忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「最近は「ゆる~く」がモットーなので、今回は小説用に組んだデッキを晒してみようと思う。関係ない話だが、ドライヤーの調子が悪かったので分解して直した」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:関係ある話をしてよ!)」
ネギ博士「分解した後、元に戻せなくなる事もあるから、よい子は真似しないでね!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:分解に関係する話じゃなくてデッキに関係する話をしてよ!)」


◆小説用バイオレンス・サンダーデッキ◆
・クリーチャー
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x スペース・クロウラー
4 x 無頼聖者スカイソード
4 x 腐敗無頼トリプルマウス
4 x 腐敗聖者ベガ
2 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
3 x アクア・サーファー
1 x クリムゾン・メガ・ドラグーン
・進化クリーチャー
2 x 極仙龍バイオレンス・サンダー
・呪文
3 x フェアリー・ライフ
1 x 母なる紋章
1 x サイバー・ブレイン
2 x トリプル・ブレイン
3 x デーモン・ハンド
3 x 地獄スクラッパー
1 x 英知と追撃の宝剣(エターナル・ソード)
 
ネギ博士「そんなわけで、小説用のデッキである。今、大体週一回のペースで書いている『コードD』のデッキだ。作品自体は小説研究所とかvaultさんとこの小説のスレッドで読めるのでここで詳しく語らない。最近の話が変態カーニバルになっているけれど、詳しく語らない。
週一で書いていてほぼ毎回、敵のデッキを一つは作っているので、たまには気に入ったのができる。今回、ここで紹介するのはそんなデッキだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:これは昨日の記事のデッキの元になったデッキだね!)」
ネギ博士「うん、そう。ものすごく強い敵が出るから、そいつに合わせてものすごい切り札を使わせようとしたら、《バイオレンス・サンダー》が頭に浮かんでこのデッキになった」

 
◆小説用ロマネライラ◆
・クリーチャー
4 x コッコ・ルピア
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
3 x ルピア・ラピア
4 x 龍仙ロマネスク
4 x 武装竜鬼ジオゴクトラ
1 x ヘリオス・ティガ・ドラゴン
1 x バザガベルグ・疾風・ドラゴン
3 x 緑神龍ザールベルグ
1 x エクス・リボルバー・ドラゴン
・進化クリーチャー
3 x 超神星ライラ・ボルストーム
1 x 超竜ヴァルキリアス
・呪文
4 x 鼓動する石版
4 x フェアリー・ライフ
1 x 神秘の宝箱
1 x 母なる紋章
1 x 母なる星域

ネギ博士「このデッキを組んだ時は、ドラゴンメインのデッキばかり組んでいた。小説用デッキだと、エンジン部分をほとんど同じにして切り札とその周辺を組みかえるデッキが多い。これもその一つなんだけれど、その中でも特に気に入った奴」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドラゴンメインだから切り札もそれに関係した《ヴァルキリアス》と《ライラ・ボルストーム》になってるね)」
ネギ博士「同じ小説用デッキでよく似た《アポロヌス・ドラゲリオン》デッキを組んだけれど、個人的には《ライラ・ボルストーム》の方が使いやすかった。マナ破壊が結構いい感じに効いたね」
 
◆小説用ドラグ・ムーンデッキ◆ 
・クリーチャー
3 x スピア・ルピア
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x コッコ・ルピア
3 x ルピア・ラピア
4 x 緑神龍バルガザルムス
3 x 闘龍鬼ジャック・ライドウ
1 x 無双竜機ドルザーク
4 x 武装竜鬼ジオゴクトラ
1 x ヘリオス・ティガ・ドラゴン
1 x 翔竜提督ザークピッチ
・進化クリーチャー
3 x 火之鳥ペリュトン
4 x 超竜バシュミカヅチ
1 x 神羅ドラグ・ムーン
・呪文
4 x ナチュラル・トラップ

ネギ博士「上のとほぼ同時期に作っていた《ドラグ・ムーン》デッキ。発売当初は《ドラグ・ムーン》を切り札にしたデッキが組めなくて悩んでいたけれど、映画のパンフレットのデッキを参考にして組んだらこんな感じですんなりできた」
わん太ちゃん「わんわん(訳:進化元をドラゴンメインにすると、《ドラグ・ムーン》を出さなくても強いよね)」
ネギ博士「こうすると《ドラグ・ムーン》を出す意味があるのかと言われてしまいそうだが、《ドラグ・ムーン》自体のパワーが欲しい時もあるのだ」

◆小説用クリスタル・アックスビート◆
・クリーチャー
4 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
1 x エメラル
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 天真妖精オチャッピィ
1 x パルピィ・ゴービー
4 x クゥリャン
3 x 斬隠テンサイ・ジャニット
1 x レベリオン・クワキリ
1 x ストーム・クロウラー
1 x 鳴動するギガ・ホーン
1 x コーライル
1 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x アクア・サーファー
・進化クリーチャー
1 x 大勇者「ふたつ牙」(デュアル・ファング)
3 x クリスタル・アックス
・呪文
1 x 母なる紋章
2 x エナジー・ライト
1 x サイバー・ブレイン
4 x ナチュラル・トラップ
 
ネギ博士「この記事のデッキを組んだ後、これを元に急いで組んだ記憶がある。つまり、ネタ切れだったのだ。こういう時は、過去に組んだデッキを元にちょこっと(ただし、小説で書いて別のデッキに見える程度に)改良を加えてデッキを組む。自然水の《クリスタル・アックス》デッキは前に組んで失敗したけれど、今回は何故かうまく行った。もっと練り込めば使えるような気がする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:このデッキがうまく行ったから、他の小説用デッキも公開しようと思ったんだよね)」
ネギ博士「そうだね。そうでなければ、公開する気になれないからね」

◆おわりに◆
ネギ博士「実際に使うガチデッキを真剣に例えるならば、小説用のデッキは時代劇で使う小道具の刀のようなものである。でも、毎回作り続けていたらそれはそれで得られるものがあったような気がする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:たまに、面白いひらめきがあるから面白いんだよね)」
ネギ博士「そうなんだよ。ガチでもネタでもないはずなのに、作っていて結構面白い事があるんだ。毎回組むのは大変だけれど、これからも続けていきたいと思うよ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]