボルガウルジャック》も《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》も格好いいなぁ……。こっちも使ってみたいな」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士、しっかりしてよ!当然、ザ・ゴッド・キングダムの記事もあるんだよね?)」
ネギ博士「もちろんだとも!《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》を使うのも楽しいが、《ゼン・アク》をぶん回すのも楽しい!次回、ザ・ゴッド・キングダムで重量級カードを使いまわす快感を語りつくすぞ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]