忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

・前回のおさらい
わん太ちゃん「わんわん!(訳:こんにちは。ぼく、わん太だよ。まず、前回のおさらいをしようね。

1:軽い(コストが小さい)カードを多くして、重くなる(コストが大きくなる)につれて少なくしていくと動きやすい
2:慣れない内は使う文明を絞りこむ

軽いカードを増やすのはデッキの基本の一つだね。デッキの動きが悪い時はカードのコストを見直してみよう!重いカードが多くなっていないかな?)」

ネギ博士「シールド・トリガー《ナチュラル・トラップ》!攻撃を防いで、私のターンだ!《ケンジ・パンダネルラ将軍》に進化!振り切るぜ!」
フィア「うわーん!ネギが言うように軽いカードを増やして文明も減らしたのに、また負けたのじゃー!」
ネギ博士「連敗がお前のゴールだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そんな事言ってないでちゃんと先生にデッキ作りのコツを教えてあげてよ!)」
ネギ博士「そうだね。前回、マナのバランスについて話をしましたが、それだけでデッキ作りの基本が終わったわけではないのです。まだ大事な事を言ってませんでした。はっはっは」
フィア「はっはっは、じゃなくてちゃんと教えるのじゃ!」
ネギ博士「それじゃ、第3回のテーマ『防御とサポートカード』について語るとしましょう」


◆防御のためのカードを入れる◆
ネギ博士「デュエマは対戦相手がいるゲームです。相手はサンドバッグではないのだから攻撃をしてきます。自分がやりたい事をやって勝利するためには相手の攻撃を受け止める必要があるのです。……攻撃を受け止めるって言うと、受けと攻めみたい」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:変な事言わないでよ!)」
ネギ博士「冗談はさておき、フィア先生のデッキには防御のためのカードがまったく入っていないのです。それでは、相手の攻撃を受け止める前に負けてしまうでしょう」
フィア「そういえば、ネギのデッキには防御のために《ナチュラル・トラップ》が入っていたのじゃ!」
ネギ博士「その通り。防御、大事。防御のカードとは言っても、どんなカードがいいのか判らないと思うので、説明しますよ」

・ブロッカー
ネギ博士「一番基本的なのがこれ。ブロッカー。相手の攻撃を受け止めてくれるナイスな奴らです。攻撃できないものが多いですが、中には攻撃ができる者もいます
フィア「でも、ネギ。前回のおまけコラムでブロッカーばかり集めて攻撃できなくなったデッキっていうのがあったのじゃ。だから、わしはブロッカーはちょっと……」
ネギ博士「人の過去を掘り返すな!その場合、ブロッカーが進化元の進化クリーチャーを入れるといいでしょう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ブロッカーは光文明が一番多いね。他の文明のブロッカーは同じコスト、同じパワーでも「攻撃できない」ってなっているところが、光文明のブロッカーは「相手プレイヤーを攻撃できない」ってなっている。クリーチャーへの攻撃はできるから、ちょっとお得だよ)」

・シールド・トリガー
ネギ博士「とは言っても、ブロッカーが入らないようなデッキもある。火や自然で組んだデッキではブロッカーが入らないものだ。そんなデッキでもシールド・トリガーを入れれば防御できます!」
フィア「シールド・トリガー。ネギが最初に使っていたアレじゃな!」
ネギ博士「防御に使えるシールド・トリガーの中でも優秀で再録が多いのが《デーモン・ハンド》《ナチュラル・トラップ》《アクア・サーファー》《地獄スクラッパー》《スーパー・スパーク》の5枚です。最初の3枚はクリーチャー1体しか止める事ができませんが、《地獄スクラッパー》は状況に応じて1体でも複数でも好きなように止められます。《スーパー・スパーク》は相手クリーチャーを全てタップするので、たくさんのクリーチャーに囲まれた時も安心ですね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:特別なカードを使ってシールド・トリガーを仕込む方法もあるよ!)」

・ストライク・バック
ネギ博士「1つの弾だけで出た、あまり種類が豊富ではない特殊能力、ストライク・バック。シールド・トリガーと同じようにブレイクされたシールドに関連する能力なんですが、使い方は少し違います。手札にあるストライク・バックのカードと同じ文明のカードがシールドから手札にくわえられた時、シールドを捨てる事で発動する能力なのです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:シールド・トリガーが使えない状態でも使えるんだよね!)」
ネギ博士「そうなのだ。私がおすすめしたいストライク・バックは《天真妖精オチャッピィ》と《デュアルショック・ドラゴン》、そして《ファンタズム・クラッチ》がある。手札から使っても使いやすいという点では《天真妖精オチャッピィ》が一番かも」

・ニンジャ・ストライク
ネギ博士「今、最も使いやすく実戦的な防御の手段がこのニンジャ・ストライクです。ある程度、マナが溜まっている状態で、相手クリーチャーが攻撃かブロックをした時に発動します。使い終わった後は、ターンの終わりに山札の下に行きます」
わん太ちゃん「わんわん(訳:種類も多いし、普通に手札から出しても強いカードが多いよ)」

ネギ博士「以上、4種類の防御向けカードを使ってうまく相手の動きを受け止めるのです」
フィア「こんなに多いとどれを使えばいいのか判らないのじゃ~」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そういう時は、シールド・トリガーとニンジャ・ストライクを入れてみるといいよ!シールド・トリガーは一番使いやすいし、ニンジャ・ストライクは発動のための条件が簡単だから出しやすいんだ!)」
ネギ博士「そうだね。防御のためのカードも使いやすいのが一番だ。ピンチの状況を回避したいのに、使いにくくて駄目でした、なんてオチじゃ困るし」

◆サポートのためのカードを入れる◆
フィア「防御のためにシールド・トリガーとニンジャ・ストライクを入れたのじゃ!これで防御も完璧なのじゃ!ネギをやっつけてやるのじゃ!」
数分後……。
ネギ博士「さあ、お前の負けを数えろ!」
フィア「う~、せっかく入れたニンジャ・ストライクが手札に来なかったのじゃ。それに来たとしても、マナが足りなくて使えなかったのじゃ……」
ネギ博士「何だ、もう既に問題点が判っているじゃないですか。フィア先生のデッキの最後の弱点、それはサポートのカードが足りなかったという事なのです。もっと具体的に言うと札補充のカードとマナを増やすカードが足りなかったのです」
フィア「手札補充のカードとマナを増やすカード?そんなのが必要なのか?」
ネギ博士「大ありですとも。では、一つずつ説明していきましょう」

・手札補充
ネギ博士「ぶっちゃけ、マナを増やすカードよりも大事なのが手札補充です。防御のためのカードを使ったり、マナゾーンにカードを置いたり、切り札を使ったりするためにも手札は必要ですよね。しかし、ターンの最初の1枚しかドローはできない!アレもコレも欲しいのに、一カ月のこづかいが千円だったあの頃を思い出して下さい。アレもコレも買うためにはどうしたらいいですか?」
フィア「大人になった今なら収入の量が違うのじゃ。色々欲しかったら、収入を増やせばいいのじゃ」
ネギ博士「現実はそんなに簡単じゃないですけれど、その通りです。では、話をデュエマに戻しましょう。防御のためのカードやマナゾーンに置くためのカードや切り札が欲しかったらどうしますか?手札を増やせばいいのです!ターンの最初だけでなく、手札を増やすためのカードを使ってどんどん手札を増やしましょう!」
フィア「でも、手札なんか増やしている暇があったら、どんどん攻撃した方がいいのじゃ」
ネギ博士「速攻デッキとかだとそれでもいいんですけどね。大抵のデッキは手札補充しないと後続のクリーチャーがいなくなって攻撃できないって事もあります。
「手札補充なんて意味あるの?」と疑っているそこの君!デュエル・マスターズ最初の殿堂カード5枚の内、4枚は手札補充に関係するカードだった!そして、次の殿堂入りカードの《アクアン》も手札補充のカードだ!他にも手札補充に関するカードは殿堂入りになっている事が多いぞ!」
フィア「手札補充のカードがたくさん殿堂入りになっているという事はそれだけ手札補充が大事だという事じゃな」
ネギ博士「ちなみに、私のおすすめは軽くて使いやすい《エナジー・ライト》とマナも増やせる《ブレイン・チャージャー》、そして、1枚で3枚まで引ける《トリプル・ブレイン》だ。構築済みデッキなどで再録されたらゲットしておこう!」

・マナを増やすカード
ネギ博士「手札と同じように、マナも1ターンに1回しか増やす事ができません。だから、これも特殊なカードを使って増やしてしまいましょう!」
フィア「マナも増やせるのか。でも、手札がきちんと増えれば1ターンに1回マナを置くだけでいい気もするのじゃ」
ネギ博士「何をおっしゃいますか!例えば、同じ7コストの切り札を使うとしてマナを増やしまくった人と1ターンに1回しかマナをチャージしない人ではどっちが早く出せるでしょう。どう考えてもマナを増やしまくった人ですね。このように、やりたい事を相手より早くやるためにマナを増やす必要があるのです。時を加速させる力があれば時を止める相手にも勝てるのと同じ原理です」
フィア「最後のがよく判らんのじゃ」
ネギ博士「それに、最近は相手より早くマナを溜めて切り札を出す傾向が強くなっていますからね。1ターンに1回ずつマナを溜める、とかやっていると相手にマナを破壊されたり手札を全て破壊されたりするかもしれませんよ」
フィア「先回りして妨害するのか!それは困るのじゃ」
ネギ博士「マナを増やすカードも、軽いカードばかりの速攻デッキならいらないかもしれませんが、そうでないデッキなら必要ですね。
ちなみに、今、よく使われるのは《フェアリー・ライフ》や《鼓動する石板》のように2コストで使える軽いものです」

◆今回のおさらい◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:今回、勉強した事のおさらいだよ!

1:ブロッカー、シールド・トリガー、ストライク・バック、ニンジャ・ストライクなどで相手の攻撃を防御する
2:手札補充のカードを入れる
3:マナを増やすカードを入れる

こういうサポートのカードの目安はデッキの三分の一くらい。デッキによっても違うけれど、これくらい入れておけばよく動くと思うよ)」

◆おまけ:ネギ博士のデッキ作り失敗コラム◆
ネギ博士「不定期おまけシリーズその2。これの需要があるのかないのか判らないけれど、書いてみる。ネタは既にないけどな!
第2回となる今日は、シールド・トリガーに関するお話。始めたばかりの時から私はシールド・トリガーが大好きで、よく「デッキの半分がシールド・トリガーのデッキ」とかを作っていた。これならば、どんな状況でもシールド・トリガーが出て私の身を守ってくれると思い、友人Y氏と戦ったが、1枚もシールド・トリガーが出ないで敗北した。
シールド・トリガーはいっぱい入れても出ない時もある!あんまり期待しすぎるなよ!
まあ、最後の最後、シールド・トリガーで大逆転っていうのもあるから、つい期待しちゃうんだよね」

◆おわりに◆
フィア「サポートのカードも大事なのじゃな。よく考えたら、わしが輝いていられるのもネギという引き立て役がいるお陰なのじゃ」
ネギ博士「なんか、ものすげー失礼な納得のされ方をされたぞ」
フィア「よし!サポートのカードを入れてさらに強いデッキを作るのじゃ!だから、次回も何か教えて欲しいのじゃ!」
ネギ博士「教えを乞うな!今回の話で基本的な事はほとんど終わってしまいましたからね。次回は実戦編『ネギ博士はこうやってデッキを作る(ダイジェスト版)』をお届けします。私がデッキを作る工程を詳しく紹介しますよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、博士のデッキの作り方ってこの前書いたよね?)」
ネギ博士「それを詳しく書くんだよ。この前書いたとか言っちゃダメ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]