忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「前回に続き、今回もデッキの紹介だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:参考にするだけじゃなくて、自分だったらどうやって改良するか考えながら見るといいかもしれないね)」


『白井先生の実験室』
・クリーチャー
4 x マリン・フラワー
4 x ムゥリャン
4 x キュート・ウィスパー
3 x 電磁封魔ロッキオ
3 x チェレンコ
1 x パラダイス・アロマ
3 x 斬隠テンサイ・ジャニット
1 x フォーチュン・ボール
・進化クリーチャー
4 x エンペラー・ティナ
1 x アストラル・リーフ
3 x エンペラー・マリベル
1 x アストラル・ラッシュ
・呪文
1 x スパイラル・ゲート
1 x ストリーミング・シェイパー
2 x サイバー・ハンド
・城
4 x 海底鬼面城

ネギ博士「水単色のサイバー進化速攻デッキ、『白井先生の実験室』だ。これを公開すのは初めてじゃないはず。多分、『人形の生贄』の最初のバージョンの奴と同じくらいの時に一度公開している」
わん太ちゃん「わんわん(訳:水単色のデッキは見かけなくなっちゃったね。《クリスタル・スーパーパラディン》が出たからそれを入れるようなデッキは出てくるかな?)」
ネギ博士「これを4枚手に入れる予算はなかったから、そういうデッキにするのは諦めたよ。という訳で今回も解説行ってみよー!」

◆超軽量!サイバー進化クリーチャー!◆
ネギ博士「過去に流行ったサイバー進化の復刻版みたいなのを意識したから、進化先のクリーチャーもそれに合わせたのにしている。《エンペラー・ティナ》でいきなり進化したり《エンペラー・マリベル》で相手クリーチャーをどかしたり《アストラル・リーフ》で引いたり《アストラル・ラッシュ》で不利な状況から逆転したりとかね。やっぱり、《アストラル・リーフ》はいいね。3枚引けるのが良すぎだよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:うまく行けば2ターン目から攻撃できるもんね。ところで、進化元はどんなのを選んだの?)」
ネギ博士「見てくれ。こっちも軽くて優秀なのを集めたぞ!」

◆超軽量!サイバーな進化元!◆
ネギ博士「最軽量のサイバーという事で《マリン・フラワー》4枚。それと今回は《キュート・ウィスパー》と《ムゥリャン》を4枚ずつ入れてみたんだ。
今までサイバーがつく2コストのクリーチャーはパワー1000が多かったから《ローズ・キャッスル》にものすごく弱かった。だけど、これならパワー2000だから《ローズ・キャッスル》も怖くはない。安心して進化できるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ローズ・キャッスル》を乗り越えられるのはいいね。ほとんどが2コスト以下なんだね)」
ネギ博士「そうなのだ。軽い奴ばかりを集めまくったぞ!
《フォーチュン・ボール》を入れたのは速攻で手札が足りなくなるからだ。手札補充のカードも入れてあるけれど、軽いカードばかり使っているから手札の消費は早い。このデッキなら条件をクリアするのは容易いからこれで引けないって事はないはず」

◆これで手札を増やせ!◆
ネギ博士「サイバー進化だから、もちろんこれを入れてある。《海底鬼面城》だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手も増えるけれど、増えた手札を使う前に決着をつければいいんだもんね)」
ネギ博士「その通り。そして、水単色専用の超絶手札補充《ストリーミング・シェイパー》ももちろん入れてあるぞ!」

◆この呪文で相手のクリーチャーを消せ!◆
ネギ博士「このデッキは、基本的にクリーチャーの能力で何とかするデッキだけれど呪文も入れてある。《スパイラル・ゲート》と《サイバー・ハンド》だ。
《サイバー・ハンド》は厄介な《キル》《セツダン》対策として入れてあるんだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《スパイラル・ゲート》でどかせないから山札に戻すカードを使ったんだね)」

◆おわりに◆
ネギ博士「最近は多色デッキが多いけれど、単色デッキも結構好きなんだよ。という訳で次回も単色デッキだ。ネギ博士の代名詞とも言えるあのデッキの現行バージョンを紹介するぞ!」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]