忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726] [725] [724
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラにしてかませキャラ。デュエマの腕はなかなかのようだ。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的存在。

わん太ちゃん「わんわん!(訳:《ミスト・リエス》を召喚だよ!)」
フィア「よし、《デーモン・ハンド》を引いたのじゃ!わん太ちゃんのクリーチャーは《ゴンタ》と《ミスト・リエス》。パワーの高い《ゴンタ》をやっつけるのじゃ!」
数ターン後。
わん太ちゃん「わんわん!(訳:クリーチャーを召喚して《ミスト・リエス》の効果でドロー!引いたカードで進化してとどめだよ!)」
フィア「うわーん!パワー2000の弱っちいクリーチャーじゃなくてパワーが高いクリーチャーを倒しているのに何で勝てないのじゃー!」
一本杉「それはお前が厄介なクリーチャーを残しているからだろ」
フィア「でも、パワーは2000なのじゃ!弱っちいはずなのじゃ!おかしいのじゃ!」
一本杉「判った判った。じゃ、今回は『早めに倒したいクリーチャー』について教えてやるよ」



◆いるだけで効果を発揮するクリーチャー◆
一本杉「クリーチャーを倒すのにも優先順位ってものがある。相手に損をさせるように倒すのがベストだ」
フィア「そんな事は判っているのじゃ!どうすれば、相手に損をさせるように倒せるのか教えるのじゃ!」
一本杉「判ったよ。それじゃ早めに倒したいクリーチャーの大まかな種類を教えてやる。
まずは、いるだけで効果を発揮するクリーチャーだ。システムクリーチャーとも呼ばれている」
わん太ちゃん「わんわん(訳:さっき、ぼくが使った《ミスト・リエス》とかドラゴンのコストを下げる《コッコ・ルピア》とかだね)」
フィア「このパワーが低い奴らがそんなに大事なのか?」
一本杉「それを放っておいたから負けたんだろ?この手のクリーチャーは放っておいたら毎ターン、仕事をするんだ。放置された分だけ、システムクリーチャーの主は得をするようになっている。
例えば、《コッコ・ルピア》なんかドラゴンを出す度に2マナ得をするようになっている。ドラゴン2体出せば4マナ!3体出したら6マナだぞ!」
フィア「3体出すまで放っておいたら6マナ分得するのか!それだけあれば切り札級のクリーチャーも出せてしまうのじゃ!」
一本杉「だが、効果を発揮する前にシステムクリーチャーを破壊しちまえば相手はその分の得をしなくなる。システムクリーチャーを召喚するのに使ったマナとシステムクリーチャーのカードの分だけ損する事になるな」
フィア「なるほど。じゃ、システムクリーチャーだけを破壊するように気をつけるのじゃ!」
一本杉「そんな単純なもんでもねぇよ。他にも早めに倒したいクリーチャーはいるんだ」

◆進化元のクリーチャー◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:できるだけ早く倒したいっていったら、やっぱり進化元のクリーチャーだね)」
一本杉「そうだな。当たり前だが、進化元がいなければ進化はできねぇ。それを潰せば相手はまた別の進化元を調達しなくちゃならなくなる。そうやって相手を妨害して自分の準備を進めるんだ」
フィア「どれが進化元かなんて判らないのじゃー!」
一本杉「だったら、前回の応用だ。相手のマナゾーンを見て、相手がどんな進化クリーチャーを出すのか推理しながら進化元を破壊しろ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ビートダウンで進化クリーチャーを使うデッキだったら、《進化の化身》とかで手札にくわえるかもしれないから、その時に進化元が判るかもね)」

◆攻撃する時の能力を持つクリーチャー◆
一本杉「システムクリーチャーと同じで長い間放っておきたくないのは、攻撃する時の能力を持つクリーチャーだな」
フィア「攻撃は色々なリスクを伴うのに、攻撃するなんて愚かな奴なのじゃ!」
一本杉「そんな事ばっか言ってて負けても知らねぇぞ。攻撃する時の能力っていうのはシステムクリーチャーの能力よりは使いにくいが、それでも何度も使われると強力なものが多い。攻撃のリスクがあるから、『出た時』や『バトルゾーンにある時』発揮する能力よりも強めに作られているくらいだ」
フィア「ひえーっ!やっぱり困るのじゃー!」
一本杉「進化でもない限り召喚酔いしているだろうから、その時に破壊しろ。システムクリーチャーと一緒で何度も使わせるな!」

◆おわりに◆
フィア「システムクリーチャーに進化元に攻撃する時の能力を持ったクリーチャーか。危険なクリーチャーは判ったけれど、どれを最初に倒せばいいのか判らなくなっちゃったのじゃ~」
一本杉「だったら、システムクリーチャーを優先的に破壊すればいい。そいつらを放置するのが一番ヤバい。相手の術中にハマって負けるのは、大抵、システムクリーチャーを放置してしまったか、放置せざるを得ない状況になった時だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:もちろん、その時によって本当に優先して破壊しなくちゃいけないのは変わるから、練習して覚えないといけないよ)」

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]