忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[581] [580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。
・わんこ店長
カードショップの店長。わん太ちゃんによく似ているが、わん太ちゃんとは別の犬なのか!?

前回までのあらすじ
大会に出る前に大会の形式やルールなどを確認する。
大会に行く前に最低限、用意するのはデッキとお金。

フィア「前回で準備は終わったのじゃ!使い慣れたデッキも持ったし、後は会場(わんこ店長のお店)で大暴れするだけなのじゃ!」
ネギ博士「よし、それじゃ早速エントリーしましょう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ぼくは犬だから外で待ってるね)」


◆まず、エントリーしよう◆
わんこ店長「わんわん!(訳:いらっしゃいませ!デュエマの大会のエントリーですか?)」
ネギ博士「そうっす。私とフィア先生、二人ともオープンクラスでエントリーです」
わんこ店長「わんわん!(訳:それじゃ、ここに名前を書いて下さい!)」
ネギ博士「宇宙最高のナイスガイ、ネギ博士っと……。学年を書く欄もあるけれど、私は学生じゃないからいいや。デュエマ歴を書いておこう」
フィア「わしは先生になってからの年月を書いておくのじゃ」
ネギ博士「他のところはどうか判らないけれど、エントリーする時にこうやって名前を書くところがある。対戦の時に呼ばれたりする事があるからね」

◆強いデッキより使い慣れたデッキの方がいい理由◆
フィア「ところで、わんこ店長。どうして強いデッキよりも使い慣れたデッキを使った方がいいのか教えて欲しいのじゃ。今日の大会では使い慣れたデッキで出るのじゃ」
わんこ店長「わんわん(訳:お答えしましょう。
デュエマの大会ではどんな形式の大会でも何回も戦わないと優勝できません。何回も戦った時に慣れたデッキなら戦い方が判っていますからピンチになった時もピンチを切り抜けやすいんです。もし、強くても使い慣れないデッキで出て、ピンチの抜けだし方が判らなかったら困りますからね)」
フィア「なるほど。そういう事だったのか」
わんこ店長「わんわん!(訳:そうです。大会の間、デッキは変更できませんから、一番いいデッキを使って下さいね!)」

◆大会が始まる◆
ネギ博士「よっしゃ!早速試合開始だ!今回はスイスドローですね」
フィア「ネギ、スイスドローとは何なのじゃ?」
ネギ博士「大会形式の一つです。勝った人が勝ち上がっていくトーナメントとは違い、勝率を見て実力が近い人同士が戦う大会形式です
わんこ店長「わんわん(訳:うちの店では色々な人と戦って欲しいからスイスドローなんですよ。それじゃ、席について下さい。自分のデッキが40枚ある事を確認してシャッフルしてから相手にも渡してシャッフルしてもらって下さいね)」
ネギ博士「自分のデッキが40枚あるか確認し、相手にも40枚ある事を確認してもらうのは基本だな。その4でやったデッキのシャッフルをすれば自分のデッキが40枚ある事が判るし、シャッフルもできる。一石二鳥だ」
フィア「あ!ネギが隣のテーブルにいたのじゃ!よし、わしもその方法でシャッフルするのじゃ」
わんこ店長「わんわん(訳:それでは、シールドを5枚セットして手札を5枚ドローして下さい。あいさつをしてジャンケンをして先攻と後攻を決めて下さい)」
ネギ博士「あいさつをすると仲間が増えるからな。あいさつは大事だ。よろしくお願いします。それじゃ、私が先攻で」
フィア「よろしくお願いしますなのじゃ!……む、後攻なのじゃ」
わんこ店長「わんわん!(訳:1試合の制限時間は10分です!それでは、デュエルスタート!)」

◆試合中に判らない事があったらどうするの?◆
フィア「む、相手の場にクリーチャーがいっぱい並んだのじゃ。(でも、手札には切り札の《サンバースト・NEX》があるのじゃ。次のターンで進化して逆転してやるのじゃ)」
相手の子「《ダイヤモンド・ソード》でブロッカー全員で攻撃!」
フィア「なんじゃと!あ、シールド・トリガーの《地獄スクラッパー》でそれとそれを破壊するのじゃ」
相手の子「できないよ!だって《パラ・オーレシス》がいる!」
フィア「なんじゃと!《パラ・オーレシス》は相手のターンだけパワーが上がる能力なのじゃ!自分のターンにパワーは上がらないのじゃ!」
相手の子「上がるよ!」
フィア「ひ~、聞き分けのない子供なのじゃ。どうすればいいのじゃ?」
わんこ店長「わんわん(訳:お困りですか?ルールの解釈の違いでもめたり困ったりした時は店員さん(公式の大会ではジャッジ)を呼んで下さい)」
フィア「お~、助かったのじゃ~。実はかくかくしかじかで……」
わんこ店長「わんわん(訳:まるまるうまうまですね。《パラ・オーレシス》は自分のターンではパワーは増えないよ。だから、破壊されるね)」
相手の子「くっそ~!(この人、馬鹿そうだから騙せると思ったのに……)」
フィア「よし!それじゃ、わしのアーマード・ドラゴンを《サンバースト》に進化!ブロッカーを蹴散らしてとどめなのじゃ!やった~!一勝したのじゃ~!」
わんこ店長「わんわん!(訳:おめでとうございます!)」
フィア「ありがとなのじゃ!ところで、隣のネギはどうなのじゃ?」
ネギ博士「何故だ……。何故、私が作り上げた究極のビートダウンデッキがゼンアクコントロールデッキに変わっているんだ!どうも、スリーブの色が違うな~とは思ったけれど、大違い過ぎてショックじゃわい!うわー、負けたー!」
フィア「なるほど。使い慣れないデッキで出るとこうなるのじゃな」

◆他の人の試合を見よう!◆
ネギ博士「試合が早く終わったので(惨敗的な意味で)暇ですね。こういう時は、対戦相手とフリーデュエルをして過ごすのもいいでしょう」
フィア「フリーデュエルもいいけれど、他に何かする事はないのか?」
ネギ博士「そうっすね。それじゃ、他の人の対戦を見せてもらいに行きましょう。
当たり前の事ですけれど、他の人の試合を見る時には見る時のマナーがあります。それを守って見ましょうね」
フィア「判ったのじゃ!だから、観戦する時のマナーを教えるのじゃ!

・対戦している人や対戦している人のカードに触れない
ネギ博士「これは当たり前っちゃ当たり前ですね。集中して戦っている時にそれを邪魔するような事をしてはいけません。横から「このカードな~に~?」とか言ってべたべた触ってきたら気分がよくないでしょう?」
フィア「集中を妨害してはいかんのじゃな」

・対戦している人が持っている手札の内容を言わない
ネギ博士「これも当たり前の事なんですけどね。持っているカードの内容を言われたら、言われたプレイヤーはものすごく不利になってしまいます。ギャラリーからは見えるけれど、対戦相手からは見えない情報は言わない。これは鉄則です」
フィア「真剣勝負をしている最中にギャラリーが相手の手札の内容を言ってしまったら、対戦が台無しになってしまうのじゃ」

・対戦している人に具体的なアドバイスをしない
ネギ博士「デュエマの大会は一対一の真剣勝負です。その状況でアドバイスをするというのは、ちょっと理解しがたい行為ですね」
フィア「それぞれ自分の力で真剣勝負を挑むからおもしろいのじゃ!アドバイスなんていかんのじゃ!」

ネギ博士「ここまで色々行ってきましたけれど、『対戦している人の集中力を乱すような事はせずに、いい子にして観戦する』というのがいい観戦スタイルですね。最後の最後で逆転のシールド・トリガーが出るみたいな面白い展開には歓声をあげるのもありだと思います」
フィア「よし!観戦マナーはばっちり!早速、観戦するのじゃ!」
わんこ店長「わんわん!(訳:それでは、第2試合を始めます!)」
フィア「がーん!観戦マナーについて聞いている間に次の対戦の時間になってしまったのじゃ!」
ネギ博士「最後に一つ。他の人の対戦を見る時、デッキケースなどの荷物はテーブルなどに置かずに、必ず持って歩くようにしよう。なくしたり盗まれたりする可能性はないとは言い切れない。自分の持ち物は自分で管理する。これが基本だ!

◆全ての試合を終えて◆
わんこ店長「わんわん!(訳:全試合終了です。みなさん、お疲れ様でした!優勝は……)」
フィア「優勝は無理だったけれど、初めての大会出場で一勝できたのじゃ。ネギは?」
ネギ博士「何でゼンアクコントロールになっていたんだ……。お陰で、全敗だ……」
フィア「な、何でなんじゃろ?(昨日、ネギのデッキを奪ったけれど、結局使わなかったなんて言えないのじゃ)」
わんこ店長「わんわん(訳:初めての大会は楽しかったですか?)」
フィア「もちろんなのじゃ!今度は優勝してみせるのじゃ!」
ネギ博士「今度こそ最強のビートダウンデッキで出場してやる!……そして、目標は一勝っす」
わんこ店長「わんわん(訳:楽しんでもらえたようでよかったです。また来て下さいね)」
ネギ博士「もちろんですとも。あ、わん太ちゃんが店の外にいる。おーい、わん太ちゃーん!」
フィア「え?わんこ店長とわん太ちゃんは同一人物ではなかったのか!?」
わんこ店長「わんわん(訳:どうかしましたか?)」
フィア「何でもないのじゃ!」

◆おわりに◆
ネギ博士「改めて今回のおさらいをしておきましょう」

・対戦前はデッキが40枚ある事を確認し、相手にも確認してもらおう!
・ルールで判らない事があったり、もめたりしたら店員さんやジャッジを呼ぼう!
・他の人の対戦を見る時は、対戦を邪魔しないように注意しよう!
・大会中に席を立って移動する時は、荷物を置いて行かないように!荷物の管理は自分でできるようにしよう!

フィア「これで、大会もバッチリなのじゃ!」
ネギ博士「出るという事に関してはね。大会出場まで書いたし、『今からはじめるデュエル・マスターズ』のシリーズはもうこれでおしまいかな?次回でまとめとか外伝とかをやるかな?」
フィア「これでわしも立派なデュエル・マスターなのじゃ!」
ネギ博士「まだ一勝しかできてない癖に……。でも、まあ自信を持つ事はいい事ですね。みんなも近くのお店に行って大会に出てみようぜ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]