忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。
d9c4f1e3.png










ネギ博士「自分で書いておいてあれだけど、「面白さ100万ボルト」はないな。そんなわけで、今日も『ネギふゆ』はっじまるよー!」
フィア「真面目に始める努力をするのじゃ!」


◆今回のネタを書く前に引用について◆
ネギ博士「そんな訳で、今回は『マッド・ロック・チェスター』について書くわけなんだけれど、書く前に声を大にして言いたい事がある。引用する時に孫引きはやめようぜって、事。
例えば、Aさんのブログで「Bさんのところから引用しました」っていう記事があって、引用元が記されている事があるだろう。その場合、Aさんの記事を引用するんじゃなくて、引用元にBさんの記事を引用して最初に情報を発信したところに敬意を持とう。そして、最初の発信元を紹介しよう。論文を書く時はこういうのが最低限のマナーだし、情報を扱うんだから、こういうマナーは覚えておいてもいいんじゃないかな?
そんな訳で、今回の記事の引用元は『来々軒第2支店』様です。
まあ、真面目ぶった事書いたけれど、要は「このブログから何かの間違いで有益な情報が出た場合、その時は引用元としてきちんと書いておいてね。孫引きしないでね」って事だ!」
わん太ちゃん!「わんわん!(訳:最後のがなければいいのに!)」

◆マッドでロックでチェスターなドキドキ◆
ネギ博士「さて、マッド・ロック・チェスターである。最初に全体像を見た時には使い方がよく判らず「いかんな、期待外れだ」とか思ったが、一日置いてよく見てみると「なんてこった!強すぎ!」と意見が変わった。要するに、私はレスポンスが遅いという事だ」
フィア「はっはっは!わしは、このデッキが強い事くらい見抜いていたのじゃ!」
ネギ博士「嘘つけ!どこがどう強いかも判らないくせに!まあ、おバカなフィアちゃん先生は放っておいて、新しいカードの感想とかを書いてみよう」

・M・ロマノフ
ネギ博士「《M・ロマノフ》とか《R・ロマノフ》とか《C・ロマノフ》とかなっていると、その内、《F・ロマノフ》とか《A・ロマノフ》とか出てきそうだね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:出てこないよ!)」
ネギ博士「さて、マッド・ロック・チェスターの一つ、火文明の《M・ロマノフ》である。普通のデッキ進化とは違い、山札の上を三枚めくるのがポイント。これならば、呪文が多く入りそうなデッキでも高確率で場に出せそうだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:進化元以外の二枚は墓地に行くんだね)」
ネギ博士「さて、この墓地に行ったカードの使い道は後で書くとして、まずは《M・ロマノフ》のメテオバーンだ。こいつはメテオバーンで火か闇の6コスト以下の呪文をマナから使う事ができる。進化だから、《ロマノフ》の弱点であった召喚酔いによる隙がないのがいい。これ自体のコストも5だから、うまく使えば速攻対策になるかもね」

・R・ロマノフ
フィア「真ん中のゴッドがこの《R・ロマノフ》なのじゃ!こいつは墓地にあるクリーチャー一体以上から進化。《M・ロマノフ》や《C・ロマノフ》とリンクした時にメテオバーンで使う弾薬を補充するのに使えるのじゃ!」
ネギ博士「コストは8だけど、《ヴィルジニア》を使えば出せますからね。あとはうまく墓地に送らないと。進化元もいっぱい墓地に送らないと」

・C・ロマノフ
わん太ちゃん「わんわん(訳:最後に、《C・ロマノフ》。これは、普通の墓地進化なんだね)」
ネギ博士「こいつも《ロマノフ》みたいに墓地の6コスト以下の呪文を唱えて山札の下に置くんだけれど、その文明に注目だ。「このクリーチャーと同じ文明を少なくともひとつ持つ」とある。何らかの方法で文明を追加したいものだね。文明を追加すると言えば、24弾にそういうカードがあったな。
そこまで悪用しようとしなくても、リンクしていれば、火の呪文も闇の呪文も使えるから範囲が広いね」

・ヤミノディヴィジョン
フィア「舌を噛みそうな名前なのじゃ~」
ネギ博士「ひゃっひゃっひゃ、ひたをはむなんへはかなこほありまふか(訳:はっはっは、舌を噛むなんて馬鹿な事ありますか)」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:思いっきり噛んでるよ!)」
ネギ博士「これはヘヴィ・デス・メタルにおける《ゴッド・ルピア》の役割に近いね。これは。実際に使ってみるまで何とも言えないな。舌噛みそうだし」

・爆進デス&リバース
ネギ博士「限定の爆進呪文。メインの三体が出しやすい進化クリーチャーだから、これも使いやすそうだ」

・プライマル・スクリーム
フィア「シールド・トリガーで使える墓地増やしの呪文なのじゃ!クリーチャーも一体回収できるから、《ロマノフ》だけでなく、《フェルナンド》との相性もぴったりなのじゃ!」
ネギ博士「これを使って《フェルナンド》デッキを組めという声が聞こえるぜ!」

ネギ博士「他に《怨念集結》とかが入るのが面白いな、とか思っています。出た当時は使わなかったカードですが、今なら、《デーモン・ハンド》と一緒に使って速攻対策ができるかも!」
フィア「よぉーし!出た情報を元に、マッド・ロック・チェスターフィアバージョンを作る準備をするのじゃ!ネギも手伝うのじゃ!」
ネギ博士「何がマッド・ロック・チェスターフィアバージョンだよ!ロックしろ!オラァ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士、落ち着いてよ!)」

◆+1ドリームについても語る◆
ネギ博士「そんなわけで、33弾の+1ドリームについても情報が出ていたので語ってみよう。+1ドリームが出ると聞いた時「どうせ、DR店舗限定で過去のカードの再録だろ?」とか「出たとしても、27弾の+1ドリームみたいに微妙なカードなんだろ?」とか思っていたが(27弾の+1ドリーム好きな皆さん、ごめんなさい)今回はその予想を裏切るいいカードばかりだ!」

・蒼神龍ボルバルザーク・紫電・ドラゴン
ネギ博士「なんてこった。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と《タイタンクラッシュ・クロウラー》のいいところを組み合わせてパワーアップしたようなクリーチャーが出るとは。ブロックされないブロッカーという冗談のような組み合わせってもしかして、初めてなんじゃないかしら」
わん太ちゃん「わんわん(訳:問題は、ブロッカーになった事とパワーが6000に下がった事だね。《火炎竜星弾》や《ハンゾウ》で倒せる範囲だよ)」
ネギ博士「いや、問題はそれだけではない。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と言った時、どっちの紫電なのか判りづらくなる事が最も重要なポイントだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:それは実戦ではそんなに重要じゃないんじゃない?たまにカード名を宣言して何かするのもあるけど)」

・ダーク・ルシファー
ネギ博士「どっかで見たな、って思ったら《ブラックルシファー》がいたね。こっちは墓地に置くカードが少なく、種族がダークロードに変わった感じ。マッド・ロック・チェスターと組み合わせろという声が聞こえてきそうだ」

・破壊神サガ
フィア「《サガ》なら、前も出たのじゃ。このタイミングで再録とは驚いたのじゃ」
ネギ博士「違いますぞ!あれは《創造神サガ》でこっちは《破壊神サガ》です。いや、もう、何かこれ強すぎじゃね?実際に決まるかどうかはともかく、シールド・トリガーもニンジャ・ストライクも封じ込める事ができるんだし。相手のブロッカーにさえ気をつけていれば勝てるんだから超怖い」

ネギ博士「そんな訳で、どれもすごいカードばかりだ。こっちを買うつもりはなかったが、1箱買えたら買おうと思う。どうかDR店舗限定じゃありませんように。もし、そうだったらすねるぞ!」

◆マッド・ロック・チェスターを強化しろ!もしくは、倒せ!◆
ネギ博士「そんな訳で、マッド・ロック・チェスターにカードを追加したい訳だが……。なかなか難しい。相性がいいから、《ヴィルジニア》は入れてみたいな」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:闇の呪文なんだから、《大地と永遠の神門》もいいよね!手札から使えなくても、マナに置いておけば《M・ロマノフ》で使えるもん!その後は《C・ロマノフ》で使えるよ)」
ネギ博士「やはり、墓地利用のデッキになるんだな。よし!マッド・ロック・チェスター対策に《コンクリオン》の出番だ!使うタイミングが問題だが、入れておくのも悪くないだろう」
フィア「問題は、入手困難だという事じゃな」
ネギ博士「そうなんですよね。不死鳥編の使えるカードも、もっと再録してくれないかな?」

◆おわりに◆
ネギ博士「外は寒いが、私の心は熱く燃えている!さあ、ザキラのように露出してデュエルだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、風邪ひくよ)」
ネギ博士「問題ない。既にひいている」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:問題大ありだよ!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
期待大です!
フィアちゃん先生の魅力にどっぷり浸かってしまっています)^o^(
可愛いですね♪
ロマノフはすごく楽しみな内容ですね!
私的にエタソを期待してたんですが…
黒の墓地肥やしよりやっぱりカラフルダンスが良いです♪絵柄もかわいいし(^0^)/
最近、小説の花嫁修業を読んでいたのですが
あの小説の続きが気になっていたりf^_^;
いつか更新を期待しています。
それでは失礼しますm(__)m
| | 2010/01/14(Thu)00:53:49| 編集
Re:期待大です!
色さん、コメントありがとうございます。
《カラフル・ダンス》も可愛らしく非常に扱いやすいカードなのですが、《プライマル・スクリーム》も非常に使ってみたいカードでもあります。文明が闇というのも、墓地利用が得意な他の闇のカードとからませやすいですし。色を加えなくていいというのがそれだけで大きな利点になるかもしれません。
花嫁修業の方はもうしばらくお待ちいただければ幸いです。あれも、どんどん個性的なキャラクターが出る予定です。
【2010/01/18 00:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]