忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「前回の予告通り、今回から数回かけて攻撃に関する事柄を取り扱っていくぞ」
フィア「わーい!攻撃はデュエマの華なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、複雑な部分も多いよね)」
ネギ博士「そうなのだ。わん太ちゃんが言うように、複雑な部分が多い。第1回で取り扱ったパワーアタッカーも攻撃時の複雑な効果の一つだ。攻撃に関する事柄は一度にはまとめきれないので、少しずつ小分けにしていこう。今回は大まかな『攻撃の流れについて』説明するぞ」


◆攻撃の流れについて書く前に◆
ネギ博士「攻撃の流れについて書く前に基本的な事をおさらいしよう。第3回を見てもらうと判るように、クリーチャーの召喚、呪文を唱える、クロスギアのジェネレート・クロス、城の要塞化などを終えた後、別の段階に移ってから攻撃が始まる。この攻撃をする段階を『アタックフェイズ』と呼んでいたのだけれど(昔はそう呼んでいた本があった気がする)、最近は言わないね。とりあえず、説明するのに判りやすいから、ここではアタックフェイズという単語を使う。
アタックフェイズに突入したら、クリーチャーの召喚、呪文を唱える、クロスギアのジェネレート・クロス、城の要塞化などは基本的にする事ができない。そうなったら、攻撃に専念するしかないのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:あと、クリーチャーは一体ずつ攻撃するよ。漫画だと一斉攻撃とかしているシーンがあるけれど、真似しないで一体ずつ攻撃させようね)」
ネギ博士「あと、基本中の基本だけれど召喚酔いしている(召喚してから1ターン経過していない)クリーチャーは攻撃ができない。以上の事を理解した上で攻撃の流れを説明しよう」

◆攻撃の流れ◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:攻撃の流れについて見ていこう。ここでは、攻撃側プレイヤーを自分、防御側のプレイヤーを相手(もしくは、相手プレイヤー)って書いているよ)」

1:自分のクリーチャーを選び、攻撃を宣言

2:選んだ自分のクリーチャーをタップし、攻撃の目標を相手プレイヤーかクリーチャーに決める

3:自分のクリーチャーの『攻撃する時』の能力(アタックトリガー)が発動する

4:相手の『相手のクリーチャーが攻撃した時』の能力が発動する(相手側のニンジャ・ストライクを使うタイミング)

5:相手プレイヤーがブロッカーで攻撃をブロックするかどうか決める

6:ブロックした場合、自分のクリーチャーの『ブロックされた時』の効果が発動する(自分がニンジャ・ストライクを使うタイミング、《ゲキメツ》など)

7:ブロックしなかった場合、自分のクリーチャーの『ブロックされなかった時』の効果が発動する(例:《誕生の祈》など)

8:ブロックしなかった場合、相手のクリーチャーの『ブロックされなかった時』の効果が発動する(例:《封魔ウェバリス》など)

9:攻撃の目標にクリーチャーを選んだ場合、自分の『バトルする時』の効果が発動する(例:《囚われのパコネコ》など)
その後、相手の『バトルする時』の効果が発動する(例:《死神術師デスマーチ》など)

10:相手プレイヤーを選んでいてシールドがある場合、どのシールドをブレイクするか選ぶ

11::相手プレイヤーを選んでいてシールドがある場合、相手が『シールドがブレイクされる時』の効果を使う(シールド・セイバーなど)

12:相手プレイヤーを選んでシールドがない場合、相手が『相手クリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時』の効果を使う(例:《光姫聖霊ガブリエラ》)

参考資料:デュエルマスターズウィキ 攻撃の項目

ネギ博士「まとめると何故かものすごく複雑になってしまった気がするのは何故だろう。自分側の項目はオレンジで相手側の項目は緑色でまとめてある。複雑に書いたけれど、簡単に言うとこうだ」

1:クリーチャーを選び、攻撃を宣言

2:クリーチャーを攻撃するか相手プレイヤーを攻撃するか選び、タップ

3:攻撃する時の能力を使う

4:ブロックするかどうか相手が決める

5:ブレイクするシールドを選ぶ。もしくは選んだクリーチャーとバトルする。もしくは相手プレイヤーに攻撃。

フィア「簡単って言うけれど、結構難しいのじゃ」
ネギ博士「そうですね。だから、数回に分けてやるんですよ」

◆おわりに◆
ネギ博士「簡単にまとめようとしたら逆に難しくなって「どうしてこうなった」というAAを貼りたい気分だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:アタックフェイズで効果を発動するカード、増えたもんね)」
フィア「いくらわしがベテランでもこんなに複雑じゃ覚えきれんのじゃ~)」
ネギ博士「じっくりやっていきましょう。次回では『アタックトリガーについて』書いていきますよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士も初心者の頃はアタックトリガーの処理でもめたよね。初心者の人がつまづきやすい事だから、きちんとまとめてね!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]