忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラ。

ネギ博士「私は気付いてしまった。デュエマに必要なものは、筋肉だ!」
一本杉「どうした。暑さで頭をやられるってのは聞いた事があるが、お前は寒さで頭をやられたのか?」
ネギ博士「そんなわけで、焼き肉を食べに行こう!焼き肉とビールの組み合わせは素敵だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:結局、それが言いたかっただけじゃないの!)」


◆ビートダウンの新たな敵とは?◆
ネギ博士「さて、マッド・ロック・チェスターの発売で喜んでばかりもいられない。というより、このデッキに入っているとあるカードの存在がビートダウンを殺す事になりかねないのだ」
一本杉「馬鹿な……!そんな強力なカードがあったのに、お前が気付かないなんて事があったのかよ!」
ネギ博士「迂闊だった。奴には何度も苦汁をなめさせられていたというのに、最近、再録されていなかったから、その辛い記憶を忘れていた。今こそ、声高らかに叫ぼう。我々ビートダウン馬鹿の天敵。その名は《憎悪と怒りの獄門》!!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:天敵なの?)」
ネギ博士「調子に乗っているとこれ一発で逆転されてしまうってのがたまにある。今なら、セットでとんでもない事になる《呪紋の化身》がプレミアム殿堂になっているからシールド・トリガーで防げるかもしれない。
だけど、ビートダウンってそんなにシールド・トリガー入るか?というより、最近はシールド・トリガーよりもニンジャ・ストライクで守るのがトレンドになっているよね」
一本杉「相手のシールドが0。こっちが無傷の状態で一気に逆転される危険性があるって事か。恐ろしいぜ」
ネギ博士「何が恐ろしいかって、スーパーデッキで再録される事により、色々な人の手にこのカードが渡る事が一番恐ろしい。これからビートダウンを使って戦おうという人は、このカードが出ないか注意して戦うべきだ」

◆マッチョなデッキ◆
『バリアント馬刺しソーダ』
・クリーチャー
1 x パルピィ・ゴービー
4 x 西南の超人(キリノ・ジャイアント)
2 x ストーム・クロウラー
1 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x アクア・サーファー
4 x 剛撃戦攻ドルゲーザ
3 x 緑神龍ディルガベジーダ
・進化クリーチャー
3 x 大神秘アスラ
2 x 超神龍バリアント・バデス
4 x 鼓動する石版
4 x フェアリー・ライフ
1 x 母なる紋章
2 x エナジー・ライト
1 x サイバー・ブレイン
4 x ナチュラル・トラップ
 
ネギ博士「そんな訳で、上の記事とは関係ないけれど、マッチョなデッキだ。「ぬぅん!パワーで全て解決じゃい!!」みたいな頭悪そうなデッキを組みたいと思って色々やっていたらこうなった」
一本杉「関係ないのかよ!」
ネギ博士「ああ、関係ない!だけど、ビートダウンを意識した構成にはしているし、速攻対策として《大神秘アスラ》を入れている。逆にいえば、このクリーチャー以外に速攻対策と呼べるカードはない。
ドルゲーザをメインにしたデッキを組んでいたら、速度に不満があったから色々いじっている内に《バリアント・バデス》を入れてみたんだ。そうなったらフルパワーにするために《ディルガベジーダ》が必要だとも思ったけれど、《ドルゲーザ》二体とか《アスラ》二体とかでフルパワーになるから、これはいらないかもしれないね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:これも、一気に四枚シールドをブレイクできるから速攻に押されている時に逆転できるかもね!)」

◆終わりに◆
ネギ博士「久しぶりに納得のいくデッキができた。これからもっと改良するけれど」
一本杉「よし!その調子で今年もビートダウンデッキを組みまくれ!組めなかったら、罰ゲームな」
ネギ博士「そんな、まなみさんみたいな事を……。ま、まさか!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:よく判ったね)」
ビリビリ
ネギ博士「馬鹿な!わん太ちゃんの中からまなみさんが!つーか、入りにくくなかった?」
まなみさん「……いいビートダウンができなかったら罰ゲーム。……くすくす」
ネギ博士「なんてこった。ビートダウン馬鹿の本当の天敵は《憎悪と怒りの獄門》ではなくて、身近にいる存在だったのか!うわーん、一本杉、助けてー!」
一本杉「無理だろ。諦めてビートダウンデッキを作れ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]