忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[570] [569] [568] [566] [567] [565] [563] [562] [560] [559] [558
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

・わん太ちゃんによるパート2のおさらい
わん太ちゃん「わんわん!(訳:こんにちは、わん太だよ!ここで前回のおさらいをしようね!)」

・切り札を中心に相性のいいカードを選ぶ。ここで40枚にする必要はない。
・連想ゲームの要領で切り札からイメージを膨らませてカードを選ぶといい。
・身を守るカード、手札を増やすカード、マナを増やすカードは必要になる。入れるようにしよう。

わん太ちゃん「わんわん(訳:切り札を使うために、相性のいいカードやサポートに使えるカードをたくさん選ぼう!デッキ作りに慣れていない人はクリーチャーと呪文だけを選んでみようね。文明は3つ以下にすると作りやすいよ)」

フィア「切り札を選んで一緒に使いたいカードを選んだら、何と100枚くらいになってしまったのじゃ!……ネギの怒る顔が目に浮かぶのじゃ。「何でこんなに増やしたんですか!うがー!」って」
ネギ博士「いんじゃね?」
フィア「怒ってないのじゃ!これは何かの罠なのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:100枚はさすがに多すぎだと思うけれど、カードを選ぶと結構多くなっちゃうよね)」
ネギ博士「うむ、その通り。今回はこれを減らして40枚にしていきますよ!」


◆40枚に減らしてみよう!◆
ネギ博士「前回でたくさん選んだカードを40枚にします。あれも入れたい、これも入れたいと思って入れたカードをバッサリ切り捨てるのです。減らしたカードはどんなカードだったのかメモを取っておくのも忘れないように」
フィア「減らすと言ってもどうやって減らせばいいのか、よく判らんのじゃ。詳しく教えて欲しいのじゃ~」
ネギ博士「うむ。それでは減らすポイントについてお教えしましょう」

・切り札とスムーズにつながるようなカードを残す
ネギ博士「切り札とスムーズにつなげられるカードというのが存在するものです。例えば、コストが5の進化クリーチャーを切り札にしたデッキを組む時は4コストの《進化の化身》を出して切り札を探し、次のターンで出すなどの流れを考えるのです」
フィア「なるほど。スムーズに決まるのは気持ちいいのじゃ」

・絶対に切り札と組ませたいカードを残す
ネギ博士「切り札と組み合わせるとコンボを使えるようなカードや特に相性がいいカードは残しておきます。
例えば、ブロッカーがものすごく多いデッキで《ロードリエス》を入れておけばドローがしやすくなりますから、相性がいいと言えるでしょう」
フィア「切り札とよく合ったカードか……」

・似たような効果のカードを減らす
ネギ博士「同じような効果のカードが数種類あった場合、それを減らしてみましょう。例えば、ニンジャ・ストライクで除去するカードとシールド・トリガーで除去するカードがあったら、ニンジャ・ストライクのカードだけにするとか」
フィア「む~。確かにたくさん選んだから似たような効果のカードも多いのじゃ」

・重いカードを減らす
ネギ博士「全体のバランスを見て7コスト以上の重めのカードを減らしてみましょう。コスト8以上のカードはマナを増やすカードがないと出すのがすごく大変になります。マナを増やすカードがあっても大変なので、重いカードは片手で数えられるくらいを目安にしてみましょう」
フィア「前に学んだマナカーブも大事じゃな。軽いカードを多くして重いカードを少なくするのじゃ」

・文明を1つ減らす
ネギ博士「もし、本当に多すぎて減らせない場合、文明を1つバッサリ切り捨ててしまうのもいいでしょう。あとで試して物足りなく感じたら、減らした文明のカードを入れてみるといいでしょう」

フィア「こうすると結構減らせるな。もう一息なのじゃ!」
ネギ博士「最後の1つだけアドバイスを。最初はクリーチャーを24枚でそれ以外のカードを16枚くらいの目安で組んでみましょう。デッキの6割がクリーチャーだとクリーチャーのカードを引きやすくなります」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クリーチャーがいないと相手のシールドもブレイクできないし、とどめも刺せないよね。クリーチャーが一番大事だから、これくらい入れておくといいよ。慣れたら減らしたり増やしたりしてみよう!)」

◆実際にフィア先生が40枚に減らしてみた◆
フィア「ドラゴンもファイアー・バードもいっぱい入れたから、減らしてみるのじゃ。
まず、いっぱい選んだファイアー・バードを《コッコ・ルピア》4枚と《ルピア・ラピア》4枚にする。これでドラゴンのコストを減らすのじゃ!
次にコスト6のドラゴンをメインにしてそれ以外のコストのドラゴンを減らしてみるのじゃ!」
ネギ博士「ほうほう。どうしてコスト6を選んだんですか?」
フィア「ふっふっふ。わしは気付いてしまったのじゃ。《コッコ・ルピア》を出した次のターンにコスト6のドラゴンを出し、次のターンに《バジュラ・セカンド》に進化できる事に!《ルピア・ラピア》を出した次のターンでも同じような事ができるのじゃ!これに気付いたわしは天才なのじゃ!」
ネギ博士「(結構、基本的な事なんだけどね)よく気付きましたね」
フィア「他には手札を増やすカードとして《バルキリー・ドラゴン》を入れるのじゃ。これなら、1枚しかない《バジュラ・セカンド》を探してこれるのじゃ。さらに《ザークピッチ》を使えばアーマード・ドラゴンもファイアー・バードも手札に持って来れるのじゃ」
ネギ博士「お、結構いい感じですね」
フィア「速攻対策に《地獄スクラッパー》入れて、マナを増やすのに《フェアリー・ライフ》を入れて……。40枚あるかちゃんと数えて……できた!わしの《バジュラ・セカンド》デッキの完成なのじゃ!ネギ、勝負なのじゃ!」
ネギ博士「よし!それじゃ、次回で勝負してあげましょう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:やっぱり、次回まで引っ張るんだね)」

◆わん太ちゃんによる今回のおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回のおさらいをしてみようね!)」

・切り札を見て本当に相性のいいカードを選んでみよう

わん太ちゃん「わんわん(訳:選んだカードを減らして40枚にするのは実際にやってみないと判りにくいんだ。実際にやってあれこれ試してみてね!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]