忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラにしてかませキャラ。デュエマの腕はなかなかのようだ。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的存在。

一本杉「お、わん太とフィアでデュエマやってんのか」
フィア「シールドをブレイクすると、相手の手札になる。手札が増えると厄介だから攻撃しないのじゃ!」
一本杉(少しは考えてやってるみたいだな。で、わん太は速攻デッキか)
わん太ちゃん「わんわん!(訳:えいっ!シールドを攻撃!)」
フィア「シールドを攻撃するとは愚かな。また手札が増えたのじゃ!こっちはクリーチャーを召喚して攻撃しないのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:えいっ!シールドを攻撃してとどめ!)」
フィア「うわー!シールドをブレイクするとリスクが伴うって言ったからシールドを攻撃しなかったのに負けたのじゃー!」
一本杉「馬鹿野郎!山札切れ狙いのデッキでもないのに、シールドを攻撃せずに勝てるわけねーだろ!今回のテーマは『シールドの殴り方』だ。これを読んで安全にシールドを殴りやがれ!」


◆シールドの殴り方(基本編)◆
一本杉「シールドを殴ると手札になったりシールド・トリガーが出たりだとかで相手のプラスになったりダメージを負ったりする事もある。だが、シールドを殴らなきゃ勝てねぇ。重要なのは、「いかにしてリスクを軽減するか」って事だ!」
フィア「相手が余所見をしている時に相手のシールドのカードを見て、シールド・トリガーだったら変えてしまえばいいのじゃ!」
一本杉「馬鹿野郎!イカサマで解決すんな!いくつか、礼を挙げてみるぞ」

自分のターン
相手のシールドは1枚
相手のマナゾーンには火文明と自然文明のみ。《スーパー炎獄スクラッパー》《ナチュラル・トラップ》が置かれているのが見える。

自分のクリーチャーは召喚酔いしていないクリーチャー3体、《ブレイズ・クロー》《ゴンタ》《ライラ・ラッタ》がいる。どのクリーチャーでシールドをブレイクすれば安全か、答えよ。

フィア「強いから《ゴンタ》で殴ってみるのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手のマナに《スーパー炎獄スクラッパー》と《ナチュラル・トラップ》があるんだよね。この2枚が出ちゃうかもしれないから、どっちが出ても大丈夫なように攻撃しないと……。《ブレイズ・クロー》で攻撃すれば《ゴンタ》と《ライラ・ラッタ》のパワーの合計は5000を超えるからどちらかは残るよね。《ナチュラル・トラップ》も1体しか除去できない。だから、ここは《ブレイズ・クロー》で攻撃!)」
一本杉「わん太の考え方が正解だ。もしかしたら、シールドから《スーパー炎獄スクラッパー》が出るかもしれねぇのに、わざわざ除去できるようにしてシールドを攻撃するか?」
フィア「そんな事まで考えなくちゃいかんのか?」
一本杉「ブレイクできる数が同じだったらパワーが低い奴を先に攻撃させた方が安全だ。パワーが低い奴はそれだけシールド・トリガーで破壊されやすい。そんなリスクを持った奴を残すよりは、パワーが高くて破壊されにくい奴を残して安全に殴った方がいいだろ?」
フィア「うむむ。その通りなのじゃ。でも、次みたいな時はどうするのじゃ?」

自分のターン
相手のシールドは2枚

自分のクリーチャーは《イダ》と《青銅の鎧》。

フィア「パワーが高いのは《イダ》なのじゃ!でも、《青銅の鎧》でブレイクしたら、このターンで勝てないのじゃ!」
一本杉「こういう時は《イダ》で殴っちまえばいいだろう。2枚あって、W・ブレイカーが1体と他のクリーチャーが1体だったら、W・ブレイカーでシールドを全部ブレイクして他のクリーチャーでとどめを刺す以上のベストな殴り方はないぜ?
例えば、これがシールドが3枚だったら、どっちが先に殴るか決めるのは難しいけどな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:シールドが3枚でもぼくはW・ブレイカーのクリーチャーで先に攻撃するよ。1枚しかブレイクできないクリーチャーで攻撃してシールド・トリガーが出たら嫌だもん)」
一本杉「そうだな。俺もそうする。それじゃ、次みたいな時はどうする?」

自分のターン
相手のシールドは2枚。その内、1枚には《アクア・サーファー》が入っている。

自分のクリーチャーは召喚酔いしていないものが3体。《アンタッチャブル》と《クゥリャン》と《ゴンタ》である。

フィア「ブレイク数が同じだから、弱い奴から攻撃なのじゃ!それじゃ《アンタッチャブル》で……できないのじゃ!《アクア・サーファー》で戻されるからどうやっても勝てないのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《クゥリャン》と《ゴンタ》でシールドをブレイクして最後に《アンタッチャブル》でとどめにすればいいんじゃないの?《アンタッチャブル》は選ばれないから、《アクア・サーファー》の効果が効かないよ?)」
一本杉「わん太のやり方が正解だ。《アンタッチャブル》は選ばれない事で場を離れにくくなっている。選ばれない効果などを持っていて場を離れにくいクリーチャーはとどめのために残して、他のクリーチャーでシールドをブレイクするといい
わん太ちゃん「わんわん(訳:基本的に場を離れやすいクリーチャーから先に攻撃して場を離れにくいクリーチャーを残しておくといいんだよね)」
一本杉「そういう事だ。パワーが高いクリーチャーや選ばれないクリーチャーとかは後に残しておけよ!」

◆シールドの殴り方(応用編)◆
一本杉「基本的には上のやり方で殴って行けば問題ない。ここからはデッキに合わせた殴り方について語っていくぜ。まずは、ビートダウンデッキだ。ビートダウンの場合、召喚酔いしていない奴がいたらそいつで絶対に殴れ!」
フィア「ひたすら殴りまくるのじゃな!」
一本杉「ああ。ただし、進化元のクリーチャーで生き残らせたい奴がいたら、敢えて攻撃しないのもありかもしれねぇな。
次はコントロールだ。コントロールの場合、相手のシールド5枚をブレイクした上でさらに相手にとどめを刺せるようになるまでは攻撃をしない事が多い。例えば、W・ブレイカー2体と普通のクリーチャー2体が揃うまでって感じだな。それだけクリーチャーを並べて一度に5枚のシールドをブレイクして、相手の次のターンに手札になったシールドを使う機会を与えねぇようにするのが目的だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それまで相手の攻撃を受け止める防御の硬さが必要だよね)」

◆おわりに◆
一本杉「シールドの殴り方は判ったか?場を離れやすい奴から殴り場を離れにくい奴を残すのはシールドブレイクの基本だからよく覚えておけ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手のシールド・トリガーで何が出るか予想しながら攻撃するのもありだよね)」
フィア「予想するなんてそんな難しい事はできないのじゃ~」
一本杉「そんな事はねぇ!次回『マナゾーンを見る』でシールド・トリガーだけじゃなく、相手の戦略を予想する方法を教えるぜ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]