忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[400] [399] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

フィア「今回のテーマは種族デッキ!というわけで、ルナティック・エンペラーを全種類、1枚ずつ入れたデッキを組んだのじゃ!クリーチャーは《青銅の鎧》や《クゥリャン》みたいにドローやマナブーストに使える奴らで、除去のために《魂と記憶の盾》や《炎獄スマッシュ》を入れたのじゃ!強い種族をまとめた凶悪デッキなのじゃ!」
ネギ博士「なんという無駄に豪華な紙切れなんだ……」
フィア「こら!人ががんばって作ったデッキを紙切れなんて言っちゃいけないのじゃ!」
(ネギ博士からの注意:よい子のみんなは人のデッキを紙切れなんて言っちゃいけないぞ!その人なりの考えがあって無茶苦茶強い時もある。がんばって作った人を応援してあげよう。
よい子だけじゃなく、悪い子もよい大人も悪い大人も人のデッキを紙切れなんて言っちゃダメだぞ!)
わん太ちゃん「わんわん(訳:ルナティック・エンペラーって事は、究極進化だよね。それなのに、進化クリーチャーが1枚も入ってないよ)」
ネギ博士「種族をまとめるっていうのは種族デッキのポイントの一つなんですけどね。種族デッキとはどんなものか、お教えしましょう」


◆種族デッキとは何か?◆
ネギ博士「その5その6でやったビートダウンデッキやコントロールデッキのようにこういう戦い方をするデッキが種族デッキだ、という答えはありません。判りやすく言うならば、特定の種族のクリーチャーを多く入れてその種族が活躍しているデッキではないでしょうか
フィア「それじゃ、わしの連続ルナティック・エンペラーデッキは……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:出せないから、種族デッキとしては失格だよね)」
フィア「がーん!」
ネギ博士「それに、ルナティック・エンペラーを大量に入れたデッキだったら、デッキ開発部で公開されたのもありますし」
フィア「がーん!オリジナルだと思っていたのに……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:種族デッキを作るんだったら、クリーチャーの種類が多い種族の方がいいよね)」
フィア「でも、種族ってそんなに重要なのか?よく判らんのじゃ」
ネギ博士「それじゃ、判りやすい例を見てみましょう。《シビレアシダケ》と《幻緑の双月》と《大冒犬ヤッタルワン》の効果を思い浮かべて下さい。思い浮かべられない人はググって下さい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:全部同じコストで同じパワーで同じ能力だよ)」
ネギ博士「そうだ。この3体の違いは種族だ。もっと厳密に言うと名前も違うって事になるけれど、そこは措いといて。種族が違う事によって進化できるクリーチャーも、受けられるサポートも違うのです!」
フィア「な、なんだってーっ!?」
ネギ博士「《幻緑の双月》はビーストフォークだからビーストフォークへの進化が可能。《ヤッタルワン》はドリームメイトなので様々なサポートの恩恵を受ける事ができます。《シビレアシダケ》は……《インビンシブル・パワー》と一緒に使うと面白いよね。判る人は判る」
わん太ちゃん「わんわん(訳:同じようなクリーチャーでも種族が変わるだけで色々な事が変わるんだね)」
ネギ博士「そうなのだ。それじゃ、種族デッキを作るためのポイントを見て行きましょう」

◆種族デッキを作りやすい種族を探す◆
ネギ博士「種族デッキを作るのに向いている種族と向いていない種族の違いはあります。
ポイントは、種類が多く、様々なコストのクリーチャーがいる事その種族から進化する切り札、もしくはその種族を持つ切り札がいる事。この2つです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:種族デッキを作りやすい種族とその特徴をまとめてみたよ!これはあくまで例だから、色々な種族を見て自分にあった種族を使ってみよう!)」

ドラゴン:種類が多く、サポートも豊富。各文明に揃っている。
ドリームメイト:ブロッカー破壊やシールド・トリガー封じまでできる。ビートダウン向き。
イニシエート:初期から組まれている種族デッキ。コントロール向き。
グランド・デビル:軽いカードが多く、ビートダウンにもゆっくり戦うのにも向いている。今では入手が難しい。
サイバーロード:ドローが豊富。水単色速攻だけでなく、他の文明を入れたビートダウンもOK。

ネギ博士「あくまでこれは一例だ。これらの種族は、切り札として使える進化クリーチャーもあり、使いやすいカードが多いぞ」

◆その種族のカードを見る◆
ネギ博士「使う種族を決めたら、その種族のカードを見て戦い方を考えましょう。それぞれの特徴が見えてくるはずです」
フィア「でも、多すぎてどうすればいいのか判らないのじゃ~」
ネギ博士「こういう時はデッキ作りの基本に戻るのです。その種族で一番使いたいカードを選び、それを中心に周りのカードを固めていくのです!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:デッキの作り方はその1を見てね!)」
ネギ博士「切り札を決めてから、デッキ全体の構成を練るんだったら、こういうのがあるよね」

例:ティラノ・ドレイクのデッキを作ろう!
→切り札は《オメガ・クライシス・ドラグーン》だ!
→ティラノ・ドレイクは闇と火にいるぞ。
→《オメガ・クライシス・ドラグーン》は重いから、出るまで守れるように《ブラッディ・ドラグーン》を入れておこう。
→《メタルクロー》で小型クリーチャーを破壊しよう。
→《デス・メンドーサ》がいれば、タップされていないクリーチャーも除去できるぞ。

ネギ博士「今のが《オメガ・クライシス・ドラグーン》を切り札にしたティラノ・ドレイクの除去デッキだ。こういう風にカードを見て発想を広げてみよう」

◆サポート種族のカードを見る◆
フィア「うーん、ある程度まとまってきたけれど、あまり強くないような気がしてきたのじゃ。こいつらを陰から支えてくれる縁の下の力持ちみたいな奴が欲しいのじゃ。わしの人気を支えるネギみたいな感じの」
ネギ博士「誰が縁の下の力持ちだー!次回からこのカテゴリの主役をフィア先生じゃなくて、最近出番が少ない一本杉にしますよ!」
フィア「ダメなのじゃ!あんな最近、出ていない奴が急に出てきたら、読者のみなさんが混乱するし、わしのぷりちーな姿に癒やしを求めている人達がショックを受けるのじゃ!」
一本杉「よし!ついに俺の出番だな!毎回、ビートダウンデッキの特集を組むから任せとけ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:やる気を出している一本杉は措いといて。
一部の種族には、縁の下の力持ちみたいなサポートの種族がいるんだよ)」
フィア「サポートの種族?それはすごいのじゃ」
ネギ博士「全ての種族ではないですが、ドラゴンをサポートするファイアー・バードのように種族専用のサポート種族がいる場合もあります」

例:ドラゴン+ファイアー・バード
グランド・デビル+ディープ・マリーン
ドリームメイト+ビークル・ビー

フィア「本当なのじゃ。いるだけで何か仕事をしてくれる奴らばかりなのじゃ。よし!これも入れてデッキを組んで見るのじゃ!」
ネギ博士「あくまでサポートだから、メインよりも多くならないように気をつけて下さいね」
一本杉「ところで、俺の出番これだけ?」

◆種族を揃えておく事で恩恵を得られるカード◆
ネギ博士「メインの種族とサポート種族以外にも色々なカードを入れる事でデッキは完成します。手札補充とかも必要だし。あとは、おまけみたいなものだけれど、種族を揃える事で恩恵を得られるカードをいくつか紹介しましょう」
フィア「おお!それは気になるのじゃ!」

・《光器ペトローバ》
ネギ博士「昔は光文明の入る種族デッキで必ずといっていいほど入っていたクリーチャー。選んだ種族(ただし、《ペトローバ》のメカ・デル・ソル以外)のパワーを4000増やす能力を持っています。しかも、選ばれないから破壊しづらい!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、これが入ったイニシエートデッキには必ずと言っていいほど負けるよね)」
ネギ博士「言うな。トラウマなんだ……!」

・《ゾンビ・カーニバル》
ネギ博士「種族を一つ選び、墓地から3体までその種族のカードを戻せるシールド・トリガー呪文。1枚で3枚だからすごいんですけれど、そんなに使われているところを見ないんですよね。これから活躍するか!?」

・《魂の呼び声》
わん太ちゃん「わんわん(訳:選んだ種族の名前が違うクリーチャーを3体選んで山札の上に乗せる呪文。《ケンジ・パンダネルラ将軍》みたいに、山札の上からクリーチャーを出せるカードがある時に使いたいね)」

◆実際に種族デッキを見てみる◆
ネギ博士「そんな訳で見るがいい!これが、私のドラゴンデッキだ!」

『ドラゴン・バーゲンセール』
・クリーチャー
1 x 天真妖精オチャッピィ
4 x コッコ・ルピア
4 x ルピア・ラピア
2 x 緑神龍バルガザルムス
1 x 紅神龍ジャガルザー
4 x 紅神龍バルガゲイザー
1 x デュアルショック・ドラゴン
1 x フレイムバーン・ドラゴン
3 x ボルシャック・大和・ドラゴン
1 x ヘリオス・ティガ・ドラゴン
1 x インフィニティ・ドラゴン
4 x 竜星バルガライザー
1 x 翔竜提督ザークピッチ
・進化クリーチャー
1 x 超竜バジュラ
・呪文
4 x フェアリー・ライフ
2 x 鼓動する石版
1 x 魂の呼び声
4 x 地獄スクラッパー

ネギ博士「どれが出ても怖いドラゴンデッキ。《バルガゲイザー》と《バルガライザー》中心と言えるだろう」
フィア「ドラゴンは思いから、サポートに《コッコ・ルピア》と《ルピア・ラピア》が入っているのじゃな」
ネギ博士「ファイアー・バード以外にもドラゴンをサポートするクリーチャーとして《バルガザルムス》と《インフィニティ・ドラゴン》が入っています。
《バルガザルムス》は手札(たまにマナ)を増やすのに使い、《インフィニティ・ドラゴン》は除去対策です。このデッキなら、ドラゴンが場から離れにくいぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《バルガゲイザー》も《バルガライザー》も山札をめくってドラゴンを出すから、《魂の呼び声》が入っているんだね。ところで博士、《オチャッピィ》と《デュアルショック・ドラゴン》は何のために入っているの?)」
ネギ博士「速攻対策だ!《オチャッピィ》は《フェアリー・ライフ》とか使った後に、普通に手札から使ってマナ増やす事もある。《デュアルショック・ドラゴン》は抜こうかどうしようか考えているところだ。たまに、《バルガゲイザー》の効果で出てきて自分でシールドを破壊する羽目になるから怖い。
進化はあれこれ悩んだ結果、《バジュラ》だけになりました。マナ破壊が強力すぎるし、《コッコ・ルピア》→5~6コストのドラゴン→《バジュラ》の流れがスムーズに決まるし」

◆おわりに◆
ネギ博士「ビートダウン、コントロール、種族デッキとやってきた。他にもネタデッキとかやりたいところだけれど、ネタデッキの場合、こうやって作れっていうハウトゥがないと思う。そんな訳で「デッキをつくる」という事に関しての説明はこれでほとんど終わりである」
フィア「ついに、わしが主役のカテゴリが1つ終わってしまうのか」
わん太ちゃん「わんわん(訳:寂しくなるね)」
ネギ博士「何を言っているんだ。まだこのカテゴリは終わっていないし、デッキを作るために必要な事はまだまだたくさんあるぞ!次回からは、さらに細かい事や改良の仕方について語っていく。次回のテーマは『手札補充について』だ」
フィア「そんなの、前にやった事なのじゃ!今さらやる事ではないのじゃ!」
ネギ博士「何を言いますか。手札補充は基本中の基本。きちんと覚えてもらいますよ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]