忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「気がついたら、一週間もバトン関連の事を放置してしまった。この一週間でまた練った部分もあるので、フィードバックしていこう」

◆バトンでデッキ 戦国ヒーロー編◆

・2009年3月28日開始(予定)

・2009年3月15日に殿堂ルールの発表があった場合、4月15日からの適用であっても、『バトンでデッキ 戦国ヒーロー編』ではその殿堂ルールを適用する。

・四人の主将、四つのチームでバトンを回し、出来上がったデッキを使い、DM vault内対戦ルームにて主将が対戦する。

・対戦はトーナメント形式で、三本勝負二本先取で行う。

・バトンを回されたプレイヤーは、カードを選び、そのカードをデッキに入れる枚数を決める。この時、自分以外のプレイヤーによって選ばれたカードを一種類のみ一枚減らすか一枚増やしてもよい(ただし、0枚や五枚にしてはならない)。

・最も早く四十枚のカードを選んだチームの主将は、一枚カードを入れ替えてよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

・最も多くの種類のカードを選んだチームの主将は、一枚カードを入れ替えてもよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

・主将と二人目のプレイヤーは、31弾かヒーローズ・クロス・パックのスーパーレア、ベリーレアの中からカードを選ぶ。

・他のチームが選んだカードを選ぶ事はできない。

・ブログかHPでバトンに関する記事を書き、とバトンの経過報告(報告場所は『元祖・ネギの舞台裏』の掲示板)の両方を終えた時点で、そのカードが選ばれたものとする。なお、必要事項が抜けていた場合、報告は無効とする。

・ブログやHPを持っていないプレイヤーに回った場合、そのプレイヤーに回したプレイヤーが記事を代筆し、報告をする。

・一人のプレイヤーが複数のチームのバトンを受けてもよい。ただし、主将に回してはならない。

・バトンを受け取ったプレイヤーから五日間反応がなかったりカードが選ばれなかったりした場合、そのプレイヤーにバトンを回したプレイヤー、もしくはそのチームの主将が次に回すプレイヤーを決める。
ただし、受け取ったプレイヤーから期限延長の希望があり、主将がそれを認めた場合、期限の延長を可能とする。

・バトンを受け取ったプレイヤーはそのバトンを断る事ができる。その場合、回したプレイヤー、もしくはそのチームの主将が次に回すプレイヤーを決める。

・四十枚揃うのが最も遅かったチームには、最遅罰ゲームが用意されている。


ネギ博士「というわけで、若干のバージョンアップを図った。一つずつ解説していこう」

・2009年3月28日開始(予定)

わん太ちゃん「わんわん(訳:あれれ?4月2日の予定じゃなかったの?)」
ネギ博士「主将を含め、色々な方を待たせすぎるのも悪かろうと……。それに発売から一週間くらい経てばカードの大まかな性格も判ってくるだろうし」

・一人のプレイヤーが複数のチームのバトンを受けてもよい。ただし、主将に回してはならない。
わん太ちゃん「わんわん(訳:複数のチームのバトンを一人の人に回してもいいっていうルールだったね。主将には回しちゃいけないんだね)」
ネギ博士「判ってくれ。主将は大変なんだ。もう胃薬が必要になりそうなくらい大変なんだ。そんな人に回したら大変で大変で大変な事になってしまう。というわけで、主将には回さないように」

・四十枚揃うのが最も遅かったチームには、最遅罰ゲームが用意されている。
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ええーっ!遅かったら罰ゲームなの!?)」
ネギ博士「そ、負けたのとは別の軽~い罰ゲーム。停滞対策の一つでやっぱり遅くしたチームへのペナルティは必要だよなとも思うんだけれど、カードを使えなくするとかそういうデュエルに関わるペナルティじゃなくてデュエルに関係のない(しかし、受けるときつい)ペナルティが欲しいと思って用意した。必死になって回していただこうじゃないか」

◆入れ替えルールどっちを採用?◆
ネギ博士「現時点でカード入れ替えに関するルールは二つの案を考えている。実験バトンの流れを見つつ、どっちにしようか考えているわけなんだけれどね」

●ルールA
・バトンを回されたプレイヤーは、カードを選び、そのカードをデッキに入れる枚数を決める。この時、自分以外のプレイヤーによって選ばれたカードを一種類のみ一枚減らすか一枚増やしてもよい(ただし、0枚や五枚にしてはならない)。

・最も早く四十枚のカードを選んだチームの主将は、一枚カードを入れ替えてよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

・最も多くの種類のカードを選んだチームの主将は、一枚カードを入れ替えてもよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

●ルールB
・バトンを回されたプレイヤーは、カードを選び、そのカードをデッキに入れる枚数を決める。(別のプレイヤーが選んだカードの入れ替えはなし)

・最も早く四十枚のカードを選んだチームの主将は、三枚までカードを入れ替えてよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

・最も多くの種類のカードを選んだチームの主将は、三枚までカードを入れ替えてもよい。追加するカードは選ばれたカードでなくてもよい。入れ替えによって0枚になるカードがあってもよい。

わん太ちゃん「わんわん(訳:全部のプレイヤーが一枚だけ枚数を変えるのと、主将だけがいっぱい変えるのがあるんだね)」
ネギ博士「そうなる。Aの案は今までここで挙げていたもの。一種類のみ一枚だけ増やしたり減らしたりできる案で、特典のあった主将だけさらに一枚の入れ替えができる。
この案の長所は柔軟に状況に対応できる事だろう。他のプレイヤーのカードの選び方を見る事ができるのもおもしろい。欠点は時間がかかる事と枚数のプラマイを計算して選ばれたカードの種類と枚数をテンプレートに書きこむのが面倒臭い事かもしれないね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:その分、Bの方はプレイヤーによる入れ替えはないんだね)」
ネギ博士「そう。シンプルな分、判りやすい。判りやすいってのがものすごい重要だと思う。途中で入れ替えができない分、特典をゲットできた時のアドバンテージは大きいかもね」

◆おわりに◆
ネギ博士「なんだかんだで始まりまで一か月切ってまいりました」
わん太ちゃん「わんわん(訳:かっこいいカードがどんな風に活躍するのか楽しみだね!)」
ネギ博士「そうだね。シデン・ギャラクシーとボルフェウス・へヴンが同時に並んだらとか思うと興奮してくるよ。そんなわけで、バトンが始まる(予定)の3月28日午前0時をわくわくしながら待つが良い!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]