忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「前回に引き続き、多分、初心者向けの新シリーズ『デュエル・マスターズ:間違えやすい効果』。書いている私もカテゴリが『間違えやすい効果』なのか『間違いやすい効果』なのか間違える時があるけれど、よろしく!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:よろしく、じゃないよ!ちゃんとやってよ!)」
フィア「そうなのじゃ!放置しすぎなのじゃ!」
ネギ博士「いや~、二回目のネタの候補が二つあったんだけど迷ってしまったんだよね。そんな訳で二回目のテーマは『シールドブレイクについて』。今回もはりきって行ってみよう!」


◆例1:シールドブレイクの基本◆
フィア「よぉーし!《ブレイズ・クロー》でわん太ちゃんのシールドをブレイクなのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:五枚あるけれど、どのシールドをブレイクするの?)」
フィア「え……。だから、シールドブレイクなのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:だから、どの……)」
フィア「だーかーらー!ブレイクって言ったらブレイクなのじゃー!」
ネギ博士「だから、どのシールドを選ぶんだっつってんだろ!これ以上、ボケをかますと次回から『ネギ博士とわん太ちゃんによる間違えやすい効果』にタイトル変更しますよ!そして、フィア先生が主役のコーナーは『まなみさんとフィアちゃん先生の罰ゲーム研究室』です。フィア先生が体を張ってまなみさんの罰ゲームを体験するコーナーです」
フィア「ひー!それは嫌なのじゃー!そんなコーナーは駄目なのじゃ!それはともかく、今のわしの行動は何がいけなかったのじゃ?」
ネギ博士「シールドブレイクの基本ですが、ブレイクするシールドは攻撃側のプレイヤーが決めるんです。並んでいるシールドの中から一枚選んで、それにクリーチャーを誘導してやるんですよ。
マンガとかだとブレイクって言えば勝手にパリーンって割れるんですけど、現実はそうはいかない。ちゃんとブレイクするシールドを宣言しましょう」
フィア「え~?でも、何が入っているか判らないんだから、どっちのプレイヤーが選んでも同じだと思うのじゃ」
ネギ博士「わん太ちゃん、フィア先生こんな事言ってるで。《エメラル》とか《アクア・スーパーエメラル》とか貸したげるさかい、これでボコボコにしてやってや!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:その変な似非関西弁はやめてよぅ!)」
ネギ博士「今の似非関西弁の説明で判るように、クリーチャーの中にはシールドの中身を入れ替えるものもあります。攻撃側じゃないプレイヤーがブレイクするシールドを選んだら、どうなりますか?」
フィア「う……。シールド・トリガー連発されてしまいそうなのじゃ」
ネギ博士「その通り。ブレイクするシールドは攻撃側のプレイヤーが決める!これが最大の基本だ!」

◆例2:シールドブレイク時に守って欲しいマナー◆
フィア「じゃ、気を取り直して《ブレイズ・クロー》でこのシールドをブレイク!」
べチッ!
わん太ちゃん「わんわん!(訳:シールドをそんなに強く叩かないでよ!)」
フィア「ブレイクっていうんだから、強いパワーが必要なのじゃ!そうしないとやぶれない気がするのじゃ!」
ネギ博士「物理的にブレイクしようとするとは……。つーか、クリーチャーがブレイクするんであって、あんたがブレイクするんじゃないでしょーが。
そんな事しちゃダメですよ。ブレイクするシールドを選ぶ時は、カードに爪を立てないようにそっと指すだけでいいんです。カードは自分のカードも相手のカードも大切に!」

◆例3:複数ブレイクする時の注意点◆
現在の戦況
フィアちゃん先生:シールド2(便宜上、シールドA、シールドBとする) クリーチャー0
わん太ちゃん:シールド1 クリーチャーは《光神龍スペル・デル・フィン》と《緑神龍グレガリゴン》

わん太ちゃん「わんわん!(訳:《スペル・デル・フィン》でW・ブレイクだ!シールドAをブレイクしてその次にBをブレイクするよ!)」
フィア「ひー!このままじゃ、負けてしまうのじゃー!……あ。Aのシールドは《地獄スクラッパー》でBは《アクア・サーファー》だったのじゃ!今、《グレガリゴン》は攻撃していないから、パワーは4000。でも、呪文だから先に《スペル・デル・フィン》をやっつけるのじゃ!《アクア・サーファー》で《スペル・デル・フィン》を手札に戻して《地獄スクラッパー》で《グレガリゴン》を破壊なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんなのずるいよ!ルール違反だよ!)」
フィア「ずるくない!強い者に文句を言う奴が弱いのじゃ!」
ネギ博士「はいはい、そういう事はルールを守ってからいいましょうね。この場合、フィア先生が間違ってますよ状況を説明しましょう。
結論から言うと、W・ブレイクやT・ブレイクなどの複数ブレイクは一枚ずつシールドをブレイクしていくんです!だから、シールドを一枚ずつ選んで手札に戻し、一枚ずつシールド・トリガーの処理をするんです。
今回の例だと、わん太ちゃんはAを選び、次にBを選んでいます。Aのシールドは何でしたか?」
フィア「え、え~と、《アクア……」
ネギ博士「はい、その通り!《地獄スクラッパー》でしたね!でも、呪文なので《スペル・デル・フィン》がいるから使えません。手札に戻ります。その次にBのシールドのシールド・トリガーを使うんです。これは《アクア・サーファー》だから、使えます。さあ、《スペル・デル・フィン》か《グレガリゴン》か選んでもらいましょう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マンガとかでも同時にブレイクしているように見えるから、二枚同時だって思っちゃう人がけっこういるみたいだね。シールドブレイクは一枚ずつ!これが複数ブレイクの基本だよ!)」

参考資料:公式ホームページ用語辞典 W・ブレイカー T・ブレイカーの項目

◆例4:複数ブレイク中にシールド・トリガーでブロッカーが出た◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:気を取り直して《グレガリゴン》でW・ブレイク!)」
フィア「今度は間違えないのじゃ。一枚ずつ、シールドを手札に加えるのじゃ。……あ、一枚目のシールドが《アクア・リバイバー》だったのじゃ!これで二枚目のブレイクをブロックするのじゃ!」
ネギ博士「そんな事はできないんですよ。別の項目でブロックできるタイミングについて書きますけど、既にブレイクが始まっている攻撃は途中でブロックできない!気をつけてくれよ!」

◆例5:複数ブレイク中にシールド・トリガーで攻撃クリーチャーを除去した◆
ネギ博士「わん太ちゃんばかり、フィア先生をフルボッコにしてずるいや!そんな訳で私も行くぞ!《ボルシャック・大和・ドラゴン》でW・ブレイクだ!」
フィア「わしと戦う理由がひどいのじゃ!……あ、一枚目のシールドが《デーモン・ハンド》だったのじゃ!これで、《ボルシャック・大和・ドラゴン》を破壊するのじゃ!これで、もう一枚のシールドは助かったのじゃ!」
ネギ博士「そんなおいしい話があると思いますか?」
フィア「あ……、やっぱり?」
ネギ博士「例4と同じで複数ブレイク中にシールド・トリガーで攻撃クリーチャーが除去されてもブレイクは続きます!だから、二枚目もブレイク!」
フィア「ひ~!そんなひどいのじゃ~!」

◆例6:複数ブレイク中にシールド・トリガーでシールドが増えた◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:《グレガリゴン》で攻撃!最後のシールドをブレイク!)」
フィア「このままじゃ、負けてしまうのじゃ!むむっ!《深緑の魔方陣》なのじゃ!これでシールドを追加して……。ふぅ、助かったのじゃ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:まだだよ!追加したシールドもブレイクだ!)」
フィア「そんな~!どうして?」
ネギ博士「これは公式ホームページ用語辞典のW・ブレイカーの項目から引用しましょう。

W(だぶる)・ブレイカー能力のあるクリーチャーは、1回の攻撃でシールド2枚を1まいずつブレイクします。
攻撃の順序は1枚目のシールドをブレイクして、相手のシールドゾーンにシールドが残っていれば、2枚目のシールドをブレイクします。
ただし、1枚目のシールドブレイクで、シールドゾーンにシールドがなくなった場合は、攻撃終了となります。

フィア「つまり、1枚目のシールドをブレイクした時に、《深緑の魔方陣》を使ってシールドを増やしたら、増やしたシールドもブレイクされてしまうのか!うわーん!」

◆おわりに◆
ネギ博士「二回目は基本中の基本だけれど、意外と初心者の人が間違えやすかったりするシールドブレイクについての話であった。さりげなくブレイクのマナーも入れている辺り、私ってナイスガイである」
わん太ちゃん「わんわん(訳:自分のカードも相手のカードも大切に扱う事は最大の基本だもんね!)」
ネギ博士「その通り!物理的にブレイクしてはいけないぞ!
ある程度慣れている人は、「いくらなんでもそんな間違いをする初心者はいないでしょ?初心者を馬鹿にするな!」と言いそうだが、このコーナーの例では一部に実際にあった事例を元にしている。つーか、前回の《グレガリゴン》VS《トルネード・フレーム》とか今回の例3とか例6とかは私が初心者の頃、犯した過ちだ。……ところで、犯した過ちって言葉、エロくね?」
フィア「ネギも間違えたんだから、わしも間違えて当然なのじゃ!」
ネギ博士「その通り。間違える事は問題ではないのです。間違えたら、正しいルールを学べばいいのです!みんなも正しいルールを学んでデュエマしようぜ!」


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]