忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「しばらく続いた基本的なカードに関する説明もついに最後。今回は『城について』解説するぞ!」
フィア「今回も呪文クロスギアの時と同じように、あまり間違えやすい部分がないというオチになるのに決まっているのじゃ!」
ネギ博士「ぶっちゃけ、クリーチャー以外は間違えやすい部分はほとんどないと言えるんですが、まとめておくべき事はあるんですよ。そんな訳で今回も貼り切っていってみよう!」


◆城を使う:基本編◆
ネギ博士「今から、一年ちょっと前(2008年末)に出てきた城。これはクロスギアと同じように装備させるカードなのです」
フィア「馬鹿な!また、クリーチャーにつけるというのか!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:違うよ!城はクリーチャーじゃなくてシールドにつけるカードなんだ。城のカードを自分の手札から選んでマナコストを払ってシールドにつける事を要塞化っていうんだよ。
要塞化されたシールドがシールドゾーンに残っている限り、城の効果は続くんだ!
1枚のシールドに何枚でも城をつけて要塞化していいんだよ)」
ネギ博士「わん太ちゃんがほとんど説明してしまった。これで、要塞化に関する説明はいいですね」
フィア「シールドにつけるだけで効果を発揮できるのか。面白そうなのじゃ。ところで、城を外したり、別のシールドに移したりはできるのか?」
ネギ博士「特別なカードの効果を使わない限り、自分の意思で城を外す事はできません。ついでに、どういう時に城が外れるのか説明しておきましょう。
城が外れるのは、要塞化されたシールドがブレイクされた時です。シールドのカードを手札に戻し、ブレイクされたシールドについていた城のカードはすべて墓地に行きます
シールド・トリガーを使う時は、シールド・トリガーを使った後で城を墓地に置きます」
フィア「ひぃ~!じゃ、ブレイクされないように気をつけなくちゃいけないのじゃ!」
ネギ博士「それ以外にも、《エメラル》などでシールドを移動させた場合、城は墓地に行きます。なお、《チェレンコ》の場合、シールド・プラスによって一枚のシールドの中にあるカードを増やした後、その中のカードを一枚山札に上に置く事で、シールド自体は移動していない事になります。この場合、城は墓地に行きません。
なんか、説明が面倒臭いけれど、要するに《チェレンコ》の効果では城は墓地に行かないのだ!」
フィア「《チェレンコ》を使えば、要塞化したシールドをいじる事もできそうなのじゃ。悪用できるのじゃ!」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 城の項目 公式HP基本ルールQ&A 城について

◆城を使う:応用編◆
ネギ博士「基本編でシールドがブレイクされたら城は墓地に行くと書きましたが、城の効果でブレイクさせないようにする方法もあります」
フィア「そんなすごい技があったのか!城はすごいのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《無敵城シルヴァー・グローリー》みたいな城だね)」
ネギ博士「そうなのだ。わん太ちゃんが言うように、他のシールドがある時は、他のシールドを身代わりにする城が存在する。『この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに他のシールドを1枚手札に戻してもよい』と書かれた城だ。使い方は簡単。
1:相手が特殊な城(《シルヴァー・グローリー》など)で要塞化したシールドをブレイクしようとする。
2:城によって要塞化されたシールド以外の自分のシールドを選び、手札に戻す。
3:シールド・トリガーだったら、手札に戻す前に効果を使う。
こんな感じです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:だけど、こういう特別な城の能力を使うためには、他の城で要塞化していない事が条件になるよ。シールドにつけるのは一枚だけにしようね)」
フィア「ブレイクを避けられるなら、一枚あれば充分なのじゃ!何だかすごいデッキが作れそうな気がするのじゃ!」

◆城を倒すための裏ワザ◆
フィア「《シルヴァー・グローリー》を入れたデッキを組んだのじゃ!ネギ、勝負なのじゃ!《シルヴァー・グローリー》でシールドを要塞化してターンを終えるのじゃ!」
ネギ博士「うわー、このままではフィア先生のクリーチャーは「必ずバトルで勝つ」という特殊能力を得てしまう。しかも、《シルヴァー・グローリー》はブレイクしようとしても、他のシールドを身代わりにしてしまうんだ。超やばいぞー(棒読み)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:説明的なセリフだね)」
フィア「この最強の城で地獄を見るといいのじゃ!」
ネギ博士「残念だったな!《冥府の覇者ガジラビュート》で《シルヴァー・グローリー》で要塞化したシールドを直接墓地に送る!《シルヴァー・グローリー》も墓地送りだ!」
フィア「そうはいかんのじゃ!他のシールドを身代わりに……」
ネギ博士「それはできないのです。《ガジラビュート》のように直接墓地に送るカードの場合、別のシールドを身代わりにする能力は使えません
わん太ちゃん「わんわん(訳:他に《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》みたいにシールドをブレイクする代わりに墓地に送るクリーチャーでも身代わりにする能力は使えなくなるよね)」
フィア「なんてこった……。最強だと思っていたのに、これは悲しいのじゃ~!」

参考資料:デュエルマスターズウィキ 城の項目

◆城をつけたシールドの数え方◆
ネギ博士「ちょこっとおまけみたいなものを。城をつけたシールドはカードが二枚以上重なっていても一枚のシールドと数えます」
フィア「あまり重要だとは思えないのじゃ」
ネギ博士「今だったらそう言えるんですけれど、《ソウル・アドバンテージ》が猛威を振るっていた頃は重要だったんですよ。これだと、城の数を含めるかどうかで捨てられる手札の数が変わってしまいますし。
これとは別に《命運の守護者ティオス》はシールドゾーンにあるカードを数えるので、城もシールドゾーンのカード一枚として数えられ、パワーが上がります」

◆おわりに◆
ネギ博士「これで基本的なカードに関する記事は全て書いた。だが、間違えやすい効果はまだたくさんある。俺達の戦いは始まったばかりだ!」

ネギふゆ 間違えやすい効果 完


わん太ちゃん「わんわん!(訳:終わらせないでよ!それにこれじゃ、打ち切りエンドだよ!)」
ネギ博士「大丈夫。次回以降のネタもちゃんと考えてあるって。それじゃ締めの挨拶と行こうか。
このコーナーでは、記事で記載したルールに関する間違いの訂正やご意見などをお待ちしております。間違えたまま伝えちゃったらまずいもんね。よい子のみんなもデュエマのルールで判らない事があったら、公式のQ&ADM vaultさんのFAQデュエルマスターズウィキとかできちんと調べてから他の人に質問しようね!聞くのもいいけれど、いつまで経っても自分で調べないで人に聞いてばかりだと自分の力にならないぞ!」
フィア「次回からは何をするのじゃ?」
ネギ博士「また気分次第でやってみるとしましょう。次回は『してもよい、する、の違いについて』だ」
フィア「基礎を押さえたわしに隙はないのじゃ!」
ネギ博士(隙だらけだと思うが、黙っておこう)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]