忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「仮面ライダーWのサブタイトルに、ついに『Yの悲劇』が選ばれた!これはミステリ好きとしては見逃せないね!」
フィア「もっと関係のある事を話せ!『Yの悲劇』とか言っても判らない人には、判らないネタなのじゃ!」
ネギ博士「そうですね。もっと関係ある事にしましょう。未だに一部の外人から見た日本のイメージって『スシ、テンプラ、スキヤキ、ゲイシャ、サムライ、ニンジャ・ストライク』みたいなんですよ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:最後の一個だけおかしいよ!)」
ネギ博士「そんな訳で、間違えやすい効果13回のテーマは『ニンジャ・ストライクについて』だ!」
フィア「今回の話は読む時に語尾に「ニンニン」とつけるのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:もうついていけないよ!)」


◆その1:ニンジャ・ストライクとは?◆
ネギ博士「まずは、ニンジャ・ストライクがどういう能力なのか説明しよう。ニンジャ・ストライクとはある特定の二つの条件をクリアした時にコストを支払わずに、ニンジャ・ストライクの能力を持ったクリーチャーを場に出す能力だ。ニンジャ・ストライクを使って場に出たクリーチャーは、出たターンの終わりに自分の山札の下に戻るぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ニンジャ・ストライクを使えるようになる条件は、分のマナの数と攻撃のタイミングに関係しているよ。相手クリーチャーが攻撃してきた時か、相手クリーチャーに攻撃をブロックされた時に使えるんだ!)」
フィア「説明を聞いただけじゃよく判らんのじゃ。具体例を見せて欲しいのじゃ」
ネギ博士「じゃ、ちょっとやってみましょう。私のマナゾーンには、4枚マナのカードがあります。わん太ちゃん、ちょっと攻撃してみて」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:《ハックル・キリンソーヤ》で攻撃だよ!)」
ネギ博士「わん太ちゃんの《ハックル・キリンソーヤ》が攻撃した事で、私がニンジャ・ストライクを使う条件の一つがクリアできました。
ニンジャ・ストライクのクリーチャーには、テキストに『ニンジャ・ストライク○』と書いてあって、○の部分に数字が入ります。例えば、この数字が4だった時にはマナゾーンのカードが4枚以上あれば、ニンジャ・ストライクのクリーチャーを出す事ができます。
てな訳で、ニンジャ・ストライク4の《テンサイ・ジャニット》を召喚!わん太ちゃんの《ハックル・キリンソーヤ》を手札に!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、ぼくはターンを終了するよ)」
ネギ博士「今、わん太ちゃんのターンが終わったので、ニンジャ・ストライク能力を使って召喚した《テンサイ・ジャニット》を山札の下に戻します。
じゃ、今度は別のデッキにして……。わん太ちゃん、次はブロックしてくれ。うおお!《ボルシャック・大和・ドラゴン》でわん太ちゃんを攻撃!」
フィア「本気で叩きのめす勢いなのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、《タージマル》でブロックするよ)」
ネギ博士「わん太ちゃんの《タージマル》がブロックした事で条件の一つがクリアできました。既にマナは充分あるので、ニンジャ・ストライクを使います。《テンサイ・ジャニット》召喚!《タージマル》に《ボルシャック・大和・ドラゴン》はやらせんぞ!」
フィア「熱くなりすぎなのじゃ。でも、ネギ。一回の攻撃やブロックで何度もニンジャ・ストライクを使えば有利に戦える気がするのじゃ。一体しか出さないのはみみっちい感じがするのじゃ」
ネギ博士「一回の攻撃やブロックで使えるニンジャ・ストライクは一回だけなんです。相手が大量のクリーチャーを並べて攻撃する場合、クリーチャーの数だけニンジャ・ストライクを使うチャンスがあるという事ですね」
フィア「なるほど。よく考えられているのじゃ」

◆その2:ニンジャ・ストライクで相手のブロッカーが場から離れた場合◆
フィア「わしもニンジャ・ストライクをデッキに入れてみたのじゃ!わん太ちゃん、勝負なのじゃ!《エンペラー・マルコ》でプレイヤーを攻撃!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《タージマル》でブロックするよ)」
フィア「なんの!ニンジャ・ストライクで召喚した《テンサイ・ジャニット》で《タージマル》を手札に戻し、W・ブレイクなのじゃ!」
ネギ博士「残念ですが、フィア先生、それはできません。相手のブロックによってニンジャ・ストライクが発生し、召喚したクリーチャーの効果で相手ブロッカーが場から離れても、攻撃対象に攻撃は届きません。ブロッカーが離れたところで攻撃は終わります。そんなにおいしい能力だったら、あの時、私が勝っていたのに……!ちくしょー!」
フィア「何かネギのスイッチが入ってしまったみたいなのじゃ……。ところで、ニンジャ・ストライクで攻撃クリーチャーが離れた場合はどうなるのじゃ?」
ネギ博士「前回の『アタックトリガーについて』で書いたように攻撃中にクリーチャーが場から離れたら、それで攻撃は終わります。バトルもシールドブレイクもできません」

◆その3:ニンジャ・ストライクとマナの色◆
フィア「今回のネギのデッキは火と自然で組んだデッキみたいなのじゃ。これならブロッカーはいないはず。攻撃が防がれる事はないからガンガン行くのじゃ!それ!《エンペラー・マルコ》で攻撃!」
ネギ博士「甘いわ!ニンジャ・ストライクで《ハヤブサマル》を召喚!《エンペラー・マルコ》をブロックだ!」
フィア「ネギのマナには光のマナはないのじゃ!なのに、光文明の《ハヤブサマル》が召喚できるなんておかしいのじゃ!」
ネギ博士「ニンジャ・ストライクで重要なのは、マナの数なのです。マナの数さえ足りていれば、そのクリーチャーが持っている文明がマナゾーンになくても出せるのです!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なんかちょっとずるいよね)」

◆おわりに◆
ネギ博士「ニンジャ・ストライクは慣れるまで大変かもしれないけれど、使いこなせれば攻撃も防御も格段に強くなる。絶対に使いこなせるようになって欲しい能力だ。参考資料も読んでしっかり理解してくれよ!」

参考資料:公式ホームページ 基本ルールQ&A ニンジャ・ストライクの項目
参考資料:デュエルマスターズウィキ ニンジャ・ストライクの項目

フィア「使う時は「ニンニン」と言ってより忍者気分を味わうのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんなの嫌だよ!ニンジャ・ストライクのカード使っている人多いからデュエルスペースが「ニンニン」って言葉を発する奇妙な場所になっちゃうよ!)」
ネギ博士「もし「ニンニン」って言う時はほっぺたにうずまきも必要だね。それじゃ、締めの挨拶と行きますか。
このコーナーでは、記事で記載したルールに関する間違いの訂正やご意見などをお待ちしております。間違えたまま伝えちゃったらまずいもんね。よい子のみんなもデュエマのルールで判らない事があったら、公式のQ&ADM vaultさんのFAQデュエルマスターズウィキとかできちんと調べてから他の人に質問しようね!聞くのもいいけれど、いつまで経っても自分で調べないで人に聞いてばかりだと自分の力にならないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:攻撃に関する効果もある程度やったね。次はどうするの?)」
ネギ博士「厳密にいえば攻撃に関する事ではないけれど、攻撃に関連した『タップトリガーについて』というテーマで書こうと思う。最近は少なくなったけれど、面白い能力だし、再録されるカードの中にタップトリガーを使うカードがあるかもしれないからきちんと書いておきたいな」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]