忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [774
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・地獄万力子(じごくまんりきこ)
落ちついた常識人に見えるが、『いたいの』を人に入りこませるのが大好き。
04268772.png










ネギ博士「さて、名古屋遠征デッキ紹介も三回目である。何度もいうけれど、去年の9月下旬のデッキだということを忘れないでいただきたい」
万力子「遠征の後にすぐ公開していれば、その説明もいらなかったんですけどね」
ネギ博士「気にするな!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士は気にしてよ!)」
ネギ博士「さて、今回は鬼畜攻めなデッキだ。当時流行っていたデッキを対策しようと考えて試行錯誤した記憶がある」
万力子「き、鬼畜攻めですか!」
ネギ博士「万力子ちゃん、そんなに頬を赤く染めて興奮しないでくれたまえ。それじゃ、つづきからデッキを見るのだ」

ジャック・ヴァルディ編はこちらをクリック!
連ドラ編はこちらをクリック!



『鬼畜攻めホーガン』
・クリーチャー:40枚
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x クゥリャン
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
3 x 停滞の影タイム・トリッパー
2 x 緑銅の鎧(ジオ・ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 駿足の政(イダテン・キッド)
2 x ジェノサイド・カイザー
1 x 龍神ヘヴィ
1 x 封魔ガルマジアス
4 x アクア・サーファー
2 x 反時空の化身(アンチ・サイキック・トーテム)
2 x ガイアクラッシュ・クロウラー
2 x 復讐のバイス・カイザーZ(ゼータ)
3 x 萎縮の影チッソク・マント
4 x サイバー・G(ジー)・ホーガン

ネギ博士「これが私の《サイバー・G・ホーガン》デッキ。その名も『鬼畜攻めホーガン』だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:もっといいデッキ名はなかったの!)」
ネギ博士「組んだ時に「ああ、これって鬼畜攻めって名前がぴったりかもな……」って思ったからこうなったのだ。これ以上にぴったりくる名前は思いつかないよ!」

◆このカードで鬼畜攻め!◆
ネギ博士「切り札の《サイバー・G・ホーガン》が出るまでちくちく攻めるのがこのデッキである。まずは《タイム・トリッパー》で相手のマナの動きを止める!」
万力子「相手の動きを制限して、こっちは急いで次の動きを考えるんですね」
ネギ博士「そういうこと。そして、次の鬼畜攻めカードは《バイス・カイザー》だ!ビートダウンではないデッキだったら、5マナくらい溜まっていれば出せる。それで一気に相手の手札にある呪文を捨て去るのだ」
万力子「相手のショックは相当なものですね。でも、これで終わりではないのでしょう?」
ネギ博士「その通り。最後の必殺兵器がこの《ガイアクラッシュ・クロウラー》だ!これでタップされた相手の呪文はアンタップ不可能!こっちのカード?フルクリーチャーだから問題ないぜ!」
万力子「呪文が多いデッキなら、このカード一枚で身動きが取れなくなることもありますね」
ネギ博士「実はこの三枚は、元々Nエクス対策に考えて入れたものだったんだよ。呪文もある程度入っているみたいだし、マナにある呪文潰せば動きをかなり遅くできるかなって。Nエクスにはまあまあってとこだった。《ミラクルとミステリーの扉》をメインにしているデッキにはかなり効いて《ガイアクラッシュ・クロウラー》を出した後は相手に何も出させないで勝ったこともあるよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:呪文メインのデッキが相手だったら《バイス・カイザー》と《ガイアクラッシュ・クロウラー》で何とかできそうだよね)」

◆縁の下の力持ち◆
ネギ博士「《ホーガン》は重い。だから、早く出す方法を考えないと。《ジャスミン》と《青銅の鎧》の他に《緑銅の鎧》を入れてみたんだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:4コストでマナを増やせるクリーチャーは他にもいると思うけれど、これを入れたのは何で?)」
ネギ博士「《クゥリャン》とか《タイム・トリッパー》とか後半になるといらなくなるクリーチャーがいるから、それをマナに変えるのに使うんだ。そうすれば、《ホーガン》で強力なクリーチャーを出す確率が増えるからね!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なるほど~。ドローは《クゥリャン》と《ヘヴィ》に任せるんだね)」
ネギ博士「そういうこと。ドローのカードを増やすことも考えたけれど、それよりも先にマナを増やす方が先決だった。マナを増やして《ガイアクラッシュ・クロウラー》みたいなW・ブレイカーを出せば時間稼ぎもできるし、それで殴って勝つことも可能だからね」
万力子「《ガイアクラッシュ・クロウラー》以外のフィニッシャーと言えば《反時空の化身》ですね」
ネギ博士「そうなんだよ。《青銅の鎧》とか《クゥリャン》がいて、相手のサイキックがいる時にこれ出せば殴り切って勝てるから。《ホーガン》のデッキだけれど、《ホーガン》まで待たなくても勝つように組んでいるんだ」

◆悪ノリ枠◆
ネギ博士「お待たせしました。悪ノリ枠です」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:待ってないよ!)」
ネギ博士「まず《駿足の政》。何故か、このデッキを組んでいた時、8枚以上シールド・トリガーを入れたい衝動に駆られて入れた。手札補充に使えそうだし。意外なほどに使わなかったな。最初は4枚くらい入れていたのが今では2枚だし」
万力子「でも、うまく使えば《反時空の化身》を入手して次のターンで出せますよね」
ネギ博士「そんなこともある。次は《ジェノサイド・カイザー》。構築済みデッキを買っていて使っていなかったのでノリだけで入れてみた。一応、早いデッキと戦った時のためのシールド攻撃要員として入れたものだ。《ガルマジアス》も同じ。軽くてパワーが強いW・ブレイカーという意味で入れてある。この辺りは出すと失笑ものだったけれど、使えないことはない」
わん太ちゃん「わん?(訳:強いの?)」
ネギ博士「そんなに強いとは言えない。ただ、軽量W・ブレイカーが多いと落ち着く。最後に《チッソク・マント》だが、これは単純に「せっかくレアなのだから使わなくちゃ勿体ないよな。シールド・トリガーだし」という理由だけだ」
万力子「せめて《パーフェクト・マドンナ》対策くらい言ってください!」
ネギ博士「じゃ、《パーフェクト・マドンナ》対策だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:じゃ、とか言わないでよ!)」
ネギ博士「早いデッキ対策になるかな~と思って入れたけれど、そんなにものすごく強いわけじゃないよね。今だったらここを《待ち伏せオニゾウ》にしていたかもしれない。これを組んでいた時がビクトリー・ラッシュの発売直前で、旅立ちの日の前日がビクトリー・ラッシュの発売だったからそこまでできなかったんだけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:フラゲとかできないし、博士は新しいカードへの対応が遅いからね)」

◆この形に至るまでの道のり◆
ネギ博士「最初は漠然と《ホーガン》で組もうとか思っていた。で、《ホーガン》で組むならまずは水と自然だなって考えて、その後で3色目を考えた。火はスピードアタッカーが多くて好みだったけれど、強いスピードアタッカーのW・ブレイカーはほとんど別のデッキで使っていたので断念しようか迷う。光はうまく使えなかったので断念。この辺りで《ボルメテウス・武者・ドラゴン》と《ボルシャック・大和・ドラゴン》を入れた火文明バージョンと闇文明バージョンに絞った」
万力子「ドラゴンを選んだのはカッコイイからですか?」
ネギ博士「そこまで単純じゃないさ。この時は《緑銅の鎧》の枠を《エコ・アイニー》にしていたんだ。だから、《エコ・アイニー》でマナを増やせるようにドラゴンを増やしたんだ。まあ、本当はドラゴンがカッコイイからだけど」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:やっぱり単純な理由だった!)」
ネギ博士「そんな訳だから、闇文明側も《ギランド》とか入れたドラゴン・ゾンビメインにしていたんだよ。でも、どっちのタイプも思ったより《エコ・アイニー》でマナが増えなかったから《エコ・アイニー》ではなく《緑銅の鎧》にしたんだ。《ジェノサイド・カイザー》とか《バイス・カイザー》が入っているのはその時の名残ね」
万力子「《反時空の化身》や《ガイアクラッシュ・クロウラー》はいつ入れることに決めたのですか?」
ネギ博士「結構最初の方だと思うよ。手札破壊されるのが無茶苦茶嫌いだから《反時空の化身》はどのバージョンでもスペースを割いて入れたもの」

◆おわりに◆
ネギ博士「結構自信作。遠征用に新しく組んだ中ではお気に入りのデッキだよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今だったら《ミラクルとミステリーの扉》対策のカードも多いと思うけれど、このデッキに入ったカードも試して欲しいよね!)」
ネギ博士「その通り!さあ、そこの君も私と一緒にレッツ鬼畜攻め!」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]