忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「先に言っておこう。ここから先紹介するのは、全て『デュエマ族』のメインキャラクターのデッキだ。なお、作中で彼らが使うものとは多少異なる事を注意させていただこう!トップバッターは、主人公の一人、松野一が使いそうな感じのデッキだ!」


『ドリメパラダイス』
・クリーチャー
3 x 囚われのパコネコ
2 x 森の特攻隊長ペンペン中尉
4 x 大冒犬ヤッタルワン
3 x 弾け山のラルビン
4 x 甲蟲幻獣カブトワン
3 x 自由な旅人ベア子姫
4 x 早食王のリンパオ
2 x サージェント・クワガタン
4 x 猛烈元気バンジョー
3 x ホップステップ・バッタン
2 x 幻獣提督ウー・ワンダフォー
・進化クリーチャー
3 x 独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍
・呪文
3 x ナチュラル・トラップ

ネギ博士「今まで何回か作ったドリメビートとどこがどう違うのか問われても詳しく答えられん!でも、やっぱりちょっと違うぞ!という感じのドリメビートだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:確かにちょっと違う部分はあるね)」
ネギ博士「それじゃ、細かい解説行ってみよー!」

◆このデッキにおける切り札◆
ネギ博士「ドリメビートだったらやっぱり、《ケンジ・パンダネルラ将軍》がないと始まらないというかきつい。同じコストの進化ドリームメイトでパワーが高い《ホメロス》なんかも結構魅力的なんだけれど、攻撃する度にほぼ確実にクリーチャーが1体増えるのにはかなわない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:やっぱり、《ケンジ・パンダネルラ将軍》を活かすためにドリームメイトとビークル・ビーを増やしたり、早く《ケンジ・パンダネルラ将軍》を出せるように工夫したりしてるんだよね。でも、《フェアリー・ギフト》がないよ)」
ネギ博士「《フェアリー・ギフト》を使うのも試したんだけれど、最近はどうもサイキックの方の《ブラック・ガンヴィート》に押され気味でね。
早いターンで《ケンジ・パンダネルラ将軍》を出すのはいいんだけれど、相手も充分なマナ(5枚くらい)があって《ミカド・ホール》でクリーチャー1体、《ブラック・ガンヴィート》で《ケンジ・パンダネルラ将軍》を破壊っていうケースが結構ある。そうなると、こっちは手札もマナも少なく場も少ないという苦しみを背負って戦わなきゃならない。だから、地道にマナを溜める方法を採用したのさ」

◆4ターンで《ケンジ・パンダネルラ将軍》を出す方法◆
ネギ博士「そんな訳で2ターン目に《ヤッタルワン》を出して手札1枚をマナに。3ターン目に《バンジョー》で手札に《ケンジ・パンダネルラ将軍》を呼んでおけば4ターンに《ケンジ・パンダネルラ将軍》を召喚できる。100パーセントこの方法が成功するとは限らないけれど、一番綺麗なパターンだし、強力だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリメビートだったらお馴染みだね!)」
ネギ博士「もし、手札に《ケンジ・パンダネルラ将軍》があって相手のマナに闇のカードがある(もしくは相手が闇のカードを使いそうだと思う)場合は《バンジョー》で手札に呼ぶのを《ケンジ・パンダネルラ将軍》じゃなくて《ウー・ワンダフォー》にしてもいい。相手が手札破壊をしにくくなるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札に《ケンジ・パンダネルラ将軍》があっても二枚目を手札に加えておいてもいいよね。「一枚手札から捨てられてももう一枚あるから大丈夫」って思えばいいし)」

◆サポート&パワーの2コストクリーチャー!◆
ネギ博士「2コストのクリーチャーはいつも通りの組み合わせである。サポートの《パコネコ》と《ペンペン中尉》。そして、パワーの《カブトワン》と《ラルビン》。私は《パコネコ》と《カブトワン》を優先的に入れるようにしているよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それは何で?)」
ネギ博士「《パコネコ》はビークル・ビーがいれば選ばれなくなるから。これで、ニンジャ・ストライクの多くを封じる事ができると言ってもいい。そして《カブトワン》は軽くて使えるビークル・ビーだ。《ラルビン》よりも出しにくいけれど、種族的に優秀だからこっちを優先する。
序盤に《カブトワン》と《パコネコ》が両方とも手札に来ていたら、先に《カブトワン》を出して次に《パコネコ》を出すようにしているよ。《パコネコ》を選ばれないようにしてから攻撃するんだ。
枚数は結構適当。何度も試して自分に合ったバランスを見つけるようにしている」

◆3コストは難しい……◆
ネギ博士「いや、なんつーかね。ドリメビートで3コストに何入れるかってマジ難しいのよ。下手すると、いつも《リンパオ》4枚だけになっちゃうとかね。そうすると、3コストが少なすぎて動きがぎくしゃくする事があるから、それだけは避けるようにしている。2と4に必須っぽいカードが多すぎて3は空気になりがちだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:だから、比較的新しい《ベア子姫》を入れたんだね!)」
ネギ博士「その通り。うまく行けば《キル》対策になるんじゃないかな~とか思いながら入れた。ドリメビートは防御が薄いからこういうのがあると、非常に助かるのだ」

◆奴が来る!そんな4コスト◆
ネギ博士「《ケンジ・パンダネルラ将軍》と同じくらい凶悪なのが《ホップステップ・バッタン》だ。何だかんだ言って7000のW・ブレイカーは大きい。このデッキだったら、ドリームメイトかビークル・ビーが出せないっていうケースは少ない。トップデックで引いたカードをただ出すだけで条件は満たせるはずだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それと、《サージェント・クワガタン》もいい動きをするよね)」
ネギ博士「このデッキなら高確率で3枚ヒットするからね。今回の遠征でもブロッカー3体をこれでやっつけた事があったぞ!」

◆クロスカウンターの7コスト◆
ネギ博士「今回はできる限り軽くしようと思ったから5と6コストに進化でないドリームメイトとビークル・ビーは入れなかった。だが、カウンター狙いで《ウー・ワンダフォー》は入れておいた。これは単純に手札破壊対策のためだけに入れたぞ!最近、手札破壊多すぎ!」

◆シールド・トリガー呪文はコレ◆
ネギ博士「今までは、防御用のシールド・トリガー呪文は《地獄スクラッパー》3枚で《ナチュラル・トラップ》が1~2枚って感じだったけれど、今回は《ナチュラル・トラップ》だけにした。どうも《スクラッパー》系統がパワー不足に思えたから1体は確実に倒せるこっちを選んだんだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:一本杉のデッキはシールド・トリガーなしだったよね。こっちは入れたの?)」
ネギ博士「ジャックビートだと相手のクリーチャーをバトルゾーンからどかす手段があるんだよ。だけれど、ドリメビートは除去がすごい苦手だから必要になるんだ。弱点を補っておかないとね」

◆今回&今後も気をつけたい事◆
ネギ博士「ドリメビートって調子に乗って組んでいると、火文明のカードの数が少なくなってしまいがちなんだよね。多色含めて最低でも13~14枚は欲しい。そうしないとうまく動かないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:マナコストのバランスも気をつけようね!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「次回も『デュエマ族』キャラクターデッキっぽいデッキである。高知遠征でも使ったあのタイプのデッキがああなったぞ!」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]