忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「ついに第6回である。前回の予告通り、今回のテーマは『呪文について』だ。ぶっちゃけ、呪文に関する事柄は、クリーチャー、クロスギア、城に比べると間違えやすい事はないと思う」
フィア「嘘なのじゃ!そうやってわしを油断させて笑い物にしようと企んでいるのじゃ!その手には乗らないのじゃ!」
ネギ博士「ちょwww。そんな事しませんってwww」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:笑い物にする気だ!)」
ネギ博士「草生やすの、人生で初めてやってみたんだけれど、やっぱり私には似合わないね。じゃ、つづきでフィア先生を笑い物にしてやろうぜ!」
フィア「笑われてたまるか!」


◆呪文:基本編◆
ネギ博士「呪文です。使い方はクリーチャーと同じで、手札から呪文のカードを選び、マナコストを支払ってカードを相手に見せ、効果を使います使い終わった呪文は(チャージャーやサイクロンなどの一部を除き)墓地に置かれます
フィア「使い捨てなんじゃな」
ネギ博士「そうなんです。使い捨てなんです。バトルゾーンに残る他の三種類と比べてなんと儚いんでしょう。でもまあ、対戦中は儚いとかそんな事考えずにどんどん使っていきましょう」

◆呪文:応用編 空撃ち◆
ネギ博士「応用編では、呪文に関するちょっとした小技「空撃ち」について紹介します」
フィア「空撃ち?それは何なのじゃ?」
ネギ博士「では、実戦してみましょう。今、先生のバトルゾーンにはクリーチャーが一体もいませんね?だが、ここで《クリムゾン・チャージャー》を使う!」
フィア「馬鹿者!わしの場にパワー2000以下のクリーチャーがいないのに使ってどうするのじゃ!わしの場にクリーチャーがいないんだから使えないのじゃ!」
ネギ博士「いや、こういった効果は可能なものだけを処理をするのが正解なのです。《クリムゾン・チャージャー》は「相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する」効果と「唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く」効果があります。フィア先生のバトルゾーンにクリーチャーがいないので「相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する」効果は使えません。だから、それを使わずに「唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く」効果だけを使います。このように効果が使えないのに呪文を使う行為を空撃ちと言います。ルール違反じゃないぞ!」
フィア「だけど、なんだか勿体ないのじゃ」
ネギ博士「そんな事はないですよ。チャージャー呪文だったら、マナを増やすのに使えますし。他にも呪文と相性のいいナイトクリーチャーと組んだとしましょう。例えば、《レオポル・ディーネ》と組めば呪文を使った時に1枚ドロー!《ルドヴィカ》と組めば、ブレイク数が1枚追加!こんな風に呪文を使う事で得をするケースは結構あるのです」
フィア「なるほど。ナイトと組ませるとはいい事を聞いたのじゃ」
ネギ博士「ただし、効果が使えるのに使いたくないから効果を使わないというのは駄目ですよ。上の《クリムゾン・チャージャー》の例だと相手のパワー2000以下のクリーチャーがいたら、破壊したくなくても選んで破壊しなくてはなりません」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 空撃ち

◆呪文の効果が先?クリーチャーが先?◆
フィア「早速《レオポル・ディーネ》を入れてみたのじゃ!というより、呪文をメインにしたデッキを使いたいからネギのデッキを一つ借りたのじゃ!」
ネギ博士「勝手に人のデッキを使うんじゃねー!」
フィア「《レオポル・ディーネ》を召喚して、《フェアリー・ライフ》を使うのじゃ!《レオポル・ディーネ》の効果でドローしてから山札の上のカードをマナに置くのじゃ。それから《エマージェンシー・タイフーン》なのじゃ!《レオポル・ディーネ》の効果でドローしてから二枚引いて一枚捨てるのじゃ!」
ネギ博士「馬鹿者!効果の処理の順番が目茶苦茶じゃないですか!」
フィア「え?だって、《レオポル・ディーネ》の効果で、呪文を使えばドローできるはずなのじゃ!」
ネギ博士「いや、できるんですけどね。効果の処理の順番が問題なんです。
「呪文を唱えた時」に効果を発揮するカードがあった場合、呪文の効果を使ってからそのカードの効果を処理するんです。《レオポル・ディーネ》がいて《フェアリー・ライフ》を唱えた場合、《フェアリー・ライフ》の効果で山札の上のカードをマナに置いて、それからドローします。次に《レオポル・ディーネ》がいて《エマージェンシー・タイフーン》を唱えた場合、《エマージェンシー・タイフーン》の効果で二枚引いて一枚捨ててから《レオポル・ディーネ》の効果でドローします」
フィア「なるほど。1枚ずつ効果を処理していくんじゃな」

◆おわりに◆
ネギ博士「そんなこんなで呪文に関する話をしてきたけれど、デュエルマスターズウィキの呪文の項目を読めば一発で判るんだよね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな身もふたもない話をしないでよ!それに今回、ぼくの出番なかったし)」
フィア「呪文の空撃ちはよく使う事になりそうなのじゃ。それに一枚ずつ処理するのは呪文だけじゃなくてクリーチャーの効果でも言える事なのじゃ」
ネギ博士「クリーチャーの効果に関してはまた別にやる事にします。それだけで一回終わってしまいそうだし。それじゃ締めの挨拶といきますか。
このコーナーでは、記事で記載したルールに関する間違いの訂正やご意見などをお待ちしております。間違えたまま伝えちゃったらまずいもんね。よい子のみんなもデュエマのルールで判らない事があったら、公式のQ&ADM vaultさんのFAQデュエルマスターズウィキとかできちんと調べてから他の人に質問しようね!聞くのもいいけれど、いつまで経っても自分で調べないで人に聞いてばかりだと自分の力にならないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:次回は『クロスギア』についてだよ!)」
ネギ博士「フィア先生の猫耳ってクロスギアですよね」
フィア「違うのじゃ!こら!取ろうとするななのじゃ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]