忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

ネギ博士「前回でデッキの作り方と改良の仕方に関する事を大まかにやったけれど、このカテゴリはまだまだ続くぞ!一口に「デッキを作る」とか「デッキを改良する」とか言っても作り方や改良の仕方はデッキによって異なる事もある。そんな訳で、今回からは細かい事を書いていこうと思う」
フィア「細かい事なんか気にしないで豪快に行くのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:細かい事を無視しちゃダメだよ!強くなるには細かい事の積み重ねが大事なんだよ)」
ネギ博士「でも、いきなり超細かい事を書いても面白くないと思うので、今回は『ビートダウンデッキを作るには』というテーマで書いてみようと思う。細かいノウハウとかはまだ先でもいいよね」


◆ビートダウンデッキとは何か?◆
ネギ博士「まず、『ビートダウンデッキとは何か』という初心者が抱くであろう疑問から解決していこう。簡単に言っちゃうと攻撃的な速いデッキだ。5ターンくらいで勝利する事ができるデッキだぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:デュエマはシールド5枚をブレイクして相手プレイヤーを攻撃すれば勝ち。だから、相手より先に6回プレイヤーを攻撃すれば勝てる。そういうようなデッキだよね)」
フィア「攻撃しまくるデッキなのか。スピード勝負なのじゃな」
ネギ博士「ビートダウンの最大の長所は相手が準備を終える前に勝利できる事だ。先手必勝って奴だね。
逆に弱点はブロッカーがたくさん入ったデッキに弱く、長期戦になると不利だという事だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:テンポよく攻撃するために、毎ターンクリーチャーを召喚できるようにデッキを作る事が重要だね)」
ネギ博士「それじゃ、次の項目からビートダウンデッキの作り方について細かい事を説明するよ。ここでは、速攻デッキもビートダウンデッキの一種としてまとめて書いてあるので注意していただきたい」

◆ビートダウンデッキを作る時のポイント◆
・軽いクリーチャーを増やす
ネギ博士「ビートダウンはテンポよくクリーチャーを召喚し、テンポよく攻撃していくデッキだ。2ターン目くらいから毎回召喚できるようにしておきたい。そのためには、軽いクリーチャーを増やさなくちゃいけないね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:第2回でやったマナカーブが重要になってくるね。軽いクリーチャーから始まって少しずつ重くしていくんだね)」
ネギ博士「一番重いカードで6コスト辺りが限界かな?自然文明のカードを入れてマナが増えるようにしてあればもっと重いカードも使えるかもしれない」

・バトルゾーンに残りやすいクリーチャーを増やす
フィア「全部、2コストのクリーチャーで組んだ最速ビートダウンなのじゃ!これで最強なのじゃ!」
ネギ博士「早速、マナカーブを無視して来ましたね。でも、フィア先生。ただ、軽いクリーチャーを入れまくればいいってもんじゃないんです。相手も攻撃してきたクリーチャーを撃退するために色々な事をしてくる(例:シールド・トリガー、ニンジャ・ストライクなど)はずです。だから、相手の妨害に耐えられるような軽くてバトルゾーンに残りやすいクリーチャーを増やすのです!」
フィア「ええっ!適当に入れればいいのではないのか!」
ネギ博士「軽いクリーチャーを適当に入れるだけで勝てるんだったら、苦労しませんって。バトルゾーンに残りやすいクリーチャーって言っても、具体的にどんなものがいいのか判らないと思うので、例を挙げてみましょう。
例えば、コストが軽いのにパワーが高いクリーチャー。多色のクリーチャーや、単色だけど何らかのデメリットを持っているためパワーが高いクリーチャーですね。こういうクリーチャーは、攻撃を終えた自分のクリーチャーを相手が攻撃して除去する『殴り返し』を防ぎやすいという長所があります。バトルで倒されにくくなるので、生き残る確率が上がります」
フィア「なるほど。でも、デメリットがあるのは怖いのじゃ」
ネギ博士「入れるクリーチャーのデメリットを見て検討しましょう。一見、デメリットに見えるものでも使い方によってはメリットになるものもありますよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:パワーは低いけれど、「攻撃されない」《クック・ポロン》とかも殴り返しを防ぐのに有効だね。多色で特殊能力がないクリーチャーはパワーが高いからビートダウンにもおすすめだよ!)」
ネギ博士「パワーが高いクリーチャーの他には、破壊された時の効果があるクリーチャー。優先順位はパワーが高いクリーチャーより落ちますが、入れてみると面白いカードです。除去しないとシールドをブレイクできますし、除去されても相手にダメージを与えたりメリットがあったりと悪用できます。破壊された時の効果があるクリーチャーは、除去するのは容易だけれど精神的に除去しにくいカードなのです」

・デッキに入るクリーチャーの枚数を増やす
フィア「大体、判って来たのじゃ。今、組んだこの超絶ビートダウンデッキで相手をしてやるのじゃ!……って、あれ?軽くて強いクリーチャーを増やしたのに、全然クリーチャーが召喚できないのじゃ~」
ネギ博士「デッキに入っているクリーチャーの枚数が少ないんですね。デッキに入れるクリーチャーの数はできるだけ多くしましょう。テンポよく出すために、私は少なくとも24枚くらいは入れるようにしている。これはデッキの60パーセントだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:入れるクリーチャーの目安は人によって変わるかも。でも、ビートダウンだったらできるだけ多くしておくといいよ)」
フィア「でも、《フェアリー・ライフ》でマナを増やしたり《エナジー・ライト》で手札を増やしたりできないと土台がしっかりしないのじゃ~」
ネギ博士「問題ありません。マナを増やす能力や手札を増やす能力を持ったクリーチャーも存在します。《青銅の鎧》とか《クゥリャン》とかね。少しパワーが落ちますが、そういった特殊能力を持った軽いクリーチャーを使って土台作りをしましょう

・スピードアタッカーや軽量進化クリーチャーを入れる
ネギ博士「スピードアタッカーや軽量な進化クリーチャーなども入れてみよう。召喚酔いがないから、さらにテンポよく攻撃ができるぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手が油断していてブロッカーを出していない時にスピードアタッカーを出してとどめ、とかね。マナ進化みたいな特殊な進化もスピードアタッカーみたいなものかも。入れてみると面白いよ!)」

・軽いW・ブレイカーのクリーチャーを入れる
フィア「言われた通りに組んだけれど、攻撃がちまちましている気がするのじゃ。もっとドバーンと攻撃したいのじゃ!」
ネギ博士「そんな時は、軽いW・ブレイカーのクリーチャーを入れてみましょう。4~5コストくらいの進化クリーチャーでもW・ブレイカーのものがあります。マナ進化の《大神秘イダ》とかもおすすめ」

・ブロッカー対策のカードを少し入れる
ネギ博士「ビートダウンの敵はブロッカーだ。だから、ブロッカーを除去するカードも入れておこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:全体的に軽いカードが多いビートダウンデッキだから、ブロッカー対策のカードも軽いカードにしておこうね)」

◆実際にビートダウンデッキを見てみる◆
ネギ博士「上に書いた注意書きだけじゃよく判らないと思うので、実際のデッキを見てビートダウンデッキを知ってもらおう」

『ヘッジホッグピーター ver.2』
・クリーチャー:31枚
1 x 光線人形ストリウム
3 x 腐敗電脳メルニア
2 x 封魔ハリセンモン
4 x 電磁翔天ピピッピ
2 x ブレイブハート・ドラグーン
1 x 襲撃者エグゼドライブ
4 x 斬隠テンサイ・ジャニット
4 x クゥリャン
4 x 惨劇のアイオライト
2 x 衝撃のロウバンレイ
4 x アクア・サーファー
・進化クリーチャー:4枚
4 x 永遠のジャック・ヴァルディ
・呪文:5枚
2 x デーモン・ハンド
3 x 地獄スクラッパー

ネギ博士「過去に組んだ『ヘッジホッグピーター』の改良型である。第1回でやったデッキの作り方にならって書くならば、こうなる。

使いたいカード《永遠のジャック・ヴァルディ》を選ぶ

相性のいいカード(《ジャック・ヴァルディ》進化元の《メルニア》《ハリセンモン》《アイオライト》などを中心に火、闇、水の軽いカード)を選ぶ

その中から40枚選ぶ

試しに戦う、調整(ここで、以前組んだ形では速攻に勝てないので《地獄スクラッパー》《アクア・サーファー》などを入れてシールド・トリガーを増やす。また、進化クリーチャーと相性がいい《ピピッピ》が出たので入れる)

大体、こんな形だ。切り札の《ジャック・ヴァルディ》が4コストでパワー7000のW・ブレイカー。軽量なW・ブレイカーだから、ビートダウンにぴったりだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドローには《クゥリャン》を使っているんだね。カードを引いた後も攻撃ができるのがいいね)」
ネギ博士「ブロッカー対策には《テンサイ・ジャニット》と《ロウバンレイ》が入っている。《ジャニット》なら、軽いブロッカーをどかす事ができるし、ニンジャ・ストライクもついているから速攻対策としても使える。《ロウバンレイ》はブロッカー破壊だけでなくスピードアタッカーとしての能力も重要。ブロッカーを破壊してとどめも刺せるなんて素敵すぎる!
《ジャック・ヴァルディ》も5コスト以下の単色クリーチャーを破壊する能力があるから、それでブロッカーを破壊してもいいね」
フィア「ううむ。軽いクリーチャーが多くて、スピードアタッカーも入っていて、W・ブレイカーの切り札もあってブロッカー対策もしてあるなんてすごいのじゃ」

◆おわりに◆
ネギ博士「大雑把だけれど、ビートダウンデッキの作り方について紹介してみた。今回紹介した注意点を全部守る必要はないけれど、意識しておくと強いビートダウンが作りやすいと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:全体的に軽くしてクリーチャーの数を増やすのが重要かな)」
フィア「ビートダウンデッキの作り方を覚えたわしに隙はないのじゃ!次回からこのブログを『フィアちゃん先生とデュエマとふゆかいなげぼくたち』にしてやるのじゃ!」
ネギ博士「調子に乗るんじゃありません。次回ではビートダウンとは対極の『コントロールデッキを作るには』というテーマでやりますよ、多分……」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:多分って何なの!)」
ネギ博士「ビートダウンは好きだけど、コントロールって苦手だからね。うまく説明できるか心配だ」
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]