忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[638] [637] [636] [635] [634] [633] [632] [631] [630] [629] [628
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
第八話 参上!ロマノフ・Z・ウィザード!

前回までのあらすじ
かに道楽は動かない
26年生きた中で最高の味のたこ焼き
ごめんですんだら警察いらんわ!
電車の中で寝て体力回復するのは基本

ネギ博士「さーて、前回の事も判ったところで……って、こんなあらすじで前回が判るかー!」
フィア「自分で書いたあらすじにダメ出しし始めたのじゃ!」


◆突入!大阪城!◆
ネギ博士「いよいよ大阪城に突入だ!石垣の辺りに石でできた階段があったのだが、そこにミストが出る装置がつけられていたんだよ。熱中症予防のためかな?ただ、ミストの勢いが足りなくて焼け石に水な感じだったけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今年の夏はすごく暑かったからね。でも、ないよりましじゃない?)」
ネギ博士「そうかもしれん。モイスチャー効果も期待できそうだ!」
一本杉「いや、モイスチャー効果は無理だろ。というか、お前、意味判って言ってるか?」
ネギ博士「そんな訳で肌にうるおいを与えてからて城の中に突入!こんな素敵なマスコットがお出迎えしてくれたぞ!」

DSC_0124.jpg







ネギ博士「マスコットの号砲くんだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:どう見てもマスコットじゃないよ!)」
ネギ博士「見ろ!この力強いフォルムを!男なら写真を撮らずにはいられないぞ!
力強い号砲を見たら入口から中に入る。ナラ・セラフィムさんいわく、大阪城は改造されているらしい」
マクベイン「そうか!大阪城ロボに変形するんだね!」
ネギ博士「変形はしないみたいだぞ。だが、改造されているというのはすぐに判った。中にエレベーターが設置されているのだ!これで上り下りも楽々だね!」
フィア「城の中にエレベーター!?何て事なのじゃ!」
ネギ博士「大阪城を作ったのは豊臣秀吉だが、その後、徳川家康によって改築されたらしい。その時にエレベーターができたんだな」
万力子「その時代にエレベーターがありますか!」
ネギ博士「あったから、作ったんじゃないかな?あとは、観光用の階段とかね。
平日だったけれど、夏休みだから人が多かったよ。秀吉の生涯とか勉強できた。他にも色々と面白いものを見てきたぞ」

DSC_0121.jpg










ネギ博士「しゃちほこだ。この時は、デュエマのクリーチャーの名前にしゃちほこが使われるとは思わなかった。城には使われていたけれどね」

DSC_0123.jpg










わん太ちゃん「わん?(訳:また、しゃちほこ?)」
ネギ博士「違うぞ。あれは造幣局だった建物だ。建物の外観が無茶苦茶好みだったので写真を撮って来たのだ」
一本杉「もっと城の中の様子とか撮れよ!」
ネギ博士「中は撮影禁止だったのだ。そんなところの写真を撮ってネットで公開などしたら血祭りに挙げられてしまうわい。
さて、我々デュエリストが名所に来たらやる事は一つ。名所でデュエルである」
マクベイン「また一本杉デッキを使って負けるんだね!」
一本杉「俺のデッキが弱いみたいに言うな!」
ネギ博士「一本杉デッキは使わないよ。ここで使ったのはドルゲーザデッキ『真・馬刺しソーダ』だ!序盤はじっくり準備をして、サイキック・クリーチャーを並べる。シールドを0にされてしまったけれど、慌てない。《ハンゾウ》や《ブラック・ガンヴィート》で除去して《スペース・クロウラー》で守りを固める。
マナも手札も多かったから色々と考えて戦えたのがよかった。最後にはクリーチャーをたくさん並べて押し切ったぞ!これで名所でデュエルは1勝1敗だ!
さて、たっぷり大阪城を堪能した後はまた地下鉄で移動である。次の目的地はカードキングダムだ」

DSC_0133.jpg









ネギ博士「ヴァンガードをプッシュしているのが判るだろう?タダでデュエルスペースを使う訳にはいかないので、カードを買う事にしたんだ。……バトスピのパックが売ってねぇ」
一本杉「デュエマのパック買えよ!」
ネギ博士「そんな訳でデュエマのパックを選ぼうとしたのである。……エピソード1ファーストコンタクトが売ってねぇ」
まなみさん「……売り切れ」
ネギ博士「大阪遠征で回ったところは全部売り切れだったね。大人気!それはうれしいんだが、ないのは困る。そんな訳で38弾のパックを1つ買う事にしたんだ。開けてみよう!……ん?見た事がないサイキック・クリーチャーが入っているぞ。これは……ぎょえー!《ロマノフ・Z・ウィザード》が当たってしまったー!」
フィア「1パックでスーパーレアが当たるなんてすごいのじゃ!」
ネギ博士「これには私もびっくり仰天であった。この勢いに乗って名所でデュエル三戦目もうまい具合に勝つぞー!と行きたいところだったが、うまく行かない。何回か戦ってここは引き分けという事にしてもらった」
万力子「引き分けにしてもらったんですか」
ネギ博士「どっちが多く勝ったのかよく判らなくなっちゃってね。《チャミリア》をあんなに強いと感じたのは初めてかもしれないな。
カードキングダムでたくさん戦った後、二人は梅田に向かうのだった。行き先はスカイビルだ!最後の戦いは高層ビルだぞ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:都会の高層ビルでラストバトルってかっこいい!でも、何でそこになったの?)」
ネギ博士「高速バスの帰りの停留所がそこだからだ。場所を教えてもらうついでにそこでラストバトルをする事になった」
フィア「そんな理由で最終決戦の場所が決まったのか!?」
ネギ博士「そうですとも。さて、次回は大阪遠征編最終回だ!」

第八話終わり
次回予告
最後の戦い。ネギ博士は封印していたあのデッキを使う事を決意する。
ネギ博士「行くぞ!これが私の真の力だ!」
昭和風の街並み。そして、別れ。
最終話 ネギ博士の帰還
ネギ博士「このデッキで必ず勝ってみせる!」
一本杉「おい、ジャックビート使えよ」

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]