忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[976] [975] [974] [973] [972] [971
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

わん太ちゃん「わんわん(訳:今回も強くなる為の練習の仕方についての話だよ)」
ネギ博士「今回は大会直前編という事で、大会に向けた練習を解説するぞ!前回の日常編と合わせて読んでみよう」


◆はじめに◆
ネギ博士「まず、大会に出る目的をはっきりさせておこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:目的?目標じゃないの?)」
ネギ博士「目的でいいの。大きな大会に出るとして、何のために出るのか決めておくんだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、大会に出る目的って基本は勝つ為だよね?)」
ネギ博士「その通りだ。だけど、それを見失っている場合が多いから、自分にはっきり言い聞かせておく。勝つ事が最優先なのか、それとも負けてもいいからオリジナリティ溢れるデッキで挑むのか、とか」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そっか!ただ勝つ為に戦うだけじゃなくて、変わったデッキを使って有名プレイヤーになるのを目的にしてもいいよね!)」
ネギ博士「そうなのだ。ちなみに、DMGP1では、それが明確になっていなかったから1回も勝てなかった。それ以降は大会に出る時は出来るだけ目的を明確にするよう心掛けている」

◆大会一か月くらい前◆
ネギ博士「実際はもっと前から練習している事が多いけれど、この時になると本気になる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:エンジンがかかるのが遅いんだね)」
ネギ博士「常にエンジンがフルスロットルだと、どこかで故障してしまうからね。この時期から本気になるくらいがちょうどいいのさ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ふーん。それで、大会一か月前は何をするの?)」
ネギ博士「使うデッキを決める。正確には、おおよそのデッキタイプを決める。今回はレッドゾーンをメインにしたデッキにしようだとか、ドギラゴン剣をメインにしたデッキにしようだとか」
わん太ちゃん「わんわん(訳:一か月前には決めちゃうんだ)」
ネギ博士「大体、この時期に決めて一か月かけて形にするね。そして、もう一つ。仮想敵を決めておこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:仮想敵?)」
ネギ博士「そう。大会に出たら、このタイプのデッキには絶対負けないぞっていうデッキを決めておく。基本的にCSで使う人が多そうなデッキだね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、そういうデッキをどうやって調べればいいの?)」
ネギ博士「こういう時こそ、普段やっている情報収集を活かす時だ!CSの入賞デッキを見ておけば、自然に多く使われるデッキが判ってくるのさ。それにレシピも判る。入賞したデッキをコピーして仮想敵にしてみよう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:仮想敵は一つでいいの?)」
ネギ博士「一つだとダメだ。とにかく攻撃してくるタイプのデッキとじっくり準備をするタイプのデッキ、二つ以上は仮想敵を決めておこう」

◆一か月前~一週間前◆
ネギ博士「基本的に情報収集したり、一人回ししたりする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こうやって書くと単純だよね)」
ネギ博士「そうなの。でも、仮想敵に勝てるデッキにするように何度もやるんだ。この時、対戦回数と勝った数と負けた数はしっかりメモしておこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうして?)」
ネギ博士「どのくらい勝てているのかを理解する事が大事。自分では勝てているつもりでも、パーセンテージを見るとそうでもないって事がある。錯覚しない為に数字で表しておくといいぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:勝った数と負けた数だけじゃなくて、どんなカードが強かったのかもメモしておくといいね。調整する時の参考にしよう!)」
ネギ博士「さて、練習だけなら代用のカードでもいいが、この時期になったら実際のカードでデッキを組んでおいた方がいい。これは早い方がいい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうなの?)」
ネギ博士「そうなの。DMGPの1と4の時は実際のカードでデッキ組まずにネット対戦だけで練習してたから、当初考えてたレシピ通りにならずにひどい目にあった。だから、一か月くらい前から実際のカードで準備をするのは大事」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なるほど~)」
ネギ博士「それに実際のカードで練習しないとカードがすねて、いい動きができない(個人の感想です)」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:それは博士の実力不足でしょ!)」
ネギ博士「いいや、違うぞ!あれはカードがすねたんだ!だから、必死に拝み倒して(あと、練習して)こっちの言う事を聞いてもらう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:うーん、変なの。ところで、情報収集と仮想敵相手の一人回し以外はやる事ないの?)」
ネギ博士「いい質問だ。練習してくれる対戦相手がいる人もいない人も、練習の成果を見るために大会に出てみよう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:目的の大会よりも小規模の大会に出るんだね!)」
ネギ博士「その通り。ここで『仮想敵として決めていたデッキタイプに勝てるかどうか』『どんなデッキの相手が得意で、どんなデッキが苦手か』『よく使うカードや使わないカードは何か』を改めてチェックしよう。きっと今までの練習では見えてこなかったものが見えるはずだ」

◆十日前~大会直前◆
ネギ博士「この辺りまで来ると、ものすごい頑張って練習はしない。一人回しを繰り返すだけにする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:体を休めておくんだね)」
ネギ博士「そうだよ。目的の大会に最高の体調で挑む為に体調管理をしっかりするんだ。あと、この時期にスリーブをしっかり確認しておこう。古いものや汚れているようだったら、新しいのに変えておこう。予備もしっかり用意しようね!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:スリーブが汚れていると反則を疑われる事もあるからね。きれいなスリーブで出よう!)」

◆大会直前◆
ネギ博士「大会2日前とか大会前日くらいだと思っていおいて欲しい。この時期は練習よりも大切な事がある」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士の事だから、会場近くで観光するところの確認とか言うんじゃないの?)」
ネギ博士「それも大事。だけど、もっと大事な事がある。まず、再度、デッキの中のカードがきちんと揃っているか確認しよう。カードが足りなくて実力が発揮しきれないのは悲しいぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それは大事だね。あと、デッキがルールに合っているかどうかもきちんと確認しないとね)」
ネギ博士「その通りだ。あと、大会に行くまでの経路、時間、そして何時までに到着すればいいのかを再確認だ!遅刻しないように行き方をしっかり見ておこう!」

◆ネットで見かけた練習方法◆
ネギ博士「大会を意識した練習方法でこういうのもある。基本的には普通の対戦と同じやり方。ただし、誰かにストップウォッチで1ターンごとに時間を図りながらやるというものだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どういう効果があるの?)」
ネギ博士「大会の予選では制限時間がある事が多い。だから、制限時間内に実力を出して勝つために普段から時間を意識して練習するという事なのだ。私はビートダウンを使う事が多いから、このやり方で練習した事はないけれど、コントロールデッキみたいにゆっくりしたデッキを使う人にはおすすめしたい」

◆おわりに◆
ネギ博士「長く書いたけれど、雑にまとめるとこんな感じ」

1:CSで勝ったデッキの情報を調べるぞ!
2:そのデッキを仮想敵にしてたくさん一人回しだ!
3:一人回しの成果を見るために大会に出てみよう!
4:あのタイプのデッキは苦手だったな。苦手なデッキを相手に一人回しだ!

ネギ博士「こんな流れを繰り返す。一人回しだけではどうしても限界が出るって事だけは覚えておいて欲しい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:普段、対戦相手がいる人も大会で色々な人と戦って練習して欲しいね)」
ネギ博士「そうだね。今回はDMGPくらいの大きな大会に向けての練習方法だったけれど、CSに向けての練習にも応用できるはずだ。情報収集と対戦を繰り返し、勝利を目指そう!」

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ありがとうございました!
後半もすごく参考になりました^_^
自分もサイトやブログで様々なデッキを見たうえで、環境デッキは実際にいくつも作って、日々子どもたち一緒にデュエルしています。
次のGPでは絶対に勝ちたい…ですが、3人1組だとボッチの僕は人が集まない危機が(涙)

あと、もしよかったらでいいのですが、記事でどうすれば認定ジャッジになれるのかについて教えてください^ ^
自分もなりたいですT^T
みみくん| | 2017/11/12(Sun)20:59:31| 編集
Re:ありがとうございました!
みみくんさん、コメントありがとうございます。
次のGPですが、私も組む人がいないので次回は見送る事になるかもしれません。それでも未練があるので、もしかしたら、会場に立ち寄ったりはするかもしれないですね。
あと、認定ジャッジになる方法なのですが、私はジャッジ認定試験を受けた事がないので、どうすれば認定ジャッジになれるのか具体的なアドバイスはできません。ただ、認定ジャッジの方でCSのジャッジをよくしている方やルールに詳しい方のツイッターアカウントをフォローしたり話を聞いたり、公式HPの総合ルールを覚えたりする事が認定ジャッジになる為の近道ではないかと思います。
次に認定ジャッジの試験があるとすれば、GP前だと思いますので簡単にできそうな事から始めてみるとよろしいと思います。
【2017/11/15 01:59】
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]