忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[679] [678] [677] [674] [673] [672] [671] [665] [664] [663] [662
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「何というか「サバ?ゴーバスターズ?」って聞かれるとサバ味噌が食べたくなるよね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:観てない人が判らないネタを使わないでよ!)」
ネギ博士「デッキについて書かないでサバ味噌について書こうと思ってしまうんだ。サバ味噌とごはん。これほどまでに相性がいいものがあっただろうか!?あ、焼き肉とごはんがあった。
夜中にこの記事を見ている人は空腹になってくるに違いない!それがこの文章の狙いだ!」



『ハイパーダッシュビート』
・クリーチャー
4 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
1 x シビレアシダケ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 天真妖精オチャッピィ
4 x クゥリャン
1 x アクア・ハルカス
3 x 斬隠テンサイ・ジャニット
1 x 流星のエグゼドライブ
3 x 情熱のD・H(ダッシュヒーロー)ユウ
4 x 猛菌剣兵チックチック
3 x GENJI(ゲンジ)・ボーイ
4 x アクア・サーファー
3 x 爆竜 GENJI(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)

ネギ博士「そんな訳でサバともサバ味噌とも関係ないフルクリーチャービートダウン『ハイパーダッシュビート』である。デッキ名の元ネタはミニ四駆のハイパーダッシュモーターから」
わん太ちゃん「わんわん(訳:最近は『真アホビートダウン』みたいに火を使わないビートダウンデッキばかりだったからこの文明の組み合わせは新鮮だね。何かあったの?)」
ネギ博士「う~ん『真アホビートダウン』を使っていたら、最近、《ヤミノザンジ》ばかり使われるからその対策ばかり考えていたんだよ。《ダルマンディ》でパワーを上げる事も考えたんだけれど、我慢弱い私にそんな事が出来るとは思えないので手数を増やす事にした。その結果、こうなったのだ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:どうしてこの形が《ヤミノザンジ》対策なのか良く判らないよ!)」
ネギ博士「はっはっは、それじゃこれから詳しく説明しよう」

◆基本的なところでは今までと全く変わらない自然◆
ネギ博士「自然文明のカードはマナを増やす、序盤でちまちま殴る。この二つの役割のためだけに入っている」
わん太ちゃん「わんわん(約:博士がよく使っていた《イダ》も《レベリオン・クワキリ》も入ってないね)」
ネギ博士「その理由も後で説明する。今回は、自然のカードはサポートに特化した形になったね」

◆得意なところだけを強調した感じの水◆
ネギ博士「これもドローと手札戻し以外は何も変わってない……。あれ?じゃあ何を変えたんだ?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:墓地進化を使った速攻が来ると困るから《テンサイジャニット》は必要なんだね)」
ネギ博士「そうなんだけれど、速攻相手じゃないと本当に使いどころがないのが困る。速攻相手以外だと《タイム・トリッパー》とか《パルピィ・ゴービー》を戻す事くらいかな」

◆スピードアタッカーしか入れていない火◆
ネギ博士「実は火文明が一番好きなんだけれど、ここ二年近く上手に使えなかった。ここで火文明の火文明らしさを凝縮したけんかっ早い形にできて満足している」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:うわー!本当に火文明のカードは全部スピードアタッカーだ!)」
ネギ博士「《イダ》と《クワキリ》をメインに使っていた『真アホビートダウン』は《イダ》以外に召喚酔いを解除できる奴がいなかったからね。相手のシールドが0なんだれど、すぐにとどめを刺せないっていうところでフラストレーションがたまったからこのデッキではスピードアタッカーを増やしまくってみた。
《イダ》入れていないのは、火のスピードアタッカーで充分でスペースが足りないからなんだよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なるほど~。で、これが何で《ヤミノザンジ》対策になるの?)」
ネギ博士「《ユウ》はパワーが3000だから、パワーを2000減らされても何とか耐えられる。
《チックチック》はパワー1000だからやられちゃうけれど、アタックトリガーで1枚ドローできるから損失が少ないんだよね。《ヤミノザンジ》でクリーチャーが破壊されて損をするなら、その損失を補えばいいという結論に至った。最近は《ローズ・キャッスル》が少ないから思い切って4枚入れてみたよ」

◆主な戦い方◆
ネギ博士「基本的にはノリと気分と手札次第。
2ターン目に自然のクリーチャーの効果でマナを増やし、3ターン目に《チックチック》を召喚して攻撃。4ターン目にも何か行動を起こしつつ攻撃。5ターン目には《GENJI・XX》を出して一気に突撃って感じだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:アバウトだね)」
ネギ博士「もし、2ターン目に自然のカードが使えなくても、3ターン目に《ユウ》4ターン目に《チックチック》と言った感じで毎ターン、スピードアタッカー出して押し切るという戦法もできる。2コストと3コストが多いから3ターン目に動けないという事はないはずだ」

◆おわりに◆
ネギ博士「《チックチック》はいいカードだな。初めて使った時から結構気に入っている。《ローズ・キャッスル》が流行らなければこういうパワー1000のクリーチャーを安心して使えるからいいね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そういってまた流行ったりしてね)」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]