忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[585] [584] [583] [582] [581] [580] [579] [578] [577] [576] [575
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

フィア「前回のでデッキの作り方と改良の仕方をマスターしたわしは最強なのじゃ!次のターンで切り札の登場なのじゃ!」
ネギ博士「んじゃ、《ロスト・ソウル》使うんで手札全部捨てて下さい」
フィア「にゃにぃーっ!そんなの嫌なのじゃ!切り札だけでも……というより、後攻で5ターン目なのに何でもう7マナもたまっているのじゃ!」
ネギ博士「これが、今回のテーマとなるマナブーストの力だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:という訳で、手札補充の話から間が空いたけれど、手札と同じくらい大切なマナブーストの話を始めるよ!)」


◆マナブーストとは?◆
フィア「ところで、そのマナブーストとは何なのじゃ?ストライキについて学ぶのか?」
ネギ博士「学ぶ、ストって何すか?デュエマ関係ないじゃないですか!
マナブーストとはターンの最初のマナチャージ以外のタイミングでもマナゾーンにカードを置いてマナを大量に増やす事です」
フィア「最初のマナチャージ以外で置くなんてルール違反なのじゃ!」
ネギ博士「何を言っているんです。デュエマには、最初の弾からマナを増やすカードがあるんです。それを使ってマナブーストをするんですよ」
フィア「そ、そうだったのか!……でも、それに時間を使うんだったら手札補充をして戦略の選択肢を増やした方がいいんじゃないか?」
ネギ博士「何を言っているんです!マナブーストの利点は相手より早く重いカードが使えるようになる事!マナが増えて重いカードが早く使えるようになるという事は、それもまた使えるカードの選択肢が広がるという事です!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:序盤の選択肢が増えるのはいい事だよね)」
フィア「そ、そうだったのか!じゃ、マナブーストも勉強が必要じゃな」

◆どんなカードがあるの?◆
フィア「ところで、マナを増やすカードにはどんなカードがあるのじゃ?」
ネギ博士「マナを増やすカードは山札の上からマナゾーンに置くもの、手札から置くもの、墓地のカードを置くもの、山札から探して置くもの、チャージャーなどがあります。マナブーストのカードの多くは自然文明のものです。2枚以上置けるものもありますが、1枚だけ置けるものが多いです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ババン・バン・バン》みたいな重いカードだとマナが2倍になる事もあるよ。色々なカードを見てみようね)」

・山札の上からマナゾーンに置くもの
ネギ博士「一番多い、というか基本的なマナを増やすカードです。軽くて使いやすく、手札を減らさないのがメリット。デメリットはどんなカードが置かれるか判らないと言う事です」
フィア「使いたいカードが置かれてしまうかもしれんな」
ネギ博士「でも、軽いしカードの種類も多いし、一番使いやすいですよ」

・手札から置くもの
ネギ博士「次に手札から置くもの。メリットは手札のカードをマナに置くので、好きなカードが置けるという事です。デメリットは、手札が減るという事ですね」
フィア「手札が減ってしまうのはつらいな」

・墓地のカードを置くもの
ネギ博士「手札補充と同じように墓地のカードをマナにする事もできます。デメリットは墓地にカードがないと置けないという事ですね」
フィア「墓地のカードを手札に回収する時と同じデメリットじゃな」

・山札から探して置くもの
ネギ博士「山札の中を全部見て、好きなカードをマナゾーンに置くカードもあります。メリットは好きなカードを置ける事と自分の山札の中をチェックできる事。対して、デメリットは他のマナブーストのカードに比べて重い事ですね」
フィア「山札の中を見る事が大事なのは、手札補充のサーチカードの時にもやったな」

・チャージャー呪文
ネギ博士「今までのマナブーストのカードは自然文明のものでしたが、これは全ての文明にあります。普通の呪文は使った後は墓地に行きますが、チャージャー呪文は使い終わった後にマナに置かれます
フィア「自然以外でもマナブーストができる上に使い終わった後、マナに行くなんてエコなのじゃ!」
ネギ博士「ただし、チャージャー呪文は数が多くないのでそれがデメリットと言えるでしょう。チャージャーになった事で本来の呪文より重くなっている事も注意(例:《クリムゾン・ハンマー》は2コストだが、それがチャージャーとなった《クリムゾン・チャージャー》は4コストである)」

◆どんな風に使うといいの?◆
フィア「色々な種類があるのは判った。でも、使い方がよく判らないのじゃ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナブーストのカードはできるだけ早いターンに使うといいよ。だから、軽い(2~4コスト)カードを使うといいよね)」
ネギ博士「序盤に増やすから意味があるのであって、後半に増やしてもあんまり効果はないからね」
フィア「なるほど!軽いマナブーストのカードか!それじゃ、2コストのマナブーストのカードをいっぱい入れるのじゃ!」
ネギ博士「マナブーストのカードを増やすのはいいですけど、増やしすぎると後半で使わなくなって手札で腐る(役に立たなくなる)事がありますよ」
フィア「(戦ってみて)うわ、本当だ!いっぱいマナが増えた後にマナブーストのカードを引いても嬉しくないのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それに、マナブーストのカードは重いカードを使うデッキで使うといいよ。軽いカードばかりのデッキだったら、入れなくてもいいよね)」

◆マナブーストの流れ◆
ネギ博士「色々なマナブーストのカードを組み合わせてより綺麗な流れを作ると効果的。スムーズな動きで強力なカードにつなげよう!」

例:2→4→6の流れ
2ターン目に2コストの《フェアリー・ライフ》→3ターン目にマナチャージ後、4コストの《ブレイン・チャージャー》→4ターン目にマナチャージ後、6コストの《超次元バイス・ホール》

3→5→7の流れ
3ターン目に3コストの《青銅の鎧》→4ターン目にマナチャージ後、5コストの《腐敗無頼トリプルマウス》→5ターン目にマナチャージ後、7コストの《ロスト・ソウル》

ネギ博士「よく使われる246の流れと357の流れだ。
2コスト、4コストのマナブーストカードを使って4ターン目に6コストのカードを使うのが246の流れで、3コスト、5コストのマナブーストカードを使って5ターン目に7コストのカードを使うのが357の流れ。こんな感じの流れを考えてマナブーストのカードを選ぶとデッキがスムーズに動くようになるぞ!」

◆具体的なおすすめ◆
フィア「色々教わったけれど、マナブーストのカードが多すぎてよく判らんのじゃ!ネギ、おすすめを教えて欲しいのじゃ!」
ネギ博士「任せておきなされ」

・《フェアリー・ライフ》
ネギ博士「山札の上から1枚置く2コストのマナブースト呪文です。基本的で軽く、シールド・トリガーもついています。全てのマナブーストの基本として使ってみましょう」

・《青銅の鎧》
わん太ちゃん「わんわん(訳:《フェアリー・ライフ》の効果を内蔵しているクリーチャーだよ。クリーチャーだから、バトルゾーンに残ってシールドを攻撃できるのがいいよね!)」

・《鼓動する石板》
ネギ博士「《フェアリー・ライフ》を4枚入れたけれど、どうしても5枚目の《フェアリー・ライフ》を入れたくなった時に入れてみましょう。効果はシールド・トリガーがついていない代わりに、マナに置かれたカードがクリーチャーならバトルゾーンのクリーチャーのパワーを増やすという能力がついたものです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうしても2ターン目にマナブーストしたい時に入れるといいかも。《フェアリー・ライフ》だけじゃ2コストが足りない時に入れてみようね)」

ネギ博士「迷ったら《フェアリー・ライフ》を4枚と《青銅の鎧》を4枚ずつ入れてみましょう。何度も再録されているから入手も簡単です」

◆今回のおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:まず、今回の話で出て来た専門用語や特別な用語の意味を覚えよう!)」

・マナブースト
ターンの最初のマナチャージ以外のタイミングでもマナゾーンにカードを置き、マナを早く大量に増やす事。7コスト以上のカードを多く使うデッキだと、マナブーストをする事を考えてデッキを組むとよい。

・(手札が)腐る
手札のカードがほとんど、役に立たなくなる事。例えば、自分のシールドが1枚もないのに手札に《ローズ・キャッスル》があったら、『《ローズ・キャッスル》が腐る』という事になる。

わん太ちゃん「わんわん!(訳:用語を覚えたら次は、今回のおさらいだよ!)」

・マナブーストは、早いターンに行うと効果的。そのため、軽いカードを使うとよい。
・マナブーストのカードはマナが多い後半に腐りやすいので注意。
・マナブーストは必須ではない。軽いカードが多いデッキには必要ない事もある。

◆おわりに◆
フィア「マナブーストも手札補充も考えなくちゃならないのは大変なのじゃ~」
ネギ博士「だったら、《フェアリー・ライフ》を4枚《青銅の鎧》を4枚《エナジー・ライト》を4枚入れたらどうですか?序盤から動けますし、マナも手札もばっちりですよ」
フィア「なるほど!じゃ、それを土台にしてデッキを組んでみるのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナと手札の土台ができれば色々なカードが使えるからね。みんなもマナと手札を増やして色々なカードを使ってみようね!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]