忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[1] [2] [3] [4] [5
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










フィア「うーん、よく判らない効果なのじゃ」
ネギ博士「一体、どうしたんです?」
フィア「《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》を当てたのじゃが、『相手がコマンドまたはドラゴンをバトルゾーンに出す時、相手はそのクリーチャーをバトルゾーンに出すかわりに墓地に置く』っていうのはよく判らんのじゃ!」
ネギ博士「クソッ!スーパーレアの強力カードを引き当てただと!?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士!ちゃんと話を聞いて!質問してるんだよ!)」
ネギ博士「そうだったね。この効果はある程度、年季の入ったプレイヤーならどういうことなのかよく判るんだけれど、最近、始めた人だと判らないかもしれない。今回はこの『クリーチャーをバトルゾーンに出すかわりに墓地に置く』について説明するぞ!」

拍手[2回]

PR
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










フィア「わーい!てんこ盛りスペシャルなのじゃ!特大のボリュームでお送りするのじゃ!」
ネギ博士「てんこ盛りスペシャルになるって時は、大抵、ネタがない時なんですけどね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな事実、知りたくなかったよ!)」
フィア「さあ、つづきを読んで今までの疑問を解決するのじゃ!わしが優しく教えてやるのじゃ!」


拍手[0回]

登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










フィア「ついに《「俺」の頂 ライオネル》を手に入れたのじゃ!これで、ビクトリーカードが出ないネギをやっつけてやるのじゃ!まずはわん太ちゃん相手に練習なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、ぼくは《闘匠メサイヤ》で攻撃だよ)」
フィア「う……。ブロックしたら《ライオネル》と相討ちになってしまうのじゃ。でも、シールドをブレイクされてもシールド・トリガーになるから大丈夫なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《メサイヤ》で攻撃したらシールド・トリガーは使えないよ)」
フィア「でも、《ライオネル》でシールド・トリガーを得るのじゃ!使えるような気がするのじゃ!」
ネギ博士「おやおや、《パーフェクト・アース》が出た時と同じようなやり取りっすね。このケースはわん太ちゃんの言う事が正解だ。それじゃ、今回は「できない」と「できる」についてやってみよう。最近、この手の質問を見かけるような気がするのだ。
あと、フィア先生はビクトリーカードを手に入れたくらいで調子に乗らないでください。いつか《エビセン》4体出して叩き潰してやる」


拍手[1回]

登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・ジャスティス・タダシ
伝説の力を受け継いだ正義のデュエリスト。一子相伝の必殺技で相手を滅ぼす。

タダシ「やあみんな!俺の名はジャスティス・タダシ!今日はみんなでガチンコBESTに入っている再録カードのルールについておさらいしてみようぜ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:変なのが出て来たー!)」
ネギ博士「去年も今年もエイプリルフールネタをやってなかったら出してみたんだ。どうよ?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:どうよ?じゃないよ!ちゃんとやってよ!)」
タダシ「はっはっは、博士!あんたは最高だぜ!」
ネギ博士「ありがと。でも、もう君の出番はない。御苦労だったな」
タダシ「えっ……」
ネギ博士「始めたばかりの人も、中級・上級の人も改めて間違えやすい効果やルールを確認してみようぜ!」


拍手[0回]

登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「このカテゴリも最近ではすっかりご無沙汰になってしまった。それはともかく、今回はこの一年ほどで見かけた勘違いについて書いてみようと思う。前回ではゴッドについて書くって言ってたけれどこっちの方が大事っぽいし」
フィア「このブログを書いているのがネギだという勘違い」
ネギ博士「馬鹿な……!では、今、この記事を書いている私は一体何者なんだ!?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな事はいいから早く書いてよ!)」
ネギ博士「そんな事とはなんだ!私が何者かという問題はそんな事ってレベルじゃないぞ!」
フィア「よぉーし!ネギが混乱している間にわしが間違えやすい効果について解説してやるのじゃ!」
ネギ博士「それだけはやめて!」


拍手[0回]

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]