忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652] [651] [650
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「このカテゴリも最近ではすっかりご無沙汰になってしまった。それはともかく、今回はこの一年ほどで見かけた勘違いについて書いてみようと思う。前回ではゴッドについて書くって言ってたけれどこっちの方が大事っぽいし」
フィア「このブログを書いているのがネギだという勘違い」
ネギ博士「馬鹿な……!では、今、この記事を書いている私は一体何者なんだ!?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな事はいいから早く書いてよ!)」
ネギ博士「そんな事とはなんだ!私が何者かという問題はそんな事ってレベルじゃないぞ!」
フィア「よぉーし!ネギが混乱している間にわしが間違えやすい効果について解説してやるのじゃ!」
ネギ博士「それだけはやめて!」



◆《封魔ゴーゴンシャック》の勘違い◆
ネギ博士「まず、《封魔ゴーゴンシャック》について。《サイバー・G・ホーガン》のデッキやクリーチャー主体のデッキで相手の超次元呪文対策に入れた人もいるんじゃないかな?何はともあれ、再録おめでとう。私も嬉しい」
フィア「このシンプルなテキストのどこに勘違いをする要素があるのじゃ?」
ネギ博士「困った事に、この『呪文を唱えるコストは2多くなる』というテキストを『相手だけ』多くなると勘違いしている人がいるのです!気をつけてくれよ!《ゴーゴンシャック》で呪文を唱えるコストが2多くなるのは相手だけでなく、自分もだ!
わん太ちゃん「わんわん(訳:テキストに『自分の』とか『相手の』とか効果を受ける相手が書いていないものは自分も相手も効果を受けるって事を覚えていないといけないね)」
ネギ博士「その通りだね。《ガガ・パックン》は『相手の』と書いてあるからこっちは呪文を使っても大丈夫だ。安心して呪文を使おう」

◆《海底鬼面城》の勘違い◆
ネギ博士「お次はストロング7で再録された《海底鬼面城》だ。これの効果の使い方が難しいのか、きちんと処理ができていない人がいるぞ」
フィア「え?そうなのか?ターンの最初に一枚多く引ける簡単なカードだと思っていたのじゃ」
ネギ博士「じゃ、自分のサイバーロードがある時の処理をしてみて下さい」
フィア「簡単簡単なのじゃ!まず、ターンの最初のドローをして《海底鬼面城》の効果のドローをしてサイバーロードがいるからもう一枚引く。引いたカード合計三枚をくわえた手札の中から一枚山札の下に置くのじゃ!」
ネギ博士「大間違いだ、この野郎!正しい処理の仕方をまとめてあるからきちんと復習しやがって下さい!」
フィア「ひーっ!ネギがキレたのじゃー!」

《海底鬼面城》の効果でドロー

サイバーロードがあるのでもう一枚引く

効果でくわえたカード二枚を含む手札の中から一枚選んで山札の下に置く

最初のドローをする

ネギ博士「テキストには『ターンのはじめに』とあるのでターンの最初のドローの前に効果を使います。だから、最初のドローで引いたカードを山札の下に置く事はできません
わん太ちゃん「わんわん(訳:出た当初は勘違いして最初のドローで引いたカードも含めた手札から山札の下に置いちゃう人が結構いたよね。時間が経って再録されたから、当時を知らない人が判らないまま使っちゃったのかな?)」
フィア「『ターンのはじめに』のタイミングが判らない人は『その3:ターンについて』をチェックなのじゃ!」
ネギ博士「あと、時々勘違いしている人がいるかもしれないけれど、《海底鬼面城》の効果は相手がドローしたとしてもしなかったとしても使える。相手がドローしなかったからと言って使わない事はない。使うべき時はどんどん使おう!」

◆《ガイアール・ゼロ》の勘違い◆
ネギ博士「1000円買うとカードがもらえるキャンペーン最後の一枚《ガイアール・ゼロ》。こういうキャンペーンで気を引くのはいいけれど、毎月やったり4枚必要になりそうなカードでやったりするのは勘弁して欲しいな。このカード自体は好きだけどね」
フィア「《ガイアール・ゼロ》ってブレイクしたシールドの内容も見られる上に、そのカードよりコストが小さいサイキック・クリーチャーを出せるナイスなクリーチャーなのじゃな。ブレイクしたシールド1枚につき、1回効果が使える。W・ブレイカーが運が良ければ2体もサイキック・クリーチャーが出せるのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これって難しいところってあったかな?)」
ネギ博士「そんなに難しいところはない。だが、ブレイクしたシールドのコストと同じコストのサイキック・クリーチャーも出せると勘違いしている人もいるのだ!ブレイクしたシールドのカードと同じコストのサイキック・クリーチャーは出す事ができない!
《ガイアール・ゼロ》のテキストには『その中のカード1枚よりコストが小さい』とある。もし、『その中のカード1枚以下のコスト』とあればそのカードと同じサイキック・クリーチャーは出せる。しかし、『より小さい』とある場合はそのカードと同じコストにはならないのだ。
デュエルロードでこの勘違いをやられて大変な事になったよ」
フィア「その対戦はどうなったのじゃ?負けたのか?」
ネギ博士「ブレイクされたシールドが《アクア・サーファー》だったので《ガイアール・ゼロ》の効果で出された《ユリア・マティーナ》をどかして勝ちましたとも。
ブレイクされたシールドがシールド・トリガーだった時はサイキック・クリーチャーを出してからシールド・トリガーの効果を使う事になるぞ!」

◆おわりに◆
ネギ博士「色々なところで世代交代でも起こっているのか、去年は一昔前に見た勘違いを結構見た気がする。《海底鬼面城》の間違いは、懐かしさすら覚えたぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:色々な人に間違えやすい効果を知ってもらわないとね!)」
ネギ博士「そうだね。
そんな訳で、このカテゴリでは色々な間違えやすい効果やデュエルをやっていて判らない事などを募集しています。公式サイトのQ&Aにも書いてあるけれどよく判らないという事でもOK!コメント欄に書きまくろう!気が向いたらこのカテゴリで詳しく解説するぞ!」
フィア「じゃ、TPPに賛成か反対か質問するのじゃ!」
ネギ博士「せめて、カードゲームの質問にしろ!」
フィア「じゃ、バトスピのルールについて質問するのじゃ!」
ネギ博士「デュエマの質問だけにしろ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]