忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「風邪で色々ヤバいと思っている内に時間だけが過ぎていました。反省反省」

ネギ博士「うがい手洗いをてても引く時は引きます。久し振りに結構ヤバい風邪だったという事だ。……次から更新停滞した時は風邪をひいていた事にしよう」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:更新停滞の言い訳考えちゃダメだよ!)」
ネギ博士「判っているさ。とにかく、バトン関連の事も押し進めていきたいからね。前回で「ガチ以外にもこういうのがあるじゃん?」ての紹介して三つになったんだけど、その後、風邪ひいた頭でぼんやり考えた結果……」
わん太ちゃん「わん?(訳:どうなったの?)」
ネギ博士「気が付いたら、合計で十個になってました。結構、かぶるのもあるんだけれど、こういうのどうかなって事で提案してみる」

◆現在決まっている企画(と新しい企画の具体的な内容)◆

・バトンでデッキ・ガチ本気編

・バトンでデッキ コモン・アンコモンVSオーバーレア編

・バトンデッキ 単色VS多色編

・バトンでデッキ 単色オンリー編
ネギ博士「で、単色VS多色の多色を抜いた形。ルールはいたってシンプル。多色カードを選んではいけない。主将が選んだ文明以外を選んではいけない。この二つだ。五つのチームに分かれて戦う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:単純な単色バトンなんだね)」

・バトンでデッキ 多色オンリー編
ネギ博士「今度は単色オンリーとは逆に多色オンリーでのバトン。極神編で多色増えたし、デッキの中に入る多色カードも増えたから、多色だけでやっちゃってもいいんじゃないって企画」
わん太ちゃん「わんわん(訳:問題は、プリズム・ブレインみたいな面白い多色サポートの単色カードをどうするかって事だね」

・バトンでデッキ サムライ編
ネギ博士「主将がサムライを選ぶところからスタートして五人目まではサムライ縛り。何とも日本人らしいバトンになるじゃないか。他のバトンでは「他のチームが選んだカードを選んではいけない」という早い者勝ちのルールを採用するけれど、カードプールの問題があるので、これでは採用しないつもり。サムライVSサムライの戦いを見たいと思う」

・バトンでデッキ ナイト編
わん太ちゃん「わんわん!(訳:上のとは逆にナイトだ!)」
ネギ博士「そ、ナイトなの。基本的にルールは上のサムライ編と同じ。サムライの部分をナイトに変えればOK。これも「他のチームが選んだカードを選んではいけない」ルールはなし」

・バトンでデッキ 龍VS天使編
ネギ博士「四月発売のスターターっぽい構築済みデッキが二種類出ると聞いて(情報元はこちら)だったら、『バトンでデッキ』でもドラゴンVSエンジェル・コマンドの戦いをやってみるのも一興かと思った企画。ベリーレア、スーパーレアのアーマード・ドラゴンかエンジェル・コマンドからスタートというバトンにしてみようかと思う。今まで以上にヒロイックなバトンになりそうな気がするな」

・バトンデッキ ゴッド編
ネギ博士「次のシリーズが神化編だというので、ゴッドをメインにしたバトンとかが面白そうだと感じた。ほとんど上と同じ理由でタイムリーだと思ったのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、今の強いゴッドはほとんどへヴィ・デス・メタルか5神だよ?)」
ネギ博士「そこが唯一にして最大の問題だ。へヴィとかインドラとかが殿堂入りしてしまったら大変だし、殿堂入りしなくてもこの二つを選んだチームが勝つ確率が高くなりそうな気がする。
もっとスポットが当たっていないゴッドにスポットを当ててみたいから二枚のカードでリンクするゴッド限定とかにしてみたい。レイジング・ザックスについては、これがやると決まってから考える」

・バトンでデッキ 素数編
わん太ちゃん「わん?(訳:そ、すう?)」
ネギ博士「そうだぞ。これを数えると神父が落ち着くとか、素直な数字だとかそういう理由でナウなヤングにバカウケの素数だ。単純に素数のコスト(2、3、5、7、11,13)のカードのみを使用するバトン。ものすご~く地味な気もするが、これはこれでやってみたら面白いんじゃないかと思う」

◆おわりに◆
ネギ博士「今回、デッキバトンの祖とも言うべきkorouさんに紹介していただき、mohei.no.1さんからも「面白いものは広がって欲しい」というコメントをいただきました。
さて……もっと面白くしたい!そのためにも、「こういうテーマはどうか」とか「今、出ているテーマでこういうのをやりたい」とか「まなみさんのスリーサイズを教えて下さい」とか「バトンの罰ゲームを考える係をやって負けた人達を絶望させたい」とか「まなみさんのスリーサイズを教えて下さい」とか「バトンの速報をやります」とか「フィアちゃん先生のスリーサイズを……いや、やっぱいいです」とかそういった意見をどんどん下さい!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ところどころセクハラが混ざってるよ!)」
ネギ博士「どういうタイプのバトンにするか今月の末日に決めたい。最終的に、私が決めるのでやりたい企画がある人はコメントを残さないと損ですぜ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]