忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「間違えやすい効果も7回目である。めでたい数字だ。7は孤独な数字だと、とある天才が言っていた事は今回、関係ない。前回の予告通り、今回は『クロスギアについて』語るぞ!「クロスギア」って打とうとして「クロスガイ」になってしまうのは内緒だ!」
フィア「第5回でやったような打ち間違いネタはやめるのじゃ!」
ネギ博士「いや~、ぶっちゃけ、前回の呪文と同じようにクロスギアも間違えやすい部分って少ないと思うんだよね。そんな訳で本題に入ろう」




◆クロスギアを使う:基本編◆
ネギ博士「第3のカードとして登場したクロスギア。第3のビールよりはいいものだと思います。クロスギアはクリーチャーのサポートのためのカードです。基本的に、場に出す事をジェネレートといい、コストを払ってクリーチャーに装備させる事をクロスと言います。クロスギアを使うためには、一部を除いてジェネレートとクロスを両方行わなければなりません」
フィア「両方やるのは面倒なのじゃ~。それに、ジェネレートとクロス、両方にコストを払わなければならないのも面倒なのじゃ~」
ネギ博士「でも、クロスギアは専用のカードでないと、破壊できないんですからいいじゃないですか。一度、ジェネレートすれば破壊されるまで場に残りますよ」
フィア「おおっ!そう考えるとお得な気がするのじゃ!」
ネギ博士「それに、クロスギアは一体のクリーチャーに何枚でもクロスさせる事ができます
つける時の事はこれでいいですね。では、次にクロスギアを外す事について。実は、クロスギアを外すという動作は存在しません
フィア「げげっ!外せないなんて、呪われた装備みたいなのじゃ~。使うのが嫌になるのじゃ~」
ネギ博士「ただし、コストを払って他のクリーチャーにクロスする、クロスしていたクリーチャーがバトルゾーンから離れる時にクロスギアが外れます
フィア「なんだ。結局、外れるのじゃな」
ネギ博士「他にもクロスギアを外す方法はあるんですが、それも何らかのカードの効果によるものですからね。自分の意思では外せないと思った方がいいでしょう」

参考資料:デュエルマスターズウィキ クロスギア ジェネレート クロス

◆クロスギアを使う:シールド・トリガー・クロス編◆
ネギ博士「クロスギアにもシールド・トリガーはあります。それがこのS・トリガー・X(シールド・トリガー・クロス)です」
フィア「シールド・トリガー・クロスはどうやって使うのじゃ?」
ネギ博士「ブレイクされたシールドがある時に効果を使うのは今までのシールド・トリガーと同じです。シールド・トリガー・クロスは、ブレイクされた時にタダでジェネレートできます。さらに、クロスしたいクリーチャーがいれば、タダでクロスまでできるのです!」
フィア「シールド・トリガーで出れば、ジェネレートもクロスもタダなのか!それはすごいのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:シールド・トリガーのタイミングでジェネレートしたけれど、クリーチャーがいない場合、どうなるの?)」
ネギ博士「その場合、ジェネレートだけになる。クロスしたいクリーチャーがバトルゾーンにいる時に、コストを払ってクロスするんだ」
フィア「そういう時はお得感が一気に半減してしまうのじゃ。勿体ないのじゃ」

参考資料:デュエルマスターズウィキ S・トリガー・X

◆クロスギアを使う:進化クロスギア編◆
ネギ博士「クロスギアだって進化します。そんな訳で進化クロスギアについて説明しましょう。これは特定のクロスギアを進化元にしてジェネレートするカードです。進化元はそれぞれ違うのでカードの説明をよく読みましょう。また、進化クリーチャーと同じように進化元の能力は失われるので注意!」
フィア「でも、クロスギアを出してさらにカードを乗せるなんて面倒な気がするのじゃ」
ネギ博士「でも、お得な部分もあるんですよ。既にクリーチャーにクロスされているクロスギアを進化元にした場合、ジェネレートのコストを支払うだけでクロスまでできてしまうんです!」
フィア「クロスする分のコストはタダなのか!それは嬉しいのじゃ!」
ネギ博士「ただし、それはあくまでも進化元がクロスされていた時の話です。クロスされていない状態でジェネレートした場合、普通のクロスギアと同じようにクロスする時には別にマナコストを払わなければなりません」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 進化クロスギア

◆例1:このカードで即席シールド・トリガー・クロス?◆
フィア「一本杉の時計の電池交換代を払う代わりに《星龍パーフェクト・アース》をもらったのじゃ!これで、全てのシールドがシールド・トリガーになるのじゃ!クロスギアも入れてあるから、即席シールド・トリガー・クロスなのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:何を入れたの?)」
フィア「自分のシールドをブレイクしてもいいように《超銀河剣 THE FINAL》を入れたのじゃ!重いからこれをシールド・トリガー・クロスにできたらラッキーなのじゃ!」
ネギ博士「残念だったな!《パーフェクト・アース》や《星龍の記憶》では、クロスギアをシールド・トリガーにしてもジェネレートまでしかできないのだ!クロスは別にマナコストを払うのです」
フィア「馬鹿な!わしのスーパーコンボが使えなくなってしまったのじゃ!」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 《星龍パーフェクト・アース

◆例2:これってジェネレート?◆
フィア「ふっふっふ、わしはネギが想像もつかないような最強のクロスギアを発見してしまったのじゃ」
ネギ博士「え~、マジで~(棒読み)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:全然信じてないね)」
フィア「その名も《流牙 シシマイ・ドスファング》なのじゃ!これは侍マジックを持っているから、ジェネレートした時にサムライのクリーチャーがいれば山札からもう一枚《シシマイ・ドスファング》を探して場に出す事ができるのじゃ!場に出したらさらにもう一枚と山札の中の《シシマイ・ドスファング》がなくなるまで出せるのじゃ!」
ネギ博士「残念だったな!『クリーチャーの召喚について』でクリーチャーを召喚する事と場に出す事は違う、と書いたようにジェネレートと場に出す事も違うのです!」
フィア「なんじゃと!じゃあ、《シシマイ・ドスファング》は山札の中から一枚しか引っ張れないのか!」
ネギ博士「そうなんです。他に特殊な方法で場に出すクリーチャーは《維新の超人》とかがいますね。
コストを払わずにタダで出す侍流ジェネレートはテキストで『ジェネレートしてもよい』と書かれているので《シシマイ・ドスファング》を山札から出す事ができます。
山札から選んで場に出すと言えば、《蒼狼の始祖アマテラス》がいますが、これもテキストに『ジェネレートする』と書いてあります。今後、『ジェネレートする』と『場に出す』の違いが重要になるクロスギアが増えてくるかもしれませんね」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 《流牙 シシマイ・ドスファング

◆おわりに◆
ネギ博士「基本的なカードの解説も次回に予定している『城について』で最終回か」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、説明しなくちゃいけない事はまだたくさんあるよね)」
フィア「マンガで言うところの「俺達の戦いは始まったばかりだ!」という奴じゃな」
ネギ博士「打ち切りかよ!最近のこのブログはこれで持ってるのに打ち切っちゃダメだよ!カードの種類について語るだけで終わったら困るから、まだまだ続けますよ。それじゃ締めの挨拶といきますか。
このコーナーでは、記事で記載したルールに関する間違いの訂正やご意見などをお待ちしております。間違えたまま伝えちゃったらまずいもんね。よい子のみんなもデュエマのルールで判らない事があったら、公式のQ&ADM vaultさんのFAQデュエルマスターズウィキとかできちんと調べてから他の人に質問しようね!聞くのもいいけれど、いつまで経っても自分で調べないで人に聞いてばかりだと自分の力にならないぞ!」
フィア「次回は『城について』か。わしも城みたいな家に住んでみたいのじゃ~」
ネギ博士「耐震強度偽装の城でよければどうぞ。風が吹けば倒れますけど、城です」
フィア「そんなのは嫌なのじゃ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]