忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「さて、大阪遠征のレポートを待っている人が結構いると思うが、それより先に今回の遠征用に組んだデッキを紹介しよう。参考にするもよし。自分だったらこうやって改良すると考えるのもよし。質はともかく、量だけはあるぞ!」


『すべてが武器になる』
・クリーチャー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x 壊滅の撃墜王エスコバルトZ(ゼータ)
4 x 魔光帝フェルナンドVII世
・呪文
2 x マインド・リセット
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x スパイラル・ゲート
4 x ゴースト・タッチ
4 x フェアリー・ライフ
1 x 鼓動する石版
4 x エナジー・ライト
1 x 転生プログラム
1 x アンラッキーダーツ
1 x ディメンジョン・ゲート
3 x 陰謀と計略の手
4 x カラフル・ダンス
4 x ナチュラル・トラップ

ネギ博士「かつて、PSデッキとして組んだ『すべてがFになる』の通常版だ。他のデッキを組んだ後に余った時間で組んだデッキなので、サイキック・クリーチャーが入っていない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:使いたい超次元呪文が足りなかったんだよね)」
ネギ博士「うむ。それでは、解説行ってみよう!」

◆キーカードとそれを活かす方法◆
ネギ博士「このデッキの切り札は《フェルナンド》だ。これを活かすためには墓地に呪文を置きまくる必要がある。だから、軽い呪文を多く入れる、墓地を増やす呪文を入れる事で《フェルナンド》の能力を活かすようにした」
わん太ちゃん「わんわん(訳:墓地を増やすのに一番使えるのは《カラフル・ダンス》だね!でも、4枚は多すぎるんじゃないの?)」
ネギ博士「これにも意味がある。今までだったら2枚にしていただろう。しかし、今は《サイバー・N・ワールド》の登場によって簡単に墓地が空にされてしまう。故に、一回で墓地の呪文が5枚になるようなこのカードが4枚必要なのだ!4枚あれば《N・ワールド》の能力で5枚引いた時に1枚くらい引けるかもしれないからね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナを増やす自然文明のカードを入れているのも《N・ワールド》対策だね。《N・ワールド》は墓地と手札を目茶苦茶に出来るけれど、マナには手を出せないからね)」
ネギ博士「その通りだ。墓地増やしとマナブーストで《フェルナンド》を出しやすくしたのだ!」

◆闇のカードで妨害しよう!◆
ネギ博士「軽量な呪文は多く入れてある。まず、闇の呪文を紹介しよう。
手札破壊要員として《ゴースト・タッチ》4枚と《マインド・リセット》2枚、そして《アンラッキー・ダーツ》を1枚入れている。《ゴースト・タッチ》は大抵、どんな状況でも使えるから4枚入れておいた。《マインド・リセット》は序盤から使いまくるのもいいけれど、手札にキープしておいて相手が超次元呪文を使いそうなタイミングで使うのもいいんじゃない?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:最近は《ジオ・ザ・マン》でマナから回収する人が多いから、それを見た後で《アンラッキー・ダーツ》を使うのもいいかもね。数字を当てやすいよ!)」
ネギ博士「そして、除去には《陰謀と計略の手》を使う。相手が《キル》を出しさえしなければサイキック・クリーチャーは怖くないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:サイキック・クリーチャーを超次元ゾーンに戻した上に手札を1枚捨てられるもんね)」

◆水と自然のカードで準備◆
ネギ博士「《エマージェンシー・タイフーン》と《エナジー・ライト》で手札と墓地を増やし、《フェアリー・ライフ》と《鼓動する石板》でマナを増やし、《カラフル・ダンス》でマナを入れ替えつつ墓地を増やす!手札に《フェルナンド》が来なかったら《ディメンジョン・ゲート》で無理にでも手札に加えるぞ!今思えば《ディメンジョン・ゲート》は2枚にしてもよかった気もする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《フェルナンド》がマナに送られたらどうするの?)」
ネギ博士「その時は《カラフル・ダンス》で墓地に送る。その後は《エスコバルト》の返霊で無理矢理山札にも押す」

◆相手クリーチャーをやっつけろ!◆
ネギ博士「基本的に除去は《フェルナンド》の能力でやるんだが、それ以外にも除去のカードは入れている。《スパイラル・ゲート》と《転生プログラム》は使えたら使おうみたいなノリで入れてある。《転生プログラム》は自分の場に撃って墓地の呪文を増やしながら《フェルナンド》を出すのに使う事もあるし、呪文が多い相手のデッキの山札を減らすのに使う事もあるぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:確定除去に《ナチュラル・トラップ》を入れたんだね。《デーモン・ハンド》じゃないの?)」
ネギ博士「自然文明のカードが少なくなってしまうから色合わせの意味があって《ナチュラル・トラップ》にしたんだ」

◆他のクリーチャー◆
ネギ博士「軽い呪文が多いから《アマテラス》で選べるものも多い。そして、このデッキのチャームポイントは《エスコバルト》だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これはどういうクリーチャーなの?)」
ネギ博士「このクリーチャーは7枚の墓地のカードを山札の下に戻す事でコスト7以下のクリーチャー(こいつ以外)を破壊する事ができる。つまり、《セツダン》も《アンタッチャブル・パワード》も破壊できるのだ!《アンタッチャブル・パワード》だけを殺す機械だよ!
まあ、他にも大量の小型クリーチャーに囲まれたら撃つ手がなかったから入れたとか、1枚持っていたけれど使い道が見つからなかったから入れたとか、そういう理由もあるんだけどね。前から使ってみたかったのだ」

◆おわりに◆
ネギ博士「まずはコントロールっぽい《フェルナンド》デッキを紹介した。これからも大阪遠征のデッキをどんどん紹介するぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:次回は何を紹介するの?)」
ネギ博士「次回は単色デッキの紹介だ。かつてトップメタに君臨していたあのデッキの改良版を紹介するぞ!」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]