忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[649] [648] [647] [646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「デッキ、デキター!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士!サングラスかけて鋲の着いたジャケットなんか着てどうしたの!?世紀末なの!?世紀末のザコキャラなの!?)」
ネギ博士「違うよ。ストロング・メタル・デッキのCMの真似だよ。メタルカードはスゴイぜ。本当に鉄でできていて分厚いからな。発売前は「ど~せ、メタルとか言っても加工しやすいアルミとかでしょ」とか「実際の製品は薄くてしょぼいんだろうな」とか思っていたが、マジで鉄だった!裏の成分表示にも鉄ってちゃんと書いてあるし!
しかも、熱すれば鉄板の代わりにして焼き肉だってできるんだぜ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そんな使い方しないでよ!)」
ネギ博士「でも、コロコロの付録のマンガに焼き肉の鉄板にできるって書いてあったぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:でもダメ!絵が消えちゃうかもしれないでしょ!)」
ネギ博士「うむ。確かにそうかもしれん。だが、これだけの硬さと分厚さがあれば、手札パチパチをやりまくっている人に「えらい貧弱な音どすな。うちのカードはメタルやさかい、音が違いまっせ」って対抗できるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:手札パチパチに対抗するのもダメー!まじめにデッキを紹介してよ!)」


『超次元・そこそこ・多めビート』
・クリーチャー:23枚
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 斬斬(ギルギル)人形コダマンマ
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 襲撃者エグゼドライブ
4 x ガガ・ピカリャン
2 x 爆竜 GENJI(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)
3 x 火焔タイガーグレンオー
・呪文:17枚
4 x フェアリー・ライフ
4 x 超次元サプライズ・ホール
3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
4 x 超次元ボルシャック・ホール
2 x 超次元シューティング・ホール
・サイキック・クリーチャー
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x レッド・ABYTHEN(エビセン)・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 不死身のブーストグレンオー/爆裂ダッシュ!グレンセーバー政

ネギ博士「そんな訳で、私にしては珍しく超次元をちゃんと使ったデッキだ。《ガイアール・カイザー》がないのは許して欲しい。だって、持ってないんだもーん!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:あれ?水を入れなかったの?)」
ネギ博士「ああ、《シンカイヤヌス》を出す超次元呪文は《サプライズ・ホール》が一番使いやすかったからね。シールド・トリガーでも出せるし。それじゃ、解説行ってみよー!」

◆軽いカードを多く入れてしまうのはビートダウン馬鹿の習性です◆
ネギ博士「事故るのが嫌って理由で、2コストは12枚、3コストは14枚入れている。軽いカードがこれだけ多ければ序盤から動けるはずだ。軽いカードはマナブーストや手札補充の目的で入れているものが多い」
わん太ちゃん「わんわん(訳:自然のカードでマナを増やして《コダマンマ》や《ガガ・ピカリャン》で手札を増やすんだね)」
ネギ博士「そうなのだ。《エグゼドライブ》はぶっちゃけ、趣味で入れたようなもん。つい、入れてしまうんだ」

◆超次元呪文が主役と言っても過言ではないはず◆
ネギ博士「相手の動きを見てから考えるけれど、手札から《サプライズ・ホール》を使う時は呪文のコストを増やす《ガガ・パックン》か《シンカイヤヌス》を出す事が多い。《ガガ・パックン》は相手の超次元ゾーンやマナゾーン、墓地を見て呪文が多そうなデッキだと思ったら出す」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《シンカイヤヌス》は?)」
ネギ博士「《シンカイヤヌス》は手札に《ボルシャック・ホール》か《シューティング・ホール》があって、次のターンにそれが出せる時に出す。《シンカイヤヌス》がいる状態で火の超次元呪文を使ったら、《エビセン》か《不死身のブーストグレンオー》の出番だ。《シンカイヤヌス》を覚醒させて、スピードアタッカーとパワーアタッカーをプレゼント!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《エビセン》は選ばれないクリーチャーみたいなものだから、強いね。ところで、《不死身のブーストグレンオー》ってそんなに強いの?)」
ネギ博士「これなら相手の場に《マグナム》がいても《不死身のブーストグレンオー》を選ぶ事で破壊を食い止める事ができるのだ!相手のマグナムを恐れずに出せるとは素晴らしい!場にどちらかのサイキックを置いたら、ガンガン攻めよう!」

◆おわりに◆
ネギ博士「トレードとか抜きでこれを組むとしたらフルホイルパックもストロング・メタル・デッキも買わなくちゃならないからちと大変かも。ゴールデンリスト入りした奴も何とか解除して再録して欲しいなぁ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そう考えると今回のはちょっと高めのデッキかもね。何で?)」
ネギ博士「手元にあるエビセンをつい、使いたくなったんでね。気合い入れて組んだよ!さあ、みんなもカードをかき集めてデッキ組んで叫べ、『デッキ、デキター!』」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:イントネーションも外国人風にするの!?)」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]