忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 8
10 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「そんな訳で今さらながらNGS、第二回新潟王者決定戦のレポートである。書く事が多いので、旅情編その1→戦闘編その1→旅情編その2→戦闘編その2という流れで書く。グダグダとしたものを見ないで単純なレポートとかを見たい人は戦闘編だけを見るといいんじゃないかな?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:じゃ、戦闘編だけにしてよ!)」
ネギ博士「そんな事をしたら、面白みがなくなってしまうじゃないか!遠征の時と同じように無駄なものを入れつつやっていくぞ!」


◆前日編◆
ネギ博士「日付も変わり、19日になった。そんな午前3時頃。多くの人はデッキの調整をしているか本番に備えてゆっくり休んでいるような時にネギ博士はやる夫スレのまとめブログを見ていた
わん太ちゃん「わんわん!(訳:寝てよ!)」
ネギ博士「こういう時に限って面白いのがあるから困る。
それはさておき、デッキや300円以内のおやつ(98円のガムと98円のべっこうあめ、カロリーメイトはおやつではない)などを準備して寝たのが午前3時ごろである。こうやって書くとふざけているように見えるけれど、ちゃんとデッキの準備もしたんだぞ。本当に」
わん太ちゃん「わんわん(訳:本当かなぁ……)」
ネギ博士「本当だって。ブログの記事を書くのも忘れてデッキ調整していたんだから。そんなこんなでやっと就寝であった。予定では日付変わってすぐ寝るつもりだったのに……」

◆当日編・出発◆
ネギ博士「7時半ごろ起床。トマトジュースをがぶ飲みして身支度を整える。そして、駅に向かって新幹線に乗るのだった。わーい!楽でいいぞー!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:新幹線だと高いんじゃないの!?)」
ネギ博士「Sきっぷというものを使った。これだと高速バスを使った場合より、往復で1000円高い程度だ。こっちの方が楽だし早いし。
9時5分発のに乗ろうとして、間違えて東京行きに向かう。乗るのは新潟行きだっつーの!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今まで遠征だと東京行きしか乗らなかったもんね)」
ネギ博士「そうだね。三年ぶりくらい。
さて、新幹線といえば椅子のポケットに入っているトランヴェールという無料の雑誌である。これは好きなのでもらっておいた。まだ読んでいないけれど、旅の気分を味わえるので大好き。今までの遠征のもちゃんと取ってあるぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士の遠征用の鞄にはそういうのが詰まっているよね。エビスビールの博物館行った時の資料とか)」
ネギ博士「思い出を呼び起こさせるものだからね。
で、新幹線の中で何をしていたかというと、デッキをシャッフルしていた。同時にデッキにカードが40枚あるのか最後の確認をしていたぞ。もちろん、前日の時点で最後の確認はしたけれど、ここで気付く事もあるからね(俺とお前と5Dsカップ その1参照)。今回はデッキに異常はなかったよ」

◆当日編・到着◆
ネギ博士「9時半ごろ到着。かる~く開いている店とかを見て、昼食をどこで食べるか考えた後で、目的地に向かう。その途中でとんでもないものを見てしまった!」

42ae0d65.JPG20fbe004.JPG










ネギ博士「じゃ~ん!SLです」
わん太ちゃん「わんわん!(訳;じゃ~んじゃないよ!こんなの撮っている暇があったらさっさと会場に行ってよ!)」
ネギ博士「遠くから取ったから判りにくいな。SLのにおいって初めてかいだけれど、結構いいものだ、独特のにおいだね。
ちなみに、回のレポートのために撮った写真はこれが全部だ
わん太ちゃん「わんわん!(訳:えぇーっ!!)」
ネギ博士「そんなこんなで外に出てしばらく歩くと会場到着。着いたのは、9時50分ごろだった。
会場は階段教室じゃない大学の教室二個分くらい(『コードD』でよくやる書き方)。6人が余裕を持って座れるテーブルが16個くらい余裕を持って並べられるくらいの大きさだった。窓際にはホワイトボードがあって、そこはトレード希望のカードを書き込むのに使われたぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:人はもういた?)」
ネギ博士「結構いた。当たり前だが、クールビズに真っ向から喧嘩売るようなスーツ姿の人間は私だけだったぜ
さて、受付をしたわけだが、ここで首から下げる透明な札とその中に入れる名札用のカードをもらう。名札には番号(受付時に言われる)とハンドルネームと本名を書いて透明な札に入れて首からぶら下げるのだ。
透明な札は最後に回収。中の白い名札はなんとNGSのロゴ入りで持ち帰る事ができるのだ!記念品に最適だね!
この名札には数種類あって主催者、普通の参加者、VIPとなっていた。VIPってすげぇ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:強い人がVIPの札をもらえるのかな?)」
ネギ博士「そうかもしれない。
受付の前にVALDEさんと遭遇していたので受付を終えてフリーデュエルをして大会が始まるまで有意義に時間を使っていた。
こういうイベントのためにイラスト入りでDM小説のキャラクターデッキを用意するなんてVALDEさんはDM小説書きの鑑だね。どこぞの変態と言う名の紳士は前日になってVALDEさんのブログ見て慌てて一個征市デッキを用意したっていうんだから、気が抜けているよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士の事だよね)」
ネギ博士「ち、違うぞ!どこかの紳士だ!……次からはちゃんと用意しよう」

◆次回予告◆
ネギ博士「さあ!次はついに大会についての話だ。緊張しまくりながら席につくネギ博士。一回戦の対戦相手はなんと……ぎゃー!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:え?何?何があったの!?)」
ネギ博士「次回『NGSに行って来た:戦闘編その1』につづく!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:次回では博士が大会で使ったデッキを公開するよ)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]