忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「突然だけど、この前のバトンはなかなかよくできた面白いバトンだったと思うんだ。K先生、マルさん、flyssaさん、拾って下さってありがとうございました」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうなの?)」
ネギ博士「マイナだけど注目しているカードのとことかなかなか面白いとこに目をつけていたと思う。そんなわけで今回から、メジャもマイナも関係なく『再録して欲しい注目カード』について語ろうと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうなんだ!え?今回から?)」
ネギ博士「その通り!今回の第1弾から極神編かもしくは戦国編辺りまでやってやるぜ!」

◆第1弾火文明編◆
ネギ博士「というわけで、1弾の火文明から。なお、このシリーズではあくまで『再録して欲しいカード』をセレクトするので、構築済みデッキでもない限り再録される可能性がない殿堂入りカードに関しては最初から除外して書いている。そこを注意していただきたい」

・凶戦士ブレイズ・クロー
わん太ちゃん「わんわん!(訳:速攻の代名詞みたいなカードだよね!)」
ネギ博士「ベストチャレンジャー版の絵柄でもう一回再録して欲しい一枚。というより、こういう基本カードは初心者が入ってきても常に手に入るようになっていると嬉しい。上級者的にも嬉しい」

・クリムゾン・ハンマー
ネギ博士「ブレイズ・クローと同じ理由で基本的なカードだし。今だと結構活躍できそうな気がする」

・銃神兵ディオライオス
ネギ博士「ヘヴィが活躍しているせいでもしかしたら、永久に再録されないかもしれないがプッシュする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:火文明のカードの中でパワーに関係なく除去できるカードだから結構いいよね)」

・クリムゾン・ワイバーン
わん太ちゃん「わんわん(訳:これは一度も再録されてなかったよね?)」
ネギ博士「ボルバルザーク時代とサファイア時代に欲しくて欲しくてたまらなかった一枚。イニシエートロックで苦しめられた経験が何度もある私にとってこれは再録して欲しかったカードである。クリムゾン・メガ・ドラグーンがあるから再録されない気もするけれど、こっちは単色だし」

◆第1弾自然文明編◆
ネギ博士「というわけで、今でもデッキの支えとして活躍する機会の多い自然文明のカードである」

・青銅の鎧
わん太ちゃん「わんわん(訳:自然文明の話をすると、どうしても青銅の鎧は避けて通れないよね)」
ネギ博士「四枚入れる事が多いから、四枚きっちり手に入るような再録をしてくれると嬉しかったりする。コロコロドリームパック3だと、箱で買っても2~3枚だから集まりにくかったし」

・シビレアシダケ
わん太ちゃん「わんわん(訳:今だったらヤッタルワンも幻緑の双月も手に入りやすいと思うよ?)」
ネギ博士「それでもリストに挙げておきたいこのカード。それら二枚と違って進化できないけれど。幻緑の双月が定期的に再録されるなら、これは再録されなくても特に問題はないけれど」

・ディメンジョン・ゲート
ネギ博士「クリーチャーを山札からサーチする呪文。ギガ・ホーンを使う事が多いけれど、呪文優先のデッキとかだとこっちの方が便利だし」

・アルティメット・フォース
ネギ博士「今だと、イントゥ・ザ・ワイルドに居場所を取られそうだけれど、再録希望」
わん太ちゃん「わんわん(訳:入手しやすそうだし、青銅の鎧からつなげられるのもいいよね)」

・ナチュラル・トラップ
ネギ博士「こいつを忘れて1弾の自然文明を語れるか?否!断じて否!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:母なる大地がプレミアム殿堂になって、マナから回収する手段も多くない今だと強いよね!)」

◆第1弾光文明編◆
ネギ博士「恐ろしい事に気づいてしまった……。1弾の光文明で再録して欲しいカードが一枚しかないのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:え?そんな事ないよね?)」

・蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ
ネギ博士「これが、その一枚だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:確かに、進化元として軽いし序盤から使えるけれど……他にはないの?)」
ネギ博士「1弾のだとあんまり……。他に使えそうなホーリー・スパークにはもうスーパー・スパークがいるから再録しなくていいし」

◆第1弾水文明編◆
ネギ博士「気を取り直して水文明だ。個人的に1弾の水文明は再録して欲しいカードが多い弾なのだ」

・スパイラル・ゲート
ネギ博士「未だに疑問に思うけれど、何でこれが再録されないんだろうか?10弾で再録されてから、もう五年も再録されていないのは異常過ぎる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:水文明のカードがある程度入る速攻デッキだと使う事も多いから再録して欲しいよね)」

・アクア・ガード
ネギ博士「今だとサイバー系に出番を奪われているかもしれんが、リキッド・ピープルだっているんだぞ、と言わせてもらおう」

・クリスタル・メモリー
ネギ博士「未だに再録されていないのが疑問のカードその2。強いし、活躍の機会も多いと思うし、デッキ開発部でも使われていたんだから再録して欲しいと思うんだけどなぁ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士は使った事あるの?)」
ネギ博士「コントロールが苦手で今まで一度も使った事がないというのは内緒だ。ロジック・キューブも実はこの前初めてデッキに組み込んだくらいだし」

・テレポーテーション
ネギ博士「ものすごく大好きなカード。二体戻す時に自分のも相手のも含めてどれを戻すのか、使い手のセンスが問われそうな気もする」

・ソーサーヘッド・シャーク
わん太ちゃん「わんわん(訳:これってどんなカードだっけ?)」
ネギ博士「あたまががったいするかっこいいカードだぞ!冗談はさておき、2000以下を強制的に手札に戻す能力を活かして色々悪用したいカード。ベストチャレンジャーでは再録されていたけれど、それ以降は入っていないからなぁ……欲しいよなぁ」

・アクア・スナイパー
ネギ博士「水文明は個人的イチオシカードが多いと思うけれど、気にしない。テレポーテーション内蔵クリーチャー。スーパーレア。今のスーパーレアに比べるとパワー不足に感じるかもしれんが、これもかなり好きなカードなんだよね」

◆第1弾闇文明編◆
ネギ博士「意外な事に闇文明も探してみたら少なかった。というわけで、書いてみる」

・ゴースト・タッチ
ネギ博士「軽さとカウンター性を考慮して。しかし、これから出てくる新手の手札破壊のせいで日の目を見ない可能性は否定できない」

・デス・スモーク
ネギ博士「ある程度実力がついて初めて判る。これは便利すぎる!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士も闇入りの速攻デッキだと入れてるよね)」

・ブラッディ・イヤリング
ネギ博士「ブラッディ系は多い。今こそ、どれが最強のブラッディ系なのか決めようではないか!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:決める必要あるの?)」

・デーモン・ハンド
ネギ博士「闇文明だったら忘れちゃいけないこのカード。次のスーパーデッキでも四枚入るだろうけれど。よく考えたら、これって基本カードなのにベストチャレンジャーで再録されるまでは再録される機会がそんなになかったんだよな。今、考えると恐ろしいわ。私のデッキにデーモン・ハンドが初めて入ったのは三年前だし」

◆おわりに◆
ネギ博士「あんまり多くはないと思っていたけれど、やっぱり多くなかった。こんな感じのノリで毎回再録カードについて書いていこうと思う。こういうのって色々な人の意見が出ると面白いから、便乗してやってくれる人が出てこないかなぁ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
なんか失礼な物言いになってたことをお詫び申し上げます<バトン

今回挙げられたカードのうち、実は結構な数がコロコロドリームパック3に再録されてたりします。実際一箱開けて確かめましたし(何
もちろんそれだけではカバーしきれてないので、新たな再録パックは欲しいところですが・・・。
flyssa| | 2009/09/09(Wed)17:30:00| 編集
Re:無題
flyssaさん、コメントありがとうございます。

コロコロドリームパック3は個人的に非常にいい再録パックなので、青銅の鎧やエナジー・ライトなどの基本的なカードが一箱で揃いにくい点を除けば文句のつけようがないパックだと思います。
それを含めてまた再録して欲しいカードや最近、再録されていないけれど再録して欲しいカードを書くために今回の記事を挙げてみました。
ネタがなかったので簡単にできて見栄えがよく見える記事としてためしにやってみた、というのが本音ですが(笑)かなり面白い話題なので、できるところまで続けてみようと思います。
【2009/09/09 23:19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]