忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [614
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラにしてかませキャラ。デュエマの腕はなかなかのようだ。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的存在。

一本杉「前回に続き、今回も攻撃に関するテーマで行くぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今回のテーマは『どっちを殴るの?』だね)」
フィア「む~、わん太ちゃんと一本杉のどっちを殴るか。今は、動物愛護週間だしかわいいからわん太ちゃんを殴らずに一本杉を殴るのじゃ!」
一本杉「あ!?(ギロッ)」
フィア「うわーん!怖くて殴れないのじゃー!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:人を殴るっていう話じゃないよ!)」


◆シールドとクリーチャー、どちらを殴るの?◆
一本杉「何も考えずにシールドを攻撃しても何もいい事はない。むしろ、自分のクリーチャーがタップされたり相手の手札が増えたり、リスクを負う事がある。
これが前回のまとめだ。今回は、攻撃対象の優先順位について考えて行くぜ。次に挙げる状況でクリーチャーとシールド、どちらを殴るか考えてみろ」
・自分のターン

相手のシールド:5
相手のタップされた《ブレイズ・クロー》:1

自分のシールド:4
パワー2000の召喚酔いしていないクリーチャー:1

フィア「シールドを殴れるのじゃ!《ブレイズ・クロー》のパワーは1000で、こっちのクリーチャーのパワーは2000だから殴り返しも受けないのじゃ!だから、ここはシールドを攻撃なのじゃ!」
一本杉「殴り返しについて考えたのはいいな」
フィア「ふっふっふ、もっと褒めるといいのじゃ!」
一本杉「だが、そのやり方は必ずしも正しいとは言えねぇ。自分のデッキが超高速の速攻デッキならシールドでもいいかもしれねぇが、ここは相手の《ブレイズ・クロー》を殴っておいた方が安全だ」
フィア「えっ!?どうしてなのじゃ!」
一本杉「相手のクリーチャーを残しておけばそのクリーチャーはこれから毎ターン、シールドをブレイクしてくる。相手にこれ以上シールドをブレイクされないためにも、ここは《ブレイズ・クロー》を殴っておくべきだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:速攻デッキ相手だったら、シールドよりもクリーチャーを優先して攻撃しておくといいよね。相手のクリーチャーをやっつけながら時間を稼いで自分のペースに持って行くんだ)」
一本杉「次の場合だったらどうする?」
・自分のターン

相手のバトルゾーン
タップされた《クゥリャン》:1
タップされた《ブレイズ・クロー》:1

相手のマナゾーン:4(1枚《エンペラー・マルコ》が置かれている)

自分のバトルゾーン
パワー3000の召喚酔いしていないクリーチャー:1

フィア「今度は間違えないのじゃ!タップされた《ブレイズ・クロー》を攻撃するのじゃ!」
一本杉「じゃ、次の相手のターンで《クゥリャン》が《エンペラー・マルコ》に進化して大変な目に遭うかもな。
クリーチャーが2体以上並んでいる時は、自分にとって残って欲しくない奴(相手にとって残しておきたいクリーチャー)を先に攻撃するようにしろ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こういう時は相手のマナを見て「《クゥリャン》が《エンペラー・マルコ》に進化するかも」って考えながら攻撃するクリーチャーを決めるといいよね)」
フィア「そうか。確かに進化する可能性のある奴は厄介なのじゃ」
一本杉「今度は正解しろよ。次のパターンだ」
・自分のターン

相手のバトルゾーン
タップされた《ブレイズ・クロー》:1
タップされた《タイガ》:1

自分のバトルゾーン
パワー2000の召喚酔いしていないクリーチャー:1

フィア「むむっ!《タイガ》の方がパワーが高くて厄介な気がするのじゃ!玉砕覚悟で《タイガ》に攻撃なのじゃ!」
一本杉「いや、ここは《ブレイズ・クロー》に攻撃しておけ。
自分のクリーチャーはできるだけ生き残らせるようにする。自分はクリーチャーを失わずに相手だけクリーチャー1体分の損をさせるのが賢い殴り方だ
フィア「そうだったのか……」
一本杉「相手の《タイガ》が進化しそうだったらそっちを優先した方がいいけどな。それじゃ、最後の問題だ」
・自分のターン

相手のシールド:1
相手のクリーチャー
タップされた《ブレイズ・クロー》:1

自分のシールド:1
パワー2000の召喚酔いしていないクリーチャー:2

フィア「もう間違えないのじゃ!安全に《ブレイズ・クロー》を殴って、もう1体で最後のシールドを攻撃なのじゃ!」
一本杉「それも確かに安全っちゃ、安全なんだがな。ただ、それだとまた相手のターンが来てしまう。そうしたら、相手はドローできるし、マナは全部アンタップできる。こっちのクリーチャーを倒せるようになるかもしれねぇ。
今みたいに決着をつけられそうな時は相手クリーチャーよりもシールドを優先して殴るのもありだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この辺りはシールドを殴ってとどめを刺すか、クリーチャーを殴って安全に行くかは何度もやって慣れて覚えた方がいいね。博士はこういう時にクリーチャーへの攻撃を優先して負けた事が何度かあるみたいだよ)」

◆おわりに◆
フィア「シールドを攻撃するか、クリーチャーを攻撃するか、よく考えなくちゃいかんのじゃな。クリーチャーを攻撃するにしても、どのクリーチャーを攻撃したら自分にとって有利になるのか、それも考えなくちゃいかんのじゃ」
一本杉「実際には自分のアタックトリガーだとかニンジャ・ストライクとかがくわわるからもっと複雑になるな。とりあえず『シールドとクリーチャーだったら、序盤はクリーチャーへの攻撃を優先!』ってのだけは覚えとけ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:このコーナーではプレイングについて取り上げて欲しい話題も募集しているよ!次回では『シールドの殴り方』について解説するよ!)」

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]