忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマのルールをきちんと覚えていない。
98d71e61.png










ネギ博士「にーらめっこしーましょ、わーらうと負けよ、タップップ!でお馴染みの『タップトリガーについて』というのが今回のテーマです」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:毎回ボケながら始めないでよ!フィア先生も注意してよ!)」
フィア「にらめっこなら負けないのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ノリノリで始めないでよ!)」
ネギ博士「先生、今日のテーマはにらめっこじゃないんですから。にらめっこでも私が勝つけどな!」
わん太ちゃん「わん……(訳:博士も本気にならないでよぅ……)」


◆その1:タップトリガーとは?◆
ネギ博士「タップトリガーとは、攻撃の代わりにクリーチャーをタップして特殊な効果を使う能力の事です。使える能力はクリーチャーによって異なります。タップ能力とも言います。というか、タップ能力の方が一般的で通じやすいかも」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうして、判りにくい名前を選んだの?)」
ネギ博士「『デュエル・ジャック』でタップトリガーって言ってたんだけどなぁ……」
フィア「攻撃の代わり、という事はタップ能力を使った場合、相手プレイヤーやクリーチャーに攻撃はできないのか?」
ネギ博士「タップ能力を使う場合、効果を使うだけで攻撃はできないです。攻撃の代わり、ですからね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:攻撃の代わりだから、タップ能力は使えるタイミングも攻撃と同じだよ!)」
フィア「攻撃と同じという事は、タップ能力を使った後に呪文を唱えるとかはできないのじゃな」
ネギ博士「そうですね。攻撃の代わりとはそういう事です。攻撃の代わりだから、召喚酔いしているクリーチャーはタップ能力を使えません。基本だけれど、これもちゃんと覚えておいて下さいね」

◆その2:《ピーカプのドライバー》と《ノーブル・エンフォーサー》◆
フィア「ネギの場には《シリウス》がいて《ノーブル・エンフォーサー》もあるという絶対絶命の状態なのじゃ。でも、わしには前のターンに出した《ピーカプのドライバー》があるのじゃ!召喚酔いしていないから《ピーカプのドライバー》をタップして《シリウス》を破壊!」
ネギ博士「説明的なセリフどうもありがとう。それはさておき、今の《ピーカプのドライバー》では《シリウス》を破壊できませんよ」
フィア「そんな馬鹿な!召喚酔いはしていないはずなのじゃ!」
ネギ博士「《ノーブル・エンフォーサー》で《ピーカプのドライバー》が攻撃できなくなっていますからね。召喚酔い以外にも、様々な効果で攻撃不可能になっている場合、タップ能力は使えないぞ!要注意だ!」

◆その3:ブロッカーとタップ能力◆
ネギ博士「《ラ・ウラ・ギガ》に《クリムゾン・ライフル》をクロス!《ラ・ウラ・ギガ》のタップ能力でわん太ちゃんのタップされた《マリエル》を破壊!《ラルバ・ギア》でとどめだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:うわ、やられたー!でも、博士?《マリエル》を普通に攻撃してもいいんじゃないの?)」
ネギ博士「いや、それだと話が始められないし、ニンジャ・ストライクが来るかもしれないし」
フィア「なるほど。クロスギアでクリーチャーにタップ能力を与える事もできるのじゃな。それじゃ。わしも《アクア・ガード》に《クリムゾン・ライフル》をクロス!タップしてネギの《ラ・ウラ・ギガ》を破壊なのじゃ!」
ネギ博士「残念ですが、できないのです」
フィア「またできないとか言って!わしを仲間外れにするような事言うななのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:落ち着いてよ、先生。そして、タップ能力を使うための条件を思い出して。タップ能力を使うためには攻撃できる事が条件として必要だったでしょ?
博士の《ラ・ウラ・ギガ》は相手のバトルゾーンにタップされた《マリエル》がいたから攻撃できたでしょ?でも、先生の《アクア・ガード》は元々攻撃できないブロッカーだから、召喚酔いしていなくてもタップ能力は使えないんだよ)」
ネギ博士「つまり、クリーチャーのみ攻撃できるクリーチャーの場合、相手クリーチャーがタップされていればタップ能力が使えるのです。もし、《アクア・ガード》でタップ能力を使うのであれば、《ダイヤモンド・ソード》などで攻撃できるようにしてやれば使えるようになりますよ」

◆その4:タップ能力を2つ持つ場合◆
フィア「なるほど。大分判って来たのじゃ。今度は《ピーカプのドライバー》に《クリムゾン・ライフル》をクロス!2つのタップ能力を同時に使う最強のクリーチャーの誕生なのじゃ!ブロッカーもパワー2000以下のクリーチャーも破壊できるから、一度のタップで合計2体破壊できるのじゃ!」
ネギ博士「おー、すごいアイディアですね。できない、という点に目をつぶれば」
フィア「できないのか!?」
ネギ博士「クロスギアなどで1体のクリーチャーが2つ以上のタップ能力を持った場合、どれか1つを選んで使う事になります。私だって、《クリムゾン・ライフル》が出た時はブロッカーも2000以下も同時に狙い撃ちできると思っていたさ、チクショー!」
わん太ちゃん「わん……(訳:博士も考えていたんだね)」

◆その5:強制攻撃の場合◆
ネギ博士「コメントを頂いてから、急いで修正しています。これを忘れているとは……。失敗失敗」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手のバトルゾーンに《バルホルス》みたいな攻撃を強制するブロッカーがいたり、《ファントム・ベール》とかで攻撃を強制されていたりする場合、タップ能力じゃなくて攻撃を優先しなくちゃいけないんだ)」
ネギ博士「《ブレイズ・クロー》みたいに『可能な限り攻撃する』クリーチャーに《クリムゾン・ライフル》をつけた場合でも『可能な限り攻撃する』が優先になるからタップ能力は使えないね。念のため、参考資料のページも目を通してチェックして欲しい」

参考資料:デュエルマスターズウィキ タップ能力の項目

◆おわりに◆
ネギ博士「終わる前に今回、ツカミのネタで考えていたけれど没になったセリフを言ってみる。『お前の咎、タップしてやる!』」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それ、厨二病なのか、ギャグなのかよく判らないよ)」
ネギ博士「そうだね。だから、書く時になってにらめっこを思いついた時には救われた気分になったよ」
フィア「そんな事で救われた気分になるななのじゃ!」
ネギ博士「そう言わないで頂きたい。ツカミのギャグは毎回、考えるのが大変なんです。それじゃ、締めの挨拶と行きますか。
このコーナーでは、記事で記載したルールに関する間違いの訂正やご意見などをお待ちしております。間違えたまま伝えちゃったらまずいもんね。よい子のみんなもデュエマのルールで判らない事があったら、公式のQ&ADM vaultさんのFAQデュエルマスターズウィキとかできちんと調べてから他の人に質問しようね!聞くのもいいけれど、いつまで経っても自分で調べないで人に聞いてばかりだと自分の力にならないぞ!」
フィア「もう攻撃に関する効果はバッチリなのじゃ!」
ネギ博士「覚えたそばから忘れていく人が言うと怖い。攻撃に関する事はある程度やったので次回は別のテーマにするのは事実ですけど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:次回は何について書くの?)」
ネギ博士「特殊能力とかも考えたけれど、まだ基本的なテーマで触れていないのがあった。次回は『多色カードについて』だ!ドリームパック4で多色カードが入るような気がしないでもないから、今の内に多色カードについて再確認しておこう!」
フィア「再確認しないと、画面の向こうにいるお前の色鉛筆が全部、黒だけになるのじゃ!」
ネギ博士「それは嫌過ぎる!」

※コメントを反映し、その5を追加しました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
どうも。自称ゴースト使い、プラズマです。
お久しぶりです。

タップトリガーでもう一つ、間違えやすい点があったので、一応報告しておきます。

<相手が『バルホルス』を従えており、こちらが『ピーカプのドライバー』のタップトリガーを使う際は、攻撃が強制されるため、タップトリガーが使えない>というもの。
『ノーブル・エンフォーサー』の件とは真逆で、「攻撃しなければならない時は、タップトリガーよりも攻撃が優先される」という事ですね。
プラズマ| | 2010/05/03(Mon)11:10:31| 編集
Re:無題
プラズマさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。項目を追加し、修正いたしました。
【2010/05/03 21:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]