忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。ツッコミが得意なフレンズ。
・ちび太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。まだこども。

ネギ博士「前回につづいて高知遠征で使ったデッキを紹介だ!」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:前回みたいな「人間のクズみたいなデッキ」はもうこりごりでち!)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今度はまともなデッキだよね?)」
ネギ博士「安心して欲しい。今回のデッキは前回のデッキと同時進行で作っていた兄弟のようなデッキだが、人間のクズみたいなデッキじゃないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:前回のデッキの兄弟っていう時点で嫌な予感しかしないよ!)」





『ドラゴンダイナミック』
・クリーチャー
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 青寂の精霊龍 カーネル
2 x 剛撃古龍 テラネスク
3 x 百族の長 プチョヘンザ
2 x 偽りの王 ナンバーナイン
2 x 「戦慄」の頂 ベートーベン
2 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
・呪文
4 x フェアリー・ライフ
2 x オリオティス・ジャッジ
1 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
4 x フェアリー・シャワー
3 x ドンドン吸い込むナウ
3 x レインボー・スパーク
3 x 超次元フェアリー・ホール
2 x ボーイズ・トゥ・メン
・超次元
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

ネギ博士「これが「あ~、《プチョヘンザ》とかのでっかくて強いドラゴンたくさん使ったデッキ組みたいな~」みたいな思いから生まれたデッキ、『ドラゴンダイナミック』だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:思ったより普通だ!)」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:人間のクズみたいなデッキじゃないでち!)」
ネギ博士(一度、人間のクズみたいなデッキを組んだせいで、常に人間のクズみたいなデッキを使う人みたいな思われてるな……。悲しい……)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ところで、どの辺りが前回のデッキと兄弟みたいなの?)」
ネギ博士「これと前回のデッキは元々ひとつのデッキだったのだ。でも、《プチョヘンザ》で革命チェンジすると、前回のデッキに入れていたドラゴンの多くがマナに行って悲しい気分になるから、それぞれ別のデッキとして組む事にしたんだ!」

◆主な戦い方◆
序盤:《ジャスミン》と《フェアリー・ライフ》でマナを増やすぞ!《吸い込むナウ》や《フェアリー・シャワー》につなげて手札も増やそう!
中盤:《超次元フェアリー・ホール》や《テラネスク》から革命チェンジ!《プチョヘンザ》の出番だ!
終盤:《VAN・ベートーベン》と《ナンバーナイン》を並べて相手を包囲!超パワーのドラゴンでシールドをなぎ倒して勝利だ!

ネギ博士「という流れだ。要するに、マナを増やしてでっかいの出して、相手が逆転しにくい状況を作って勝つよ、ってデッキ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:色々省略すると、脳筋みたいな戦い方だよね)」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:うおー!マナ増やしてすごいドラゴンを出すのは強いでちー!マナブーストはパワーでちー!)」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ちび太ちゃん、変なスイッチが入っちゃってるよ!)」

◆主なカードのコメント◆
・《ドンドン吸い込むナウ》《フェアリー・シャワー》《レインボー・スパーク》
ネギ博士「4コストのこれらは、基本的に手札補充として考えている」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうだね。どれも手札補充としても使えるカードだね)」
ネギ博士「《レインボー・スパーク》のマナ武装の達成条件が簡単だから、いざという時相手クリーチャーをタップできるドローカードとして使いやすいんだよね。器用!」

・《テラネスク》《フェアリー・ホール》
ネギ博士「《プチョヘンザ》への革命チェンジに使う事が多い。《フェアリー・ホール》で出すのはもちろん《勝利のガイアール・カイザー》だ」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:マナを増やす効果が《プチョヘンザ》の能力をサポートしているでち!マナが増えれば増えるほど、《プチョヘンザ》でタップできるクリーチャーは多くなるでち!)」

・《カーネル》
ネギ博士「いざという時に使える防御カード。もちろん、《プチョヘンザ》への革命チェンジ用カードとしても重宝するぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この能力に助けられる事も多かったよね)」

・《プチョヘンザ》
ネギ博士「デッキの切り札。このデッキはこのカードを中心にして考えている。4枚だと多いので3枚にした」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:相手クリーチャーの動きを止めて、こっちが有利な状況を整えるでち!)」

・《ベートーベン》《VAN・ベートーベン》
わん太ちゃん「わんわん(訳:《プチョヘンザ》の能力でも吹き飛ばないカードとして選んだんだよね?どういう理由で選んだの?)」
ネギ博士「去年のブラックボックスパックとか今年のメモリアルパックで出て嬉しかったから。使うチャンスを探していたんだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな理由なの!?)」
ネギ博士「カッコイイとか、何とかして使いたいっていうのも採用理由としては充分だ。特に《ベートーベン》はマナや墓地に行った強力なドラゴンを回収したり、相手のクリーチャーを受け止めたりと活躍してくれる。《VAN・ベートーベン》がいる事による制限の強さは説明不要と言ってもいいだろう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:確かに、相手だけドラゴンとコマンドが出せない状況は強いよね)」

・《ナンバーナイン》
ネギ博士「しかし、これでも呪文までは封じられない。なのでさらに《ナンバーナイン》を並べるのだ」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:反撃のチャンスを潰すでち!)」
わん太ちゃん「わんわん(訳:人間のクズみたいなデッキじゃないけれど、これはこれでひどいね)」

◆おわりに◆
ネギ博士「使いたいカードを使いたい。前回と今回のデッキはそんな気持ちを優先して作ったぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、DMGPみたいに勝つ事だけを最優先にしたわけじゃないんだね)」
ネギ博士「もちろん、勝つ事は放棄していないし、強くないデッキを持っていくわけにもいかないから、それなりに強くしたつもりだぞ」
ちび太ちゃん「きゃんきゃん!(訳:やっぱりドラゴンはデュエマの花形でち!燃えるでち!)」
ネギ博士「そんなわけで、次とその次のデッキもドラゴンが入ったデッキなんだ。なおかつ、構築済みデッキを私なりに改良したものもあるぞ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]