忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

前回までのあらすじ
わん太ちゃん「わんわん(訳:前回は手札補充の中で『手札に加える』タイプのカードについて説明したよ。ここで簡単におさらいをしてみようね)」

・複数のカードを手札に加えるものは条件さえ合えばドローよりも手札が増える
・ただし、条件が合わなければ1枚も増えない事もある
・複数の中から1枚選ぶカードはドローに比べて量より質のカードである

わん太ちゃん「わんわん(訳:おさらいを読んだら今回のお話だよ。がんばって手札補充のカードを使いこなせるようになろう!)」

ネギ博士「サーチ!GO!GO!研!その名も~ぼくらの~サーチマン~♪と言う訳で、チャー○マン研の主題歌でも聞かれる『サーチ』。今日はこれについてやっていくとしよう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士……そのボケ方はうまくないよ)」
フィア「そんな事はどうでもいいから、その『サーチ』について教えるのじゃ!」

◆サーチのカードのついて学ぼう◆
ネギ博士「今まで、『ドロー』『手札に加える』と手札補充のカードについて学んできたわけです。今回紹介する『サーチ』のカードは、前回紹介した複数のカードの中から1枚を手札に加えるカードに近いです」
フィア「そうなのか?」
ネギ博士「ええ。前回紹介したのは、山札の上から何枚か見て手札に加えるというものでしたが、『サーチ』のカードは範囲が広がり、山札の中全てを見る事ができるのです!」
フィア「なんじゃと!?全部見れるのか!?」
ネギ博士「そうなのです。『サーチ』のカードは、自分の山札のカードを全て見てその中から条件に合うカードを選び手札に加えて残ったカードをシャッフルするのです!つまり、その時に応じた好きなカードを持って来られるという事なのです!」
フィア「すごいカードなのじゃ!これがあったら、もう複数見て手札に加えるカードなんかいらないのじゃ!」
ネギ博士「でも、デメリットもありますよ。見られる範囲が広がるため、複数見て手札に加えるカードよりもコストは少し高くなりますね。あと、大抵のサーチカードは(不正防止のために)手札に加えるカードを相手に見せる事があります
フィア「手札に加えるカードを見せたら、何を使うのかバレてしまうのじゃ!困るのじゃ!う~む。メリットとデメリットを比較すると、使うべきかどうか悩むのじゃ」
ネギ博士「あと、もう一つ。大きなメリットがあります。それは山札の中にあるカードを全て見られるという事です」
フィア「ん?今さら、何を言っているのじゃ。それは最初から何度も言っている事なのじゃ」
ネギ博士「判りませんか?山札の中が判れば、シールドに何が入っているか判るじゃないですか!
これこそがサーチカードの最大の長所!『手札に加える』カードとは別に紹介したのには意味があったのだ!決して尺稼ぎではないぞ!」
フィア「おおっ!言われてみればそうなのじゃ!……でも、デッキの中身を全部覚えるなんて無理なんじゃ……」
ネギ博士「勝ちたければ覚えなさい!どうしても覚えられないっていう人は使うデッキを減らしてみればいいんじゃないですかね?同じデッキを使い続ければ自然と覚えられると思いますよ」

◆いい使い方◆
フィア「う~む。便利なのは判るけれど、ドローと違って結果的に手札が増えないのは厳しいのじゃ。それくらい入れたらいいのか判らんのじゃ」
ネギ博士「デッキにもよりますけれど、サーチカードは多く入れない方がいいですね。大体、1~2枚くらいでいいでしょう。メインの手札補充はドローに任せてこれはあくまでサポートという形で入れるとよい」

◆お勧めのサーチカード◆
フィア「やっぱり多すぎて判らんのじゃー!」
ネギ博士「そう言うと思って色々まとめてみましたよ」

・サーチ呪文
《ディメンジョン・ゲート》:クリーチャーをサーチ
《ロジック・キューブ》:呪文をサーチ
《クリスタル・メモリー》:好きなカードを何でもサーチ。見せなくてもOK

ネギ博士「呪文だと大体こんなもんですかね。《ディメンジョン・ゲート》と《ロジック・キューブ》は3コスト、《クリスタル・メモリー》は4コストと結構軽いです。それに、全てシールド・トリガーがついていますよ!」

・サーチクリーチャー
《誕生の祈》:ブロックされなかった時、クリーチャーをサーチ
《進化の化身》:出た時、進化クリーチャーをサーチ
《ギガ・ホーン》:出た時、クリーチャーをサーチ

ネギ博士「呪文よりやや重くなりますが、サーチの能力を持ったクリーチャーも存在します。呪文よりはビートダウン向きかな?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クリーチャーをサーチできるクリーチャーを出して、次のターンにサーチしたクリーチャーにつなげると綺麗に攻撃がつながるよ!最近だと、4ターン目に《進化の化身》を出して次のターンに《M・ロマノフ》を出すようなもんだね!)」

◆おわりに◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回のおさらいだよ!)」

・サーチのカードは自分の山札を全て見て条件に合う好きなカードを手札に加える
・自分の山札を全て見るため、自分のシールドに何が入っているか知る事ができる

フィア「量より質の手札補充という点ではサーチが1番なのじゃな!それじゃ、ドローのカード入れて
手札に加えるカードを入れてサーチのカード入れて……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:フィア先生もようやく手札補充の大切さが判ったみたいだね)」
フィア「もちろんなのじゃ!わしはもう手札補充のベテランなのじゃ!」
ネギ博士「手札補充を舐めるな!手札補充の道はまだまだ続く!次回は『回収』のカードだ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]