忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

・前回までのあらすじ
わん太ちゃん「わんわん(訳:前回は手札補充の中で『ドロー』のカードについて説明したよ。ここで簡単におさらいをしてみようね)」

・ドローは質より量の手札補充
・癖がなくて一番使いやすい
・単純に言うと、多く引けるカードがいいドローカード
・カードのコストにも注目
・迷ったら《エナジー・ライト》4枚《サイバー・ブレイン》1枚と《トリプル・ブレイン》1枚がおすすめ

わん太ちゃん「わんわん(訳:おさらいを読んだら今回のお話だよ。がんばって手札補充のカードを使いこなせるようになろう!)」

フィア「《エナジー・ライト》も(ネギから奪った)《サイバー・ブレイン》も《トリプル・ブレイン》もデッキに入れたのじゃ!これでドローは完璧なのじゃ!ネギ、勝負なのじゃ!」
ネギ博士「む……。たまには、水単色速攻でも使おうかな。そんな訳で《ストリーミング・シェイパー》を使う!表向きにした水文明のカード4枚を手札に!」
フィア「ええーっ!何で《エナジー・ライト》の2倍も手札が増えるんじゃー!おかしいのじゃー!」
ネギ博士「そんな訳で今回はドローよりもちょっと癖の強い『手札に加える』カードについてです」
フィア「許せん!ドローよりもいっぱい引けるカードがあったのに黙っているなんて許せんのじゃ!罰としてネギが買ってきたおやつを没収するのじゃ」
ネギ博士「何をするだーっ!許さん!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それはいいから早く解説をしてよ!)」


◆手札に加えるカードについて学ぼう◆
ネギ博士「前回の最初に手札補充には色々な種類がある事を教えたと思います。今回は、その中から『山札を見たり表向きにしたりして手札に加える』カードを解説します」
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札に加えるカードって言っても、色々種類があるよね)」
ネギ博士「そうだね。だから、解説が難しいんだ。手札に加えるカードの中でも2つに分けるとするならば、複数のカードを手札に加えられるものと、複数の中から1枚を選んで手札に加えられるものってところかな?」
フィア「そんな事より、早く《エナジー・ライト》の2倍の手札補充のカードを教えるのじゃ!」
ネギ博士「ああ、《ストリーミング・シェイパー》ですね。じゃ、複数のカードを手札に加えられるカードを先に紹介しますか」

◆複数のカードを手札に加える◆
ネギ博士「冒頭で使った《ストリーミング・シェイパー》のように山札を表向きにして(最近の書き方だとすべてのプレイヤーに見せて)特定の条件に合うカードを手札に加えるのが複数のカードを手札に加えるカードです。
代表的なものだと《ストリーミング・シェイパー》の他に《アクアン》とか《アヴァラルド公》とかがありますね」
フィア「よし!《ストリーミング・シェイパー》と《アクアン》と《アヴァラルド公》じゃな!それを入れればネギを倒せる!」
ネギ博士「人の話をよく聞きなさいって。特定の条件に合うカードだけを手札に加えるカードですよ?
例えば、冒頭で使った《ストリーミング・シェイパー》は水文明のカードしか手札に加える事ができませんから、《エナジー・ライト》の2倍の手札を補充するためにはデッキのカードを全て水文明にしなくてはなりません」
フィア「なんじゃと!わしをだますとは卑怯な」
ネギ博士「だましてねーし。
まあ、この手のカードは特定の条件が合えばドローのカードよりも手札が増えるのは事実ですね。《ストリーミング・シェイパー》は最大で4枚。《アクアン》は最大で5枚。《アヴァラルド公》は最大で3枚も増えますから」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ストリーミング・シェイパー》と《アクアン》は殿堂カードだけど、軽いんだよ!《ストリーミング・シェイパー》は3コストで《アクアン》は4コストなんだ!)」
フィア「くそう。やっぱりずるいのじゃ!条件さえ合えばいっぱい手札が増えるのじゃ!」
ネギ博士「条件に合ったデッキにしなくちゃいけないっていうデメリットがあるんですが、まあたしかにすごい量が増えますからね。
ちなみに、条件に合わなかったカードは墓地に行ったり山札の下に行ったりします。場合によっては1枚も手札が増えない事もあるのです。
思い出すぜ、《ストリーミング・チューター》ですべて墓地に行ったあの日の事を……」
フィア「そんな……。1枚も手札が増えないなんて……!それはカードを使うためのマナと手札1枚の損なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、《アクアン》みたいに条件に合わないカードを墓地に送るタイプのカードの場合、そのデメリットを活かして墓地を増やす事もできるよ!昔はそれを活かして《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を墓地に送って、次のターンで《インフェルノ・ゲート》を使って出すデッキもあったね)」
ネギ博士「今だったら返霊とかと組み合わせるのもありだよね。他のデメリットと言えば、表向きにするから相手にどんなカードが手札に加えられたか判ってしまうって事かな」

◆複数の中から1枚を選んで加える◆
ネギ博士「こっちは山札の上から何枚かのカードを見て(ものによっては表向きにして)1枚を選んで手札に加えるカードです。最近流行っているのだ《シークレット・クロックタワー》とか」
フィア「え~、でも1枚しか増えないんだったらドローのカードを使った方がいいのじゃ」
ネギ博士「判っていないですね。ドローが質より量だったら、こっちは量より質なんですよ!複数のカードの中から最適な1枚を選べるんです!」
フィア「そうだったのか。それで、選ばなかったカードはどこに行くのじゃ?」
ネギ博士「カードにも寄るんですが、大抵、山札の下に行く事が多いですね。この手のカードは手札に加えたカードが相手に見られない事も多いです」

◆お勧めの手札に加えるカード◆
フィア「でも、やっぱり色々あって判らんのじゃ!ネギ、本日のお勧めを頼むのじゃ!」
ネギ博士「本日のお勧めってレストランじゃないんですから……」

・複数のカードを手札に加えるタイプ
《アクアン》
《アヴァラルド公》

ネギ博士「どんなカードが流行っているかにも寄るんですが、《アクアン》は大抵、どんな時でもいい仕事をしてくれます。ただし、光と闇のカード(多色で光と闇が入っているものはOK)以外は墓地に行ってしまうので、カードの文明のバランスは注意が必要です。
《アヴァラルド公》は呪文のみ手札に加えられるものです。超次元呪文を手札に加えるのにお勧めですね。他にも呪文をメインに使うデッキに入れておくのもいいでしょう」

・選んで1枚加えるタイプ
《未来設計図》
《スペース・クロウラー》

ネギ博士「まず、《未来設計図》ですが、2コストと軽い上にシールド・トリガーがついているのが特徴です。山札の上から6枚を見て好きなクリーチャーを1枚選び、それを相手に見せて手札に加えるというもの。シールドと最初のドローを除けば山札はその時点で30枚。6枚と言ったらその20パーセントですからね。それを見るという情報のアドバンテージも大きいでしょう。3ターン目に絶対出したいクリーチャーがあるなら入れておきたいカードです。
次に《スペース・クロウラー》。これは自分のマナゾーンにある文明の数だけ(つまり、1~5枚)山札の上を見てその中から1枚を手札に加えるもの。威力を発揮したいのなら、3つ以上の文明のデッキに入れるといいでしょう。ブロッカーでもあるのでコントロールデッキに向いていると思います」

◆おわりに◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回のおさらいだよ!)」

・複数のカードを手札に加えるものは条件さえ合えばドローよりも手札が増える
・ただし、条件が合わなければ1枚も増えない事もある
・複数の中から1枚選ぶカードはドローに比べて量より質のカードである

ネギ博士「ドローよりも優先されにくいけれど、こういう手札に加えるカードも結構多い。今だったら《シークレット・クロックタワー》《アクアン》《アヴァラルド公》は大会とかだと結構見かけるカードかもね」
フィア「よし!手札に加えるカードをデッキに入れたわしは無敵なのじゃ!ネギ、今度こそやっつけてやるのじゃ!」
ネギ博士「はいはい、それじゃ次回で『サーチ』についてやってから相手をしますよ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]