忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[165] [160] [159] [158] [156] [154] [153] [152] [149] [148] [147
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバー。

ネギ博士「さてさて、最近、安くて強いデッキを作るのは大変だというのを痛感しているのだ。というのも、5Dsカップ以降、福袋デッキが高額化(多分)している感じなので、何とかして「安い!」と「強い!」を両立させたレシピを考えてくれる人がいないかと思っているのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうなんだ。安くて強いデッキレシピを考え……考えてくれる人がいないかと思っている!?博士、自分で考えなくちゃダメだよ!)」
ネギ博士「あ、やっぱりそうだよね」

◆過去に組んだ安い(?)デッキの例◆
ネギ博士「最初の福袋デッキはほとんどがコモン、アンコモンでちょこっとレアが入り、ベリーレアが一枚入っているというデッキ構成だった。で、最近私がひねり出した安価なデッキと言えば『財布を救うのは俺に任せておけ!』シリーズである。この理論を応用すれば、福袋デッキの量産ができそうな気がしなくもない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:安くて強いデッキだからって、普通の赤単速攻とかだったら子供が喜ぶかな?)」
ネギ博士「強いから使って一週間は喜ぶかもしれん。だが、飽きるだろう。私が福袋デッキを組む時は、できるだけ大型の派手な切り札を入れるように工夫はした。「安い」「強い」の二つをクリアしたら「魅力がある」デッキに仕上げなくちゃいけないんだよな。難しい」

◆安く組みやすそうなデッキと組みにくそうなデッキ◆
ネギ博士「私がコントロール系のデッキをうまく使いこなせていないせいもあるが、どうも安価なデッキはビートダウンの方がコントロールよりも組みやすそうなイメージがある。基本的にビートダウンの方がコモン、アンコモンの比率が多いからかもしれない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃあ、コントロールで安価なデッキを組むにはどうしたらいいの?)」
ネギ博士「まともにコントロールを組めない私にそういう質問を振るんじゃない。まあ、安価なデッキとして組むんだったら、ベガとかトリプルマウスとかを入れてなんやかんやするとか?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:いい加減だなぁ)」
ネギ博士「ビートダウンだったら、安価でもものすごいバリエーションが生み出せそうな気がするよ」

◆おわりに◆
ネギ博士「安価で色々組んでみたい。実際に組んで安価で組める限界を知りたいな。まずは、コモンとアンコモン限定でいくつか組んでみようかしら」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:格好いい切り札も忘れずにね!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]