忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラにしてかませキャラ。デュエマの腕はなかなかのようだ。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的存在。

フィア「わしが主役の新カテゴリ『フィアちゃん先生のためのプレイング強化道場』はじまりなのじゃーっ!」
一本杉「ふざけんな!これは『一本杉大先生が教えるプレイン強化道場』だ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:二人とも喧嘩しないで博士が持ってきた紙を見てよ)」
一本杉「何々……。カテゴリ名は『ネギ博士のネギ博士によるネギ博士のためのプレイング強化道場』だと!?そんなにお前の名前を主張したいんだったらお前が出て来て解説しろ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:という訳で新しいカテゴリ『プレイング強化道場』が始まったんだ。他のカテゴリではデュエマの始め方、難しかったり間違えやすかったりするルールの解説、デッキの作り方をやっていたね。
ここは、みんなががんばって作ったデッキを上手に使うための戦い方を教えるコーナーだよ)」
一本杉「要するに戦い方の教科書みたいなもんだと思っとけ。第1回のテーマは『手札』だ。何故、手札が大事なのか、解説していくぜ」


◆手札が大事な理由◆
フィア「手札が大事な事くらい、判っているのじゃ!たくさん手札があれば、暑い夏に手札を団扇みたいにして扇げるのじゃ!」
一本杉「扇ぐのに使ってんじゃねぇ!
いいか?デュエマは手札を使う事が多いカードゲームだ。手札がないとマナゾーンにカードも置けない。クリーチャーを出す事も呪文を使う事もできない
フィア「でも、毎ターンのはじめに1枚引けるのじゃ」
一本杉「たった1枚だ。複数の手札があれば、相手のターン中にマナにこれ置いてこれ出してとか色々考える余裕もあるが、手札がほとんどない状態じゃ考える事もできねぇ。
手札がなくてターンの最初に引くだけってのが一番ヤバい。マナに置くか、それを使うかしか選択肢がないからな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札がないとコンボも使えないよね)」
フィア「う~む。手札は大事なのじゃな」
一本杉「ああ、そうだ。手札がないとやる事が限られる。コンボもできない。よく覚えとけ」

◆手札をゼロにしてはいけない◆
一本杉「手札をゼロにしないってのは大事だ。手札をゼロにすると、相手にこっちが反撃する手段をほとんと持ってない事が判っちまうからな」
フィア「え?そうなのか!?」
一本杉「そうだ。まず、これを見てくれ」

・自分のターン
相手の手札:0
相手のシールド:0
相手のクリーチャー:0

自分のシールド:0
自分のクリーチャー:0

一本杉「自分の手札には攻撃できるクリーチャーと攻撃できないブロッカーがあるとする。この状況だったらどっちを出す?」
フィア「シールドが0なのはまずいのじゃ~。攻撃が怖いからここはブロッカーなのじゃ!」
一本杉「馬鹿野郎!ここは攻撃できるクリーチャーだ!」
フィア「え~、何でなのじゃ~!相手が攻撃できるクリーチャーを出して来たら怖いのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:まず、自分のターンでクリーチャーを出すでしょ。相手のターンになったら相手は何を引くか判らない。だけど、クリーチャーを引いて召喚できたとしても召喚酔いだよね。だから、次の自分のターンに安心して攻撃できるんだ)」
フィア「そ、そうなのか?」
一本杉「そうだ。手札が複数あったら進化元出して進化クリーチャー出すって事もできる。まあ、相手がスピードアタッカーみたいなカードを使ってくる事もあるが、上みたいな時なら相手は反撃しにくいって事を覚えておけ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札がない時は反撃の手段がないっていう情報を相手に教えているようなものだからね。気をつけないと)」
一本杉「次にこんな状態だったらどうする?」

・自分のターン

相手の手札:0
相手のクリーチャー:1

自分のバトルゾーンにブロッカーはなし

一本杉「自分の手札には相手のクリーチャーを破壊するカードと相手の手札を破壊するカードがある。この状況ならどっちを使う?」
フィア「当然、クリーチャーを破壊するカードなのじゃ!この状況で手札を破壊するカードを使う馬鹿はいないのじゃ!」
一本杉「それじゃ、相手の手札が何枚かあったら?」
フィア「う……。クリーチャーもやっつけたいけれど、相手が手札の中にもっと強いクリーチャーを持っているかもしれんのじゃ……。迷うのじゃ!」
一本杉「だろ?手札がないと危険だって事が判ったか?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:他にも、手札がないとニンジャ・ストライクを使われる事がないって事も判るよね)」
フィア「ううむ。手札がない奴を攻撃するのは安全で手札がある奴を攻撃するのは危険か。手札があるなしだけで色々な事が判るのじゃな」
一本杉「ああ、そうだ。だから、相手に危険だと思わせるためにも手札は切らさないようにしろ!」

◆おわりに◆
一本杉「一回目は基本中の基本、手札について語った。
手札が多ければ行動の選択肢が増える。
手札がないと行動の選択肢が減るだけでなく、コンボも使えない。
手札がないと、反撃の手段がない事が相手に判ってしまう。

この3つは覚えておけ!」
フィア「手札を使い過ぎない戦い方が必要じゃな。あ!相手が余所見をしている時にドローしまくればいつでも手札がいっぱいなのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:イカサマはダメだよ!)」
一本杉「馬鹿野郎!デュエリストならルール違反しないで正々堂々戦え!」
フィア「ひぃっ!敵キャラで悪役のはずの男に叱られたのじゃ!」
一本杉「まったく、ルール違反しないのは基本中の基本だぜ。次回では『攻撃のリスク』について語る予定だ。次回までにプレイを磨けよ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]