忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「ひどいタイトルだ。毎日組むのは無理だ。
そんな訳でまたPSデッキである。メタとかは全然考えていない。いつも通り、悪ノリだけで組んでいるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ちゃんとメタとか考えてよ!)」


 『どすこいホーガン
・クリーチャー
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 霊騎ラグマール
4 x 腐敗聖者ベガ
3 x 腐敗無頼トリプルマウス
4 x アクア・サーファー
1 x 冥府の覇者ガジラビュート
1 x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
2 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
1 x 魔刻の斬将オルゼキア
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 終焉の狂兵ブラック・ガンヴィート
4 x サイバー・G(ジー)・ホーガン
・呪文
4 x フェアリー・ライフ
4 x エナジー・ライト
3 x 超次元フェアリー・ホール
・サイキック・クリーチャー
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
3 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の探検家ジョン/冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の鬼若コーシロウ/戦鬼の覚醒者ダンジューロウ
 
ネギ博士「《サイバー・G・ホーガン》を使ったデッキ『どすこいホーガン』だ。昨年末に《ホーガン》のデッキを組み始めてから約2カ月。ようやく、ちょっとはましなのが出来た気がする」

◆呪文が入っていて大丈夫か?◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ホーガン》って連鎖のクリーチャーだよね?能力を使う事を考えるなら、呪文はなしにしてクリーチャーだけにした方が成功しやすいんじゃない?)」
ネギ博士「確かにその通りだ。しかし、出足が遅れるのが嫌だから《フェアリー・ライフ》を入れ、どうも手札が足りなくなる事が多いから《エナジー・ライト》を入れた。両方とも入れない時よりもスムーズに動けるようになったから採用した。
《フェアリー・ホール》はサイキック・クリーチャーを出すためだね。《ダンジューロウ》を使えば、マナにあるクリーチャーを出せるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ホーガン》が一番重いから、どのクリーチャーでも出せるんだね)」

◆《ホーガン》がめっちゃがんばる◆
ネギ博士「こういうコスト踏み倒しでクリーチャーを出すデッキだから、入れるクリーチャーは出た時の効果がある奴を多くしている。防御の事を考えて《ベガ》も入れているし、重いクリーチャーにつなげるために《トリプルマウス》も入れている。何だかんだ言って出た時に手札捨てる奴は心強い。
手札を捨てると言えば、最も豪快に手札を捨てるのが《ブラック・ガンヴィート》だ。これは軽いT・ブレイカーだから入れた。《ホーガン》でこれと何か1体クリーチャーを出せば、次のターンに《ガンヴィート》と《ホーガン》で相手シールドを全てブレイクして残りの1体でとどめを刺せるからだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:自分の手札が減るけれど、どうするの?)」
ネギ博士「《ダンジューロウ》でマナを手札代わりに使う。複数のクリーチャーを出した後に《ダンジューロウ》でダイヤモンド・エイヴン》を出すってのもおもしろいよね。出たクリーチャーが疑似的なスピードアタッカーとなって特攻してくるんだから」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そっかー。《ダイヤモンド・エイヴン》で召喚酔いを解除か~)」
ネギ博士「他に個人的に好きと言うか出したいカードは《ガジラビュート》かな。今後、ビートダウン対策にシールドにシールド・トリガーを仕込むのとかが流行ったら活躍するし。相手の《パーフェクト・ギャラクシー》が出た後にドヤ顔で出すと楽しいし」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ひどい!シールド・フォースが解除されちゃうよ!)」
ネギ博士「どうだ。《ガジラビュート》はひどいだろう」

◆おわりに◆
ネギ博士「まさか4色でデッキを組めるとは思わなかった。4色以上のデッキを組むのが苦手なんだよね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:《ホーガン》ならコスト踏み倒しができるから、あんまり気にしなくてもいいよね!)」
ネギ博士「その通りだ。ビートダウン相手にはちょっと苦戦するかもしれないけれど、《ホーガン》でクリーチャーを増やすのは快感だぞ!みんなもコスト踏み倒しで遊んでみよう!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]