忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[569] [568] [566] [567] [565] [563] [562] [560] [559] [558] [557
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

・わん太ちゃんによるパート1のおさらい
わん太ちゃん「わんわん!(訳:こんにちは、わん太だよ!ここで、前回のおさらいをしようね!)」

・最初にデッキの中心となる切り札を1種類決める。もしくは中心となる戦略を1つ決める。
・切り札に選ぶカードはシールドブレイク数が多い、パワーが高い、特殊能力を持っているなど切り札向きの要素を持っている。それらの要素を多く持っているカードは切り札向きと言える。
・お気に入りのカードを切り札に選ぶのも良い。お気に入りのカードを切り札に選べばデッキに愛着がわき、デッキ作りも対戦も楽しくなる。

わん太ちゃん「わんわん(訳:切り札や戦略を1種類決めてデッキのテーマを決めるのはすごく大事だよ。「あれもやりたい、これもやりたい」じゃなくて1つにしぼってみようね!)」

フィア「前回ので切り札は選んだし、あとは必要なカードを選ぶだけなのじゃ!」
ネギ博士「それじゃ、今回は『切り札を使うために相性のいいカードを選ぶ』作業をやってみましょう」


◆切り札を使うために相性のいいカードや必要なカードを選ぶ◆
ネギ博士「切り札の能力を元に相性のいいカードやデッキに必要なカードを選んでみましょう。後で枚数を整理して40枚にするので、ここで40枚にしなくてもいいですよ。目についたものを選んでみましょう」
フィア「相性のいいカードやデッキに必要なカードはどうやって選ぶのじゃ?」
ネギ博士「それじゃ、今から選び方のコツを解説します」

・進化クリーチャーの場合
ネギ博士「当たり前ですけれど、進化クリーチャーを切り札にした場合、進化元のクリーチャーを入れなければなりません。まず、これを選びましょう。8枚くらい(8種類にあらず)進化元があると進化しやすいですね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:進化クリーチャーなら、進化をサポートするカードもあるから、それを入れるといいよね!)」

・重いクリーチャーの場合
ネギ博士「大体、コストが7以上になるような重いクリーチャーを使う場合は、自然文明に多いマナを増やすカードを多くしてみましょう」
フィア「そうか。マナが増えれば重い奴でも早く出せるからな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:序盤は防戦一方になっちゃうからブロッカーやシールド・トリガーみたいに身を守るカードも必要だね)」

・サイキック・クリーチャーの場合
ネギ博士「サイキック・クリーチャーの場合、呼び出し方が特殊になるのでサイキック・クリーチャーを呼び出すためのカードを入れておきましょう。これをメインにする場合、超次元呪文を8枚くらい入れてもいいかもしれませんね」

・特定の種族をサポートするカード
ネギ博士「特定の種族には、それをサポートするカードもあります。それを入れてみると、切り札が使いやすくなりますよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドラゴンだったらファイアー・バードがサポート種族だね!)」

・デッキに必要なカード
ネギ博士「ものすごい速攻デッキでもない限り、『身を守るカード』『手札を増やすカード』『マナを増やすカード』は必要になると思っていて下さい。
ブロッカーやシールド・トリガーや除去呪文などで身を守れば、切り札を出すまで時間を稼げます。
手札を増やすカードがあれば、手札に切り札が来る確率が高くなります。
マナを増やすカードがあれば、それだけ早く切り札を出せるようになります」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こういうサポートのカードは3分の1くらいを目安にするといいかな)」

◆デッキ作りに慣れていない場合◆
ネギ博士「ここから先はあまりデッキを作るのに慣れていない、もしくはデュエマ自体に慣れていない人向けのアドバイスだ。
相性のいいカードやデッキに必要なカードを選ぶ時、この時点で入れるカードをクリーチャーと呪文だけにしてしまおう。そして、使う文明を切り札の文明以外に1つか2つくらいに絞ってみよう!」
フィア「そうするとどうなるのじゃ?」
ネギ博士「デュエマのカードはクリーチャー、呪文、クロスギア、城の4種類がありますが、それを全部入れてバランスよくするのは結構難しいのです。だから、最初から使いやすいクリーチャーと呪文だけでデッキを作る方が楽で簡単!
あと、使う文明を切り札の文明+1~2つくらいの文明にするというのもデッキ作りをやりやすくするためです。4つや5つの文明を使ったデッキを作るのはバランスの調整などが難しいのです。最初は2つか3つくらいの文明から慣らしていくとよいでしょう」

◆実際にフィアちゃん先生が相性のいいカードを選んでみた◆
フィア「選んだ切り札は《バジュラ・セカンド》だから、進化元のドラゴンを探すのじゃ!それにドラゴンはファイアー・バードがサポート種族だから……えーと、こうして……」
ネギ博士「実際に選ぶとこんな感じである」

・《バジュラ・セカンド》はドラゴンである

・進化元のドラゴンを入れよう

・ドラゴンは重いのが多い

・《コッコ・ルピア》や《ルピア・ラピア》などでドラゴンのコストを下げよう

・《ルピア・ラピア》は火と自然のクリーチャーだ。だから、自然の《フェアリー・ライフ》などでマナを増やそう

・ドラゴンは重いから、序盤が隙だらけ。どうやって守ろうか?

・シールド・トリガーを入れよう。火と自然だから《地獄スクラッパー》と《ナチュラル・トラップ》はどうかな?

わん太ちゃん「わんわん!(訳:こうやって切り札からイメージを膨らませていくんだね!)」
ネギ博士「その通り。実際はここまで論理的に選ぶとは限らないけれどね。私が作る時は「おっ!これ合いそうじゃない!?」みたいなノリで選ぶ事もあるよ」

◆わん太ちゃんによる今回のおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回のおさらいをしてみようね!)」

・切り札を中心に相性のいいカードを選ぶ。ここで40枚にする必要はない。
・連想ゲームの要領で切り札からイメージを膨らませてカードを選ぶといい。
・身を守るカード、手札を増やすカード、マナを増やすカードは必要になる。入れるようにしよう。

わん太ちゃん「わんわん(訳:次回では、選んだカードを40枚にまとめる作業について説明するよ)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]