忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

前回までのあらすじ

わん太ちゃん「わんわん(訳:前回は『回収』のカードについて学んだよ。前回のおさらいをしてみよう!)」

・マナ、墓地、シールド、バトルゾーンからカードを回収して使える
・マナや墓地からは好きなカードを状況に合わせて選べる
・墓地から呪文を回収して使い回す事もできる
・あくまで回収なので、そのゾーンにカードがないとできない

わん太ちゃん「わんわん(訳:おさらいを読んだら今回のお話だよ。がんばって手札補充のカードを使いこなせるようになろう!)」

ネギ博士「攻撃されると怖いな。ブロッカー増やすか」
フィア「調子に乗って手札を減らさないように注意するのじゃ」
ネギ博士「はっはっは、そんな事判ってますとも。《ヘブンズ・ゲート》で《シリウス》2体を場に!」
フィア「《シリウス》2体じゃと!?で、でも手札が3枚も減ったし……!」
ネギ博士「《ロードリエス》の効果で2枚ドロー!さらに《ウェビウス》を4体出してその分ドローだ!」
フィア「なんじゃと!?一体、何が起こったのじゃ!クリーチャーを出しまくっているのに、手札が増えるなんておかしいのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これが今回のテーマ『置きドロー』だよ)」
ネギ博士「これが手札補充最後の項目だ。これを覚えて手札に困らない対戦をしよう!」


◆『置きドロー』とは◆
フィア「その『置きドロー』ってなんなのじゃ?」
ネギ博士「置きドローというのは、何か特定の条件を満たす度に1枚引けるカードです。
今、使った《ロードリエス》は「自分のブロッカーを1体場に出す」と1枚引けます」
フィア「何かすればドローできるのか。これはいいカードなのじゃ。でも、1枚だけなんて微妙な気がするのじゃ」
ネギ博士「何を言っているんです!置きドローは場に残れば残るほど効果を発揮するんですよ!最終的に何枚手札が増えるか判りませんが、かなり得になるはずなのです!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手が使ってきたら、早めに除去しようね)」
フィア「場に残れば効果を発揮するのか。だったら、1ターン目から出せる置きドローを使えば手札ウハウハなのじゃ!」
ネギ博士「置きドローは重いのが多いですよ。だから、コントロールデッキに向いていると言えますね」
フィア「コントロール向きという事は、コントロールが苦手なネギは使いこなせないのじゃ。やーい、ビートダウン馬鹿~!」
ネギ博士「うるせぇっ!」

◆お勧めの置きドロー◆
ネギ博士「お勧めを頼まれる前に紹介するとしよう。お勧めというより、実戦で活躍したというのが正解かも」

・《雷鳴の守護者ミスト・リエス
ネギ博士「殿堂入りの置きドロー。クリーチャーがバトルゾーンに出た時(相手のもOK)1枚引けるぞ!クリーチャーメインのデッキで使おう」

・《ハッスル・キャッスル
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ミスト・リエス》が城になったようなカード。相手のクリーチャーが出た時は引けないよ。こっちは城だし、他のシールドを身代わりにできるから破壊されにくいのがいいね)」

・《バキューム・クロウラー
ネギ博士「コントロールデッキの凶悪な置きドロー。ターンのはじめに1枚追加でドローできるカードだ。自分のクリーチャーを手札に戻すのはマイナスに感じるかもしれないが、これは前回学んだバトルゾーンからのクリーチャーの回収と考えて欲しい。回収してバトルゾーンに出た時の効果を使いまわせるぞ!」

◆今回のおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回のおさらいだよ!)」

・置きドローとは何か特定の条件を満たすと1枚引けるカードである
・場に残れば残るほど効果を発揮するので相手が使ったら早めに除去
・他の手札補充と比べると重いものが多い

◆今までのおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:今回で手札補充は終わりだから、今までのおさらいをするよ!)」

・『ドロー』は質より量の手札補充。癖が少なく使いやすい。
・複数のカードを手札に加えるカードはドローよりも手札が増える事もあるが、1枚も増えない事もある。
・複数から選んで手札に加えるカードやサーチのカードは量より質の手札補充であり、無駄が少ない。
・回収のカードで一度使ったカードを手札に戻して再利用する事ができる。
・置きドローは場に残れば残るほど効果を発揮する。
・基本的に手札補充は1枚のカードでどれだけ多く手札を増やせるかが重要である。

フィア「う~ん、『ドロー』に『手札に加える』カードに『サーチ』に『回収』に『置きドロー』。あまりにも多すぎるのじゃ!それぞれのお勧めだけを選んでもやっぱり多いのじゃ!
ネギ、初心者にお勧めの手札補充を教えるのじゃ!」
ネギ博士「やっぱり、『ドロー』ですね。一番、癖が少なくて使いやすいし。
最初は《エナジー・ライト》4枚と《サイバー・ブレイン》と《トリプル・ブレイン》で手札を増やす事を体験して欲しいと思います。そこで不自由を感じたら『サーチ』や『回収』のカードをデッキに入れるといいでしょう」

◆おわりに◆
ネギ博士「ついに手札補充の項目が終わった。基本的で重要な話だから、長くなってしまったな。最終的なまとめで6行にしたけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうやって手札を増やすのかはどんなデッキでも大事なテーマだからね)」
フィア「くっくっく、このシリーズを全て制覇した今のわしは無敵!手札補充を極めたのじゃ!ネギよ!全て手札補充の呪文だけで組んだこの最強手札補充デッキで勝負なのじゃ!」
ネギ博士「バッカモーン!最初に逆戻りじゃないですか!何のための手札補充か考えなさい!
よい子のみんなは手札を増やしたらその手札をどうやって使うかしっかり考えるんだぞ!
フィア「増やした手札で相手をビンタなのじゃ!」
ネギ博士「そういう使い方をするな!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]